有馬記念2016出走馬徹底分析[3]~マリアライト他

公開日: : 最終更新日:2016/12/22 重賞展望 ,

日 中山 有馬記念・徹底分析! 3

3歳以上 オープン 有馬記念 2500m芝 G1 定量戦

今年の大詰めの大一番、グランプリ有馬記念!
ここまで活躍してきた馬が雌雄を決する場であり、
ファンが、最強!と自負する馬に一票を投じる時でもある。

今週の競馬は金曜日からの3日間開催
この有馬記念の出走予定馬は、3回に分けて、1頭1頭 分析していきます。

※ 出走予定馬のポイント

☆ マリアライト 5歳牝馬

エリザベス女王杯馬であり、今年の宝塚記念馬でもある。
秋はオールカマーをひと叩きして、エリザベス女王杯連覇を目論んだが6着。
これは1角で落馬寸前の不利を受けており、度外視して考える必要がある。
ダメージと疲れを癒し、今回に向けて調整を重ねてきている。
昨年の有馬記念はゴールドアクターから0.1秒差の4着、巻き返す余地は十分にある。
小柄な牝馬だが、勝負根性では大型牡馬には負けない。
昨年のように、ソコソコ前で競馬を進めれば、浮上の余地は考えられるが、
昨年ほどの迫力は感じられない。

☆ マルターズアポジー 4歳牡馬

休養を挟み3連勝。前走は福島記念を逃げ切り、初の重賞制覇を果たした。
持ち味はマイペースの逃げで、道中で息が入れば予想以上の粘りを見せる。
中山コースは2勝を挙げているが、2000m以上の距離は経験がない。
今回の相手は一線級だし、同型もかなり強力となる。
持ち味を生かすには、「 逃げ 」しか道はないだろうから、
潰れる覚悟で行かなければならない。
キタサンブラックがどこまで可愛がってくれるのか?

☆ ミッキークイーン 4歳牝馬

夏休みの後、ひと叩きしてエリザベス女王杯の予定が、捻挫のアクシデントでぶっつけに。
それでいて、勝ち馬クイーンズリングと0.2秒差の3着なのだから力がある。
昨年は秋華賞を勝ちジャパンCに挑んだが8着がやっと。
今年は臨戦過程を替えて、エリザベス女王杯から有馬記念に。
ひと叩きした効果は大きいだろうが、古豪牡馬相手はジャパンCに続いて2度目。
高いカベが立ちはだかっているには変わりないことを、我々は認識しなければならない。
オークスからも距離の心配はないが、中山コースは初めてになり何とも??

☆ ムスカテール 8歳牡馬

1年1カ月の脚部不安から立ち直り、夏から4戦を消化したが、
今のところ結果を出していないし、メドの立つ内容もない。
アルゼンチン共和国杯ではシュヴァルグランに、金鯱賞ではヤマカツエースに惨敗を喫している。
年齢的にも良化度合いが遅い感じがする。

☆ ヤマカツエース 4歳牡馬

春の宝塚記念が13着、秋の天皇賞が15着。G1レースでは結果を出していない。
前走は G2の金鯱賞で勝利したが、勝ち時計は平凡で、2着馬との着差はクビ差。
4歳馬の勢いは認めるが、このメンバーの中に入ると、劣勢は隠せない。
距離の2500mも、この馬には長いだけに、大きな期待は厳しい。

以上…

有馬記念2016出走馬徹底分析[1]~アドマイヤデウス他

有馬記念2016出走馬徹底分析[2]~サトノダイヤモンド他

有馬記念2016予想・ 馬券分析!

【浦和競馬】 浦和記念(Jpn3)中央VS地方のガチバトル!予想公開中

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

【2歳重賞】 注目の重賞【京都2歳S(G3)】今年狙い目の馬はコノ馬です!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

京都競馬場4

【2015マイラーズC(G2)】出走予定馬の能力分析

京都 マイラーズC! この先には G I 安田記念が待っている前哨戦。 1着の出走権

記事を読む

dairy_hai_2_sai_stakes

デイリー杯2歳ステークス2016予想・馬券分析

土 京都 デイリー杯2歳S・馬券分析! 2歳オープン 1600m芝 G2の馬齢戦だが、

記事を読む

2015japanC

ジャパンカップ2016出走馬徹底分析[1]~アルバート他

2016/11/27(日)開催 ジャパンカップ・徹底分析! [1] 第36回ジャパンC

記事を読む

コパノリッキー2

2015フェブラリーS(G1)レース展望

G I ・フェブラリーS! 今年もやってきました G I レース第1弾。 一昨年のグ

記事を読む

free33

中京記念2017/出走予定馬短評と予想のポイント

中京記念/予想のポイント 2017/7/23(日)開催 中京11R 中京記念 3歳以上 オー

記事を読む