【京成杯2017結果/レース回顧】コマノインパルスが人気に応える!

中山 京成杯はコマノインパルスが人気に応える!

2017/1/15(日)開催 中山11R 京成杯(G3)
3歳オープン 2000m(芝・右) 別定戦

京都、中京競馬が中止になる中で、唯一に行われた中山競馬。

1勝馬での闘いになったが、各陣営は早くも皐月賞を意識している。
どの馬が勝利してもおかしくない混戦ムードの中でゲートが切られた。

コマノインパルスのパドックは、ドッシリ構え上々のハミ受け。
ゆっくりゲートを出し、後方の外目からの追走。
3角から徐々に順位を上げて行き、4角では外から前を射程圏に。
あとは手応え通りに抜け出して、着差以上の楽勝!
勝ち時計 2分02秒5、上がり 48.7-36.3での決着。
1000通過が1分01秒6と、流れも丁度よかった。

2着は昇級の休養明けになったガンサリュート。
気楽な立場で競馬ができたのも良かった感じがする。

3着はしっかり追い込んだマイネルスフィーンだが、
勝ちに行く競馬というより、終いに賭ける内容だった。

イブキはプラス10kの馬体で、全体に太く映った。

ベストリゾートも少し太く、前で競馬をして脚を残せずの内容。

これでコマノインパルスは胸を張って皐月賞に向かうことになるだろう…

【浦和競馬】 ☆埼玉新聞栄冠賞(S3)イチオシ勝負馬を徹底分析☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

【東京重賞】 アルテミスS(G3)2歳牝馬路線の主役候補はこの馬…!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

レインボーラインアーリントンカップ

【レース回顧】2016アーリントンカップ(G3)~デムーロ騎乗のレインボーライン!

阪神 アーリントンCはレインボーラインが混戦を断つ! 見応えある直線の叩き合い。ゴール

記事を読む

uma_01

府中牝馬ステークス2017結果/レース回顧|クロコスミアがが逃げ切る!

東京 府中牝馬Sはクロコスミアが逃げ切る! 2017/10/14(土)開催 東京11R 府中牝

記事を読む

ゴールドアクター1

【レース回顧】2015アルゼンチン共和国杯~ゴールドアクターが重賞初制覇!

アルゼンチン共和国杯はゴールドアクターが初重賞制覇! 馬場は悪くハンデ戦で波乱ムードが

記事を読む

ダノンレジェンド2

【レース回顧】2015クラスターCはダノンレジェンド圧勝

盛岡 クラスターCはダノンレジェンド! 放牧明けのダノンレジェンドは、毛ヅヤは冴え好馬

記事を読む

satonoaresu

【朝日杯フューチュリティステークス2016レース回顧】サトノアレスが決める!

阪神 朝日杯FSはサトノアレスが決める! 阪神 朝日杯FS 1600m芝 G I 馬齢戦

記事を読む