【フジノウェーブ記念2017予想】大井競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2017/03/12 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
大井競馬2
2016年の地方年度代表馬ソルテがいよいよ今年初戦を迎えることでも注目を浴びるフジノウェーブ記念。王者が貫禄を示すのか、それとも早くも世代交代の波が押し寄せるのか?注目の1戦は3/8(水)大井競馬場で発走となりますが、出走馬をまずはしっかりとチェックして予想を的中させましょう!

ソルテ~王者が貫禄を示すか?
昨年は交流重賞のさきたま杯で中央のベストウォーリア以下強豪を退けて勝利したソルテが今年初戦を迎えます。前走のJBCスプリントでは2番人気に支持されながらも6着敗退とはなりましたが、勝ったダノンレジェンドを負かしにいってのものでそう悲観することもなさそう。とはいえ、拘りはなくともやはりハナに行くのがこの馬の力を存分に発揮できる条件ともなるかもしれないだけにここもハナに行けるかどうかは鍵となりそうです。その上で今回背負う59kgという斤量。始めて背負う斤量だけにこれが最後にどう影響してくるかも注目してみたいところではあります。

サトノタイガー~古豪が久々の勝利手にするか?
一昨年の日韓交流インタラクションカップ勝利以来勝ち星から遠ざかっているサトノタイガーではありますが、9歳になってもまだまだ侮れない存在であることは確か。2走前のカペラSは中央挑戦であったことを度外視すればその前にはJBCスプリントではソルテにも先着しており、近走では常に掲示板を確保しているだけに今回も展開次第では狙ってみたくもなる1頭と言えそうです。

ケイアイレオーネ~課題は距離もこなせば上位必至
年明けの報知オールスターカップを制しているケイアイレオーネはその実績だけならばソルテにも劣らないもの。とはいえその実績は中距離でのものであり、1400mという距離は実に4年ぶり。3歳時に兵庫ジュニアグランプリを制した以来ということになれば課題はやはりその距離ということになりそうです。ただ、それさえこなしてしまえば中央重賞勝利の実績もある底力がモノを言ってくるだけに侮れないところでしょう。

サクラレグナム~底見せぬ元中央オープン馬
前走ウインタースプリントではモダンウーマンに敗北を喫しましたが、まだまだ大井転入後(1.1.0.0)と崩れておらず底の見えない魅力はあるサクラレグナム。中央時代はプロキオンS5着などオープン・重賞でも実績を残しているだけに注目しておきたいところ。勝ち負けするには2走前の大井1400mの持ち時計を大幅に詰めなくては厳しいというところではありますが、斤量的にはソルテと2kg差の57kgで出走できる点はアドバンテージとなるだけに、果たしてどこまで迫れるかには注目しておきたいところではあります。

フジノウェーブ記念2017~その他の注目馬
ケイアイレオーネ同様に距離さえこなせば実力は評価したい1400mの競馬は初となるモンサンカノープス。更にはタイムズアローにも同じようなことが言えるかもしれません。実績はあっても距離がどうかという馬が好走する可能性は十分にありそう。他にも古豪の域に入るリアライズリンクスであったり堅実駆けのコンドルダンスもマークしておきたい1頭と言えるでしょう。

 

地方競馬2

お近くにお住まいの方は是非、大井競馬場へ脚を運んでみてはいかがでしょうか?

そして大井競馬でバンバン的中を手にしてしまいましょう!

【G1開幕】 電撃スプリント!今週の注目『スプリンターズS(G1)』の出走馬情報

【阪神競馬】 ★シリウスS(G3)でスプリンターズSの軍資金調達したい人はクリック★

【船橋競馬】 日本テレビ盃(Jpn2)いきなりダート頂上決戦!予想公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

競馬1

【中京記念2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 夏の中京最終週はハンデ重賞の中京記念が発走となります。過去10年連続で大

記事を読む

さきたま杯

★2016さきたま杯(Jpn2)★浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 安田記念を前に浦和競馬ではダートの短距離馬が激突! さきたま杯が発走となるだけ

記事を読む

no image

【シンザン記念2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 ジュエラーにミッキーアイルにジェンティルドンナなど、シンザン記念好走から数々の馬

記事を読む

地方競馬

【かしわ記念2017予想】船橋競馬を徹底予想

管理人です ゴールデンウィークの交流重賞3連戦の最終日を飾るのが交流G1のかしわ記念。

記事を読む

uma_01

【日本ダービー2017追い切り予想】絶好の仕上がりを見せるのはこの馬!

管理人です。 日本ダービーへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。一

記事を読む