京都牝馬ステークス2017予想・馬券分析

公開日: : 最終更新日:2017/02/18 重賞展望 , ,

小倉

京都牝馬ステークス2017:馬券分析

2017/2/18(土) 京都11R 京都牝馬ステークス(G3)

4歳以上オープン 1400m (芝・外) 牝馬限定 別定戦

京都牝馬ステークス2017:予想

過去10年では、1番人気は4勝、2着3回と、人気に応える走りを見せている。
ちなみに、脚質からは、追い込み馬の活躍が目立っている。

京都牝馬ステークス2017予想[展開はどうなる?]

フィドゥーシア、ペイシャフェリス、ムーンエクスプレス、ワンスインナムーンのいずれかがハナに。
ナックビーナスは好位から、アルビアーノは中団に位置する。
アットザシーサイドは後方待機、ゲートが悪いレッツゴードンキも後方から。
良馬場なら平均より速い流れが予想され、差し馬の展開になりそう。

京都牝馬ステークス2017予想[ここまでの結論!]

◎ 13 ナックビーナス 4歳

  • ここにきての充実ぶりには、目を見張る勢いがある。
  • 自在性があり、流れによっては、前からでも控えても競馬ができる。
  • お気に入りなのか、横山典騎手は最後の最後まで諦めない。

◯ 04 アルビアーノ 5歳

  • 休み明けだが、攻めさえ積んでいれば、いきなりから力は出せる馬。
  • スワンSを含め、ここまで闘ってきた相手は、他馬とはチョット違う。
  • 同じ外人騎手でも、今回のルメール騎手は前走の騎手とは ひと味違う。

▲ 02 アットザシーサイド 4歳

  • この馬のベスト距離は1400m、特に京都には自信を持っている。
  • 前走の1600だと、切れる脚が持続できない。
  • リフレッシュして状態は良く、デムーロ騎手なら、この馬の力をフルに発揮できる。

△ 10 レッツゴードンキ 5歳

  • ここにきて、やっとこの馬本来の姿に戻ってきた感じが強い。
  • ベスト距離は1600mだろうが、1400mは守備範囲であり、前走内容を信用できる。
  • 馬込みを気にしなくなり、気持ちが前向きになったのは心強い。

× 18 ウインファビラス 4歳

  • この2戦は勝ち馬と差のない競馬をしているが、あと一歩の切れが足りない。
  • この馬に距離短縮は、マイナスに出てもプラスには働かない。

× 14 ウリウリ 7歳

  • 立て直しを図っての登場になるが、年齢を考えると小康状態がやっと。
  • 以前は切れる脚を使ったが、近走はその面影も見られなくて…

× 06 スナッチマインド 6歳

  • 条件戦では堅実な成績を残しているが、今回は昇級の重賞レース。
  • 前走のように、道悪になれば上位争いに加われるかもしれないが。

× 17 フィドゥーシア 5歳

  • 勢いは認めるが、今回は昇級の重賞メンバーになり、これまでのようなわけにはいかない。
  • 得意な距離は1200mで、今回の1400mは1ハロン長い。

× 15 ワンスインナムーン 4歳

  • 連勝した勢いで重賞レースに挑戦するが、条件相手とオープン相手では、かなりの開きがある。
  • まして、別定戦の1400mだと、ごまかしは利かない。

【大井競馬】 優駿スプリント(S2)大井競馬を徹底予想

【福島開幕】 ★ラジオNIKKEI賞(G3)予想に役立つ出走馬分析情報★

【中京開幕】 『CBC賞を的中したい人必見』出走馬分析&データ分析はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free03

日本ダービー2017出走予定馬徹底分析[3]~ジョーストリクトリ他

日本ダービー2017徹底分析 2017/5/28(日) 東京10R 東京優駿|日本ダービー(G

記事を読む

kawata_tuika20_960_720

ヴィクトリアM2017予想/傾向と対策

【第22回】ヴィクトリアMの傾向と対策 2017年5月14日(日) 東京 11R ヴィクトリア

記事を読む

小倉競馬3

【2016小倉大賞典(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

2月21日の小倉は小倉大賞典です! 今年の小倉競馬の幕開けは小倉大賞典 1800m芝G3の

記事を読む

2015japanC

ジャパンカップ2016出走馬徹底分析[2]~サウンズオブアース他

2016/11/27(日)開催 ジャパンカップ・徹底分析![2] 第36回ジャパンC

記事を読む

阪神競馬場2

【6/12(日)阪神11Rマーメイドステークス(G3)】馬券分析・予想

日  阪神  マーメイドS・馬券分析! お馴染みの、夏を告げる牝馬の闘い。 梅雨を迎え、馬場

記事を読む