【オーシャンステークス2017徹底予想】追い切り抜群のこの馬狙い!

公開日: : 最終更新日:2017/03/09 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
free33

土曜中山メインはスプリント重賞オーシャンS。

人気の中心はメラグラーナということになりそうですが、例年波乱傾向にある重賞だけに今年も穴馬の台頭の可能性は大。

そういった穴馬に共通して言えることは直前の追い切りで好走の気配を見せていること。ともなれば、追い切りの動きから狙えそうな馬をピックアップしましょう!

スノードラゴン
美浦坂路 53.9 38.6 24.9 11.8 一杯 併せ遅れ
9歳という高齢馬ですがまだまだ脚力は衰えず。最終追い切りでは併せ馬で遅れはしましたが、自身の計時したラスト1Fで12秒を切ってきており動き自体は活発。1週前には美浦の坂路で50秒台と破格の時計を記録してこれが自身の坂路ベストタイムを更新。中山1200mは好相性のコースでもありこれならば一発あってもおかしくない仕上がりと条件と言えそうです。忘れてはならないのはこの馬、2年前のスプリンターズSを制しているG1馬という点。実績的にも最上位の馬です。

トウショウピスト
栗東CW 80.0 64.3 50.6 37.2 12.0 強め 併せ併入
休み明けから3戦を消化しましたが1勝以外は大敗という極端な戦績となっていますが、出遅れたり前が壁になったりという不運もあったのが大敗の要因。ともなればスムーズに競馬ができればまだまだ見限ることのできない馬であるとも言えそう。この中間はいつになく稽古でも動けており、コースで6F80.0は自身の自己ベストタイムでもありここにきて更に調子を上げてきている感もあり展開次第では一発あっておかしくない馬と言えそうです。

ブレイブスマッシュ
美浦南W 81.0 66.4 51.5 38.4 12.4 馬なり
横山典騎手が3週にわたって稽古をつけてきましたが、今週の最終追い切りの動きで特筆すべきはラストの伸びでしょう。これまでせいぜいラスト1Fはよくても12秒後半というラップであったブレイブスマッシュが12.4を計時。終いまでしっかりと伸びる理想的な追い切りを消化できたことは注目しておきたいところです。これが1200mは初めての条件となるだけに流れに対応できるか等課題も多いのですが、逆を言えば一変の可能性もあるということ。あまり人気しないようならば狙ってみる価値も十分にあるのではないでしょうか。

メラグラーナ
栗東坂路 53.1 38.8 24.7 12.0 馬なり
休み明けの1戦とはなりますが、相変わらず終いの脚は目立つ追い切りを消化。時計的にもこの馬なりの時計は出ているだけに仕上がり良好と見て良さそうですが、大型馬の休み明けだけにやはり馬体重は気になるところ。この中間終始馬なりの軽めの調整できているだけに昨年大敗を喫した京阪杯のように大幅なプラス体重で出てくるようならば疑ってかかってもいいのではないでしょうか。

他にも人気になりそうなナックビーナスクリスマスといったあたりも決して悪い動きではないだけに思い切って「消し」というのも難しい状況。ここはどの馬かに軸を絞ってそこから手広く流すという馬券の組み立てが高配当を狙えるのではなかと思えてきてしまいますね。

 

競馬新聞1

 

それでは、今週末あなたが高配当馬券を的中されることをお祈りしております!

【札幌競馬】 スプリンター激突!今週の注目『キーンランドカップ(G3)』の関係者情報

【新潟競馬】 ★新潟2歳ステークス(G3)将来性◎の期待馬を一挙公開中★

【川崎競馬】 スパーキングサマーC(S3)川崎マイル決戦!予想公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

報知グランプリカップ

★2016報知グランプリカップ(S3)★船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 フェブラリーSを週末に控えた2/17(水)にはそのフェブラリーSの資金調達にもっ

記事を読む

地方競馬

【桜花賞2017予想】浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 南関東牝馬クラシック3冠の第1戦、桜花賞が浦和競馬場で発走となります。有

記事を読む

兵庫チャンピオンシップ

★2016兵庫チャンピオンシップ(Jpn2)★園田競馬を徹底予想!

管理人です。 GW3連休の中日は園田競馬場でジャパンダートダービーへ向けての 注目の一戦、兵

記事を読む

地方競馬2

【京成盃グランドマイラーズ2017予想】船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東の注目レースは船橋競馬場で発走となる京成盃グランドマイラーズ

記事を読む

フルーキー1

★2016中山金杯(G3)予想★関係者情報から勝ち馬をスッパ抜く!

管理人です。 いよいよ2016年の中央競馬も毎年恒例の金杯からスタートとなります。 中山競馬場で

記事を読む