ダイヤモンドステークス2017予想・馬券分析

公開日: : 最終更新日:2017/02/18 重賞展望 , ,

free16

ダイヤモンドステークス2017:馬券分析

2017/2/18(土) 東京11R ダイヤモンドステークス(G3)

4歳以上オープン 3400m (芝) ハンデ戦

ダイヤモンドステークス2017:予想

コースも距離も異なるが、暮れのステイヤーズSの再戦メンバー。
新たに加わった馬が、どこまで食い込めるのか?焦点はソコ!

ダイヤモンドステークス2017予想[展開はどうなる?]

キングルアウ、ラブラドライトのテン争い。この後にサムソンズプライド。
フェスティヴイェルはその後から。
長丁場でもあり、前半で流れは落ち着き、あとは淡々と進むが、
アルバートが動き出す地点から、ペースは徐々に上がって行く。
すべてはスタミナ次第…

ダイヤモンドステークス2017予想[ここまでの結論!]

◎ 12 アルバート 6歳 58k

  • ステイヤーズSはファタモルガーナとクビ差の勝負だが、内容は完勝。
  • 斤量が1k増え、相手は据え置きとなるが、東京に替わればもっと動けるので問題なし。
  • この馬とムーア騎手のコンビネーションは信頼できる。

◯ 08 カフジプリンス 4歳 54k

  • 魅力ある唯一の4歳馬であり、鞍上が川田騎手なら、ペース配分はバッチリ。
  • 菊花賞3000mでは8着に終わっているが、要は乗り方ひとつ。
  • 父や母系のシンボリクリスエスからも、十分に狙えるはず。

▲ 07 フェイムゲーム 7歳せん馬 58k

  • 昨年のこのレースの2着馬、今回より0.5k重い58.5kを背負って。
  • ファタモルガーナとは年齢の差があり、昨年は0.8秒の開きもある。
  • 休み明けなので、息さえできていれば、上位争いは可能。

△ 01 ファタモルガーナ 9歳せん馬 56k

  • ある意味、年齢を感じさせない走りを見せているが、若い馬の台頭にはおされ気味。
  • 現状維持と見るのが正解で、アルバートに逆転するのは至難のワザ。
  • しかし、長丁場の実績上、軽視するわけにもいかない。

× 06 ジャングルクルーズ 8歳せん馬 56k

  • 前走の成績と内容からも、休養明けのここで大きく変わるとは思えない。
  • スタミナはあっても、この距離で後ろからの競馬では、差し込むまでは難しい。

× 11 プレストウィック 6歳 54k

    • アルバートに乗れない戸崎騎手にすれば悔しいだろうが、

いかんせん、この馬では実力が足りない。

  • 距離のリミットは2600mあたりまで、それ以上長くなると、スタミナが保たない。

 

× 04 ラブラドライト 8歳せん馬 51k

  • 万葉Sでは、これまでにない戦法で、後方から脚を伸ばしての2着。
  • しかし、本来は先行脚質なので、まだ信用はできない。
  • 今回は前で競馬をするのか?追い込みに徹するのか?

【特別公開】 中山記念(G2)リアルスティールを負かすならコノ馬です!

【注目情報】 阪急杯(G3)シュウジを凌ぐ絶好仕上げの狙い◎本命馬はこの馬だ!!

【動き絶好】 ★アーリントンC(G3)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free11

【京都記念2017】出走予定馬短評と予想のポイント

京都記念2017:予想のポイント 2017/2/12(日) 京都11R 京都記念 G2 芝22

記事を読む

札幌競馬場ダート

【8/16(日)札幌11RエルムS(G3)】馬券分析・予想

札幌 エルムS・馬券分析! マリーンS組+新たな強力馬の図式が成り立つ。 今回は別定

記事を読む

ウリウリ2

【2015スプリンターズステークス(G1)】1週前出走馬動向をチェック!

来週の中山は秋一番のG I スプリンターズS! 今秋のG I 戦線第一弾はスプリンター

記事を読む

オークス2016

【2016オークス(G1)】出走馬徹底分析[1]アットザシーサイド他

日  東京  オークス・ 徹底分析!  1 桜花賞馬の戦線離脱は残念だが、熱い3歳牝馬の闘い2

記事を読む

no image

【京都金杯2017】1週前出走馬動向をチェック!

2017年1月5日の京都は京都金杯です! 4歳オープン 京都金杯 1600m芝 G3 ハンデ戦

記事を読む