【競馬コラム】武一族が復活!

公開日: : 最終更新日:2016/12/27 競馬コラム , , , ,

☆ 武一族が復活!

先日 2017年の新規調教師の合格が発表された。

合格者は7名。その中で 馴染みの名前が 3名あった。

安田翔伍さんは、安田隆行調教師の息子さん。
お父さんは何年もかかって調教師試験に合格したが、
それに比べると、息子さんは短い期間で免許を取得している。
マスコミに対しての言葉使いは丁寧で、人あたりも穏和の印象。

武幸四郎さんは、皆さんご承知のように、故 武邦彦調教師の息子さんで、兄は武豊騎手。
4人兄弟の末っ子でもあり、お父さんは随分と気にかけていた。
ヌーボーとした性格で、多少ワガママ、兄が優等生なら、弟は劣等生?
それでも、騎手としては700勝近く挙げているのだから、並の騎手以上の存在。

そして、武英智 ( たけ ひでのり )さん。
領家厩舎からデビューして、その後フリーになり、調教助手に転向。
現役時代の勝ち鞍は66勝。
優しい性格であり、恵まれない面もあった。
お父さんは騎手から調教助手に。その兄弟の兄は武宏平元調教師。
いわゆる、叔父さんが調教師だった…

実は、それだけではない!
武邦彦氏と武宏平氏は親戚関係にあるのだ…

という事は、今回 合格した武幸四郎さんと武英智さんは親戚同士。

年が過ぎて、また親戚関係にある調教師が、お互いに開業することになる。

偶然だろうが、
その因果関係は競馬の世界にもあり、少しビックリ!

【大井競馬】 ※黒潮盃(S2)徹底分析予想はこちらから"

【盛岡競馬】 ※クラスターカップ(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【札幌記念】 札幌記念(G2)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

【小倉競馬】 九州スプリント王決定戦『北九州記念(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ドバイ2

【競馬コラム】ドバイでの日本馬の期待度は?

ドバイでの日本馬の期待度は? ドバイの現地に無事到着した日本馬は10頭。 ドゥラメンテ、

記事を読む

シンハライト

【競馬コラム】騎手はゴールラインが分かっている!

☆騎手はゴールラインが分かっている! これまでに膨大な数の競馬が繰り広げられてきました。 中

記事を読む

モーリス香港マイル

【競馬コラム】モーリスには夏休みが必要!

☆  モーリスには夏休みが必要! マイル路線を驀進し続けたモーリスが、遂に敗れてしまった。

記事を読む

ルージュバック3

★ルージュバックが2015札幌記念(G2)に登場★

ルージュバックが札幌記念へ! オークス 2着のルージュバックが札幌記念に出走する…

記事を読む

東京競馬場5

【競馬コラム】間もなく番組編成替え

間もなく番組編成替え! 今の京都と東京開催が終わり6月に入ると、 これまでの4歳以上

記事を読む