【小倉大賞典2017予想 オッズ 注目馬】ベルーフ久々の勝利なるか!?

公開日: : 最終更新日:2017/02/19 管理人おしらせ , , ,

管理人です。
小倉
フェブラリーSの直前、小倉競馬場のメインレースは小倉大賞典(G3)毎年波乱のハンデ重賞ですが、今年も一筋縄ではいきそうもないメンバーが集いました。ベルーフ・クラリティスカイといった5歳勢なのか、それともマイネルハニー・ストロングタイタンといった新興4歳勢なのか、しっかりと出走馬をチェックしましょう!

あと一押し!得意の小倉で重賞制覇狙う~ベルーフ
ここ3戦は4.3.2着、ともなれば続くは1着のみといったところでもあるベルーフは明けて5歳になりましたが3歳1月の京成杯いらい勝ち星からは遠ざかっています。常に善戦はしているものの勝ち切れない競馬が続いている中、この小倉競馬場での重賞はまさにチャンスといっていい1戦となりそうです。2年連続小倉記念で2着しているように小倉の芝コースはこの馬にとっても走りやすいコースの1つでしょうし陣営も当然チャンスとばかりに狙っている1戦と言えそうですし注目したい1頭でしょう。

前走からの巻き返しを期す!~クラリティスカイ
距離を延長して徐々に成績が安定してきたG1馬クラリティスカイではありましたが前走のAJCCは気の悪さを見せ、距離も多少長かったのか10着敗退という結果に終わってしまいました。とはいえまだまだ見限り早計ともいえ、400m短縮の1800mならば再度期待してみたいところではあります。今年の中山金杯2着の成績があればこのメンバーならば力は足りるとも言え、初の小倉コースとはなりますがこれがしっくりくれば一変あってもおかしくない実力を備えている馬と言ってよさそうです。

小回り向きの先行力!~マイネルハニー
昨年秋の休み明け後はチャレンジC1着をはじめ掲示板を外さない堅実な走りを見せているマイネルハニーですが、前走の京都金杯は早い流れも災いしたか5着という結果ではありました。ただ先行しての粘り腰の競馬は小回り小倉コースで活きてくる可能性があり、距離も1F延長で多少なりともゆったりと運べるようならばチャレンジCの再現を狙ってみてもいいのではないかと思わせる1頭です。

小倉3戦3勝!~ストロングタイタン
中山金杯は2番人気に支持されながらも9着敗退となってしまったストロングタイタンですが、まだまだ見限ることのできない魅力を秘めた馬であることは確か。乗る騎手がそれぞれに「この馬は走る」と口にした逸材でもあり、これがオープンの壁とは見たくないところではあります。今回は3戦3勝と抜群の相性を誇る小倉コースでの競馬となるだけに一気に巻き返して重賞初制覇を遂げる可能性は十分にあると言っていいのではないでしょうか。

小倉大賞典2017~その他の注目馬
有馬記念は惨敗となったものの、福島記念のように単騎逃げ叶えば怖いマルターズアポジーであったり、金鯱賞2着と好走したパドルウィールも相手なりに走るタイプだけにここでも善戦は可能といえそう。ケイティプライドクランモンタナといった古豪も小回りコースでの一発には常に警戒が必要な馬といえそうです。

 

 

free22

当日の小倉競馬場は本田奏多さんが来場し小倉大賞典のプレゼンターを務めたり、トークショーも開催されるみたいですね。それだけでなく、数々のイベントが開催されるだけにこれは楽しみですね!お近くにお住まいの方だけでなく、是非1度競馬場へ脚を運んでみてはいかがでしょうか?

それでは今週末もドンドン予想を的中させてしまいましょう☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

地方競馬

【マーキュリーカップ2018予想】盛岡競馬を徹底予想!

管理人です。 7月16日海の日には盛岡競馬場でダートグレード競走のマーキュリーカップが発走とな

記事を読む

【京都記念2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 大阪杯へ、春の天皇賞へ、いよいよG1級の各馬がターフへの復帰をはじめます。京都記

記事を読む

free06

【日経賞2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 日経賞へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。目標は

記事を読む

【関東オークス2018予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の南関東競馬は牝馬3歳の砂の女王を決する関東オークスが発走となります。頂点を

記事を読む

エイシンヒカリ1

★2016エプソムカップ(G3)★予想オッズでも大混戦!勝つのはどの馬?

管理人です。 昨年のエプソムカップはエイシンヒカリ・サトノアラジンと今年はG1戦線で 活躍す

記事を読む