【中山記念2017予想 オッズ 注目馬】リアルスティールいざドバイへ!

公開日: : 最終更新日:2017/02/26 広告・おしらせ , , ,

管理人です。

race

いざドバイへ大阪杯へ!中距離路線の有力各馬が登場する中山記念。中でもドバイターフ連覇を狙うリアルスティールや同レースに出走予定の秋華賞馬ヴィブロスには注目が集りそうですが、ヌーヴォレコルト・ツクバアズマオーをはじめ、中山コースにも実績のある有力馬が出走してくるだけに予想オッズも混戦模様。注目の1戦です!

ドバイターフ連覇への試走!~リアルスティール
昨年秋は天皇賞(秋)2着、ジャパンカップ5着とこの馬らしいといえばこの馬らしい勝ち切れない競馬が続いたリアルスティールですが、昨年は中山記念から始動して3着。その後にドバイターフを制したのは記憶に新しいところです。今年も同様のローテーションでドバイターフ連覇を狙っての出走となりますが、状態に関しては勿論いきなりからメイチ勝負ということはないものの、1週前追い切りから活発な動きを見せておりここも当然注目の存在でしょう。年をとる毎に気性面の成長が伺えるだけに今年初戦でどんなレースをしてくれるのか楽しみにしておきたいところです。

歴戦の強豪相手にどこまで!?~ヴィブロス
昨年の秋華賞を制したヴィブロスもリアルスティール同様にドバイターフ出走を予定しています。遠征するからにはやはり初戦から格好をつけておきたいところでしょうが、古馬の一戦級と戦うのはこれがはじめてとなるだけに力関係がどうかという疑問点もあります。そういった意味でも、オーナーが大魔神佐々木氏であることをはじめ話題性で人気になるかもしれませんが、実際の実力はどうなのかしっかりと見極めたい1頭と言えるでしょう。

中山巧者が充実のときを迎える!~ツクバアズマオー
年明け早々の中山金杯を快勝したツクバアズマオーですがこれで中山2000mで連勝と勢いがあることは確か。更にいえば全7勝のうちの5勝を挙げている中山コースということになれば中山金杯以上にメンバーは強くなりますがその勢いは侮れない1頭と言えるでしょう。その勢いでG1戦線を戦ってきた馬にどれだけの競馬ができるか期待してみたいところではあります。

世界をまたにかける牝馬!~ヌーヴォレコルト
昨年は香港とアメリカに遠征してアメリカG3を勝って、海外G1でも着に入るなど結果を残したヌーヴォレコルトですが、その力はまだまだ牡馬相手でも十分にやれる力があると見たいところです。何より中山記念は一昨年に牡馬相手に勝っている舞台でもあり、コース適性的にも今回好走してくる可能性は十分にある1頭と言えるでしょう。

GⅠ2勝馬の意地みせる!~ロゴタイプ
3年前の皐月賞と昨年の安田記念を制したGⅠ2勝馬ロゴタイプは気付けばもう7歳に。それでも昨年は安田記念制覇だけでなく天皇賞(秋)・香港マイルでも5着にくるなど好走しました。年齢的にそろそろ衰えも気になるところではありますが、中山コースは東京コースよりも寧ろ得意としているコースでもあり、GⅠ2勝馬としての意地を見せたいところでしょう。とはいえ、元々叩き良化型といわれるだけに休み明けとなる今回は多少割り引いた方がいいのかもしれません。

 

新聞

 

それでは今週末の中央競馬を楽しみましょう!

【札幌競馬】 スプリンター激突!今週の注目『キーンランドカップ(G3)』の関係者情報

【新潟競馬】 ★新潟2歳ステークス(G3)将来性◎の期待馬を一挙公開中★

【川崎競馬】 スパーキングサマーC(S3)川崎マイル決戦!予想公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場4

【ターコイズステークス2016予想オッズ】マジックタイム1番人気も…

管理人です。 朝日杯FS前日に行われるターコイズステークスは牝馬限定のハンデ重賞。

記事を読む

中山競馬場

★2016弥生賞(G2)★予想オッズはリオンディーズ・エアスピネル・マカヒキの3強ムードだが・・・

管理人です。 いよいよクラシック3冠初戦の皐月賞へ向けたトライアルレースが始まります。 弥生

記事を読む

free10

【高松宮記念2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 高松宮記念へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。先週

記事を読む

調教風景

★2016京都記念(G2)追い切り★予想で抑えたい注目馬情報!

管理人です。 日曜日のメインは京都記念(G2)古馬長距離路線、天皇賞・宝塚記念と続く路線。

記事を読む

阪神競馬場2

【阪神カップ2016予想オッズ】ミッキーアイルが人気の中心も…

管理人です。 有馬記念の前日に阪神競馬場で発走となるのが阪神カップ。1400mという舞台設定に

記事を読む