【東海ステークス2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

公開日: : 最終更新日:2017/01/25 管理人おしらせ , , , , ,

管理人です。

free16

フェブラリーステークスへ向けての注目の前哨戦、東海Sの最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。
チャンピオンズC3着のアスカノロマン中心に、今年の飛躍を狙う新勢力も複数おり、まずはこのレースへ向けて万全の状態で臨んでくる馬をしっかりとチェックしておきたいところですね!

アスカノロマン
栗東CW 82.8 66.5 53.1 39.6 13.6 馬なり
1週前の追い切りで一杯に追われても終い16.8と大失速して状態面に不安説が囁かれていたアスカノロマンではありますが、今週の最終追い切りでは終いまでしっかりと伸びてのフィニッシュで周囲の不安説を一蹴して見せました。
動き的には前走チャンピオンズCと変わらないところと思える動きを見せているだけに状態面はさほど心配する必要がないのではないでしょうか。というのも、前走時でも1週前の追い切りで一杯に追われて終い14.8と失速しながら、直前追いではいつも通りの動きを見せていたあたり、調教で目一杯追われるとやる気を無くす馬なのかもしれません。
とはいえ、それがレースで目一杯追われた際に嫌気を差す可能性がないわけではないことを示しているだけに、脳裏にはその危険があることは頭に入れておきたいところではあるでしょう。

グレンツェント
美浦南W 68.1 53.2 39.2 13.2 一杯 併せ併入
レースでも騎乗する横山典騎手を背に行われた最終追い切りはこの馬なりの活気のある動き。目立つ時計ではありませんが、いつも通りの時計は出ているだけに状態はいい意味での平行線といったところでしょうか。
とはいえ、横山典騎手を乗せての追い切りを行うあたり、フェブラリーS出走へ向けてもここを勝ってなんとしても優先出走権が欲しいという陣営の思惑も垣間見れると言えるのではないでしょうか。あとは鞍上との相性がどうかということもあるのでしょうが、関西圏への輸送も昨年みやこステークスで経験済みでもあることから、不安よりも期待の方が大きい馬であると言えそうです。

ピオネロ
栗東CW 83.0 67.6 53.2 38.9 12.3 一杯
2週続けてコースで6F追いで目一杯の調整パターンはここ数戦と同じものではありますが、中身の濃い追い切り内容は評価して良いと言えそうです。動き自体も前走時と変わらぬ動きを見せていることを考えれば、ここでもしっかりと力を発揮してくることが予想されます。まだまだダートで底を見せていない馬ではあるだけにこのメンバーでどこまでやれるかは楽しみなところではありますが、唯一不安な点を挙げるならば先週の雪の影響でいつもならば日曜日にもコースで調整を行う馬が馬場入りできなかったことでしょうか。それでも軽い運動はしているでしょうし心配することもないかもしれませんが、馬のリズムが多少なりとも狂った点がどう出るかは気になるところではあるでしょう。

ラストインパクト
栗東CW 66.5 51.0 38.4 12.9 強め
休養明けの一戦になりますが、12月の頭から坂路で乗り込まれての最終追い切りはコースで実施。動き自体は長期休養明けにしてはまずまずといった感はありますが、1週前の追い切りでは併せ馬で遅れたりとまだ体調的には万全というところまではきていないのではないでしょうか。
それでも最終追い切りの内容からも5Fからでラスト4Fから加速してからのラップタイムはまずまずと言える動きは見せています。今回この馬にとっての課題はダートがどうかということにもなりそうですが、こればかりはやってみないと解らないところではないでしょうか。

リッカルド
美浦南D 84.8 68.2 53.0 38.9 12.2 馬なり 併せ併入
馬場状態を嫌ってか今週はダートコースでの調整。いつもならば坂路とコース併用の馬がダートでの調整をしてきていることに加えて関西圏への輸送があるということ不安といえば不安な状況と言えそうです。
とはいえ、ダートコースでの最終追い切りは昨夏のエルムステークスで経験済みなことでもあるだけにあまり神経質になる必要もなさそうです。エルムSを制してから重賞2勝目を狙っている実績馬ではありますがここ2戦は凡走となっているだけにそろそろ再度の結果が欲しいというのが陣営の本音と言えるのではないでしょうか。

ロワジャルダン
美浦南D 82.2 66.2 52.0 38.5 12.7 直線追う
前走と同様の最終追い切りはダートコースで実施されました。パターン的にもダートコース追いは問題ないというところにはなりますが、今回に関して言えば、馬場状態を考慮しての最終追い切りのコース変更となったのではないでしょうか。昨年3着の舞台でもありますし、コース適性も高いと見るならばやはり状態面は気になるところではありますが、少なくとも一連の状態キープと判断して良さそうです。オープンではもう一押し欲しいところではありますが、この馬とて重賞勝ちのある実績馬だけにまずは格好をつけたいところなのではないでしょうか。

他馬においても順調に調整を進めている馬も多いだけにこれはなかなかに難解と言える一戦、
的中=高配当となりそうなオッズも割れてきそうな今年の愛知杯だけに、是が非でも
軸馬をしっかりと見極めたいところですが、もうどの馬から狙うかはお決まりでしょうか?

 

 

それでは、今週末の競馬でも次々に馬券を的中させて素敵な週末を送りましょう!

【直前情報】 これは買い【マイルCS(G1)】状態絶好!買うなら絶対この馬です!

【京都G1】 マイルCS(G1)絶対買いの鉄板馬とは?←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

調教風景

【チャレンジカップ2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 チャレンジカップの最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 阪神JF

記事を読む

かしわ記念1

★2016かしわ記念(Jpn1)★船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 GW3連休最終日は恒例のJpn1かしわ記念が船橋競馬で発走となります。 今年は

記事を読む

九州ダービー栄城賞

【2016九州ダービー栄城賞(S1)】佐賀競馬を徹底予想!

管理人です。 5/29(日)はWダービー開催!JRAで日本ダービーが発走した後、 佐賀競馬場

記事を読む

free05

【ジャパンカップ2017直前予想】枠順・馬場・展開から浮上するのは

管理人です。 いよいよジャパンカップの発走が迫ってきましたが、当日の馬場状態はどうなのか、枠順

記事を読む

free33

【京都牝馬ステークス2017予想 オッズ 注目馬】レッツゴードンキ復活なるか!?

管理人です。 春の古馬牝馬戦線はこの京都牝馬Sから阪神牝馬S、ヴィクトリアマイルへと続く短距離

記事を読む