【競馬コラム】騎手も最終決戦です!

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 競馬コラム , , ,

arimakinen

☆ 騎手も最終決戦です!

泣いても笑っても、今週で中央競馬は終了します。

馬は有馬記念がビッグイベントになりますが、
騎手のリーディング争いも熾烈を極めています。

12月18日を終わった段階で、1位は ルメール騎手の181勝。
2 位は 戸崎騎手の180勝となっています。
しかし、今週で首位が入れ替わる可能性は十分にあります。
同数の勝利数なら、2着が多い戸崎騎手がリーディングJに輝きます。

今年は100勝を超える騎手は5名だけ。
JRAの所属騎手は130名ほどいますから、いかに上位2人が抜けた存在かは推して知るべし…

ひと頃は100勝を超える騎手が多数いたこともありますが、
外国や地方からの騎手の転入で、大きく事情が変わってきました。
今年のベスト10を見ると、JRAからデビューしている騎手は5人だけ。
川田騎手と、途中からスタートした福永騎手が、100勝をクリアしています。

チョット残念な気持ちがよぎってしまいますが…

年初めは ルメール騎手、デムーロ騎手がトップの位置と予想していましたが、
日本人で頑張ったのは、地方出身の戸崎騎手でした。
フリーの立場が主流になっている現在ですが、戸崎騎手は厩舎に所属しており、
ある意味で 「 貴重な存在 」にあるのです。

騎手は、それぞれの考えとスタンスを持って、1年の競馬に臨んでいます。
1年間を通して、満足する人も、納得する人も、不満に終わる人もいるでしょう。

今週の最後の競馬に向けては、各ジョッキーが秘めた思いをレースにぶつけます。

その中でも、特にルメール騎手と戸崎騎手の騎乗馬は 『 注目の要 』があるでしょう。
馬券的にも、2人の乗る馬はチェックが必要になるはずです…

さて、今年のリーディングJに輝くのは??

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

パドック1

2017年もご愛読ありがとうございました!

☆この一年間、愛読していただき、ありがとうございました! みなさんにとって、2017年度の競馬

記事を読む

検量インタビュー

【競馬コラム】写真判定直後の黒板!

☆  写真判定直後の黒板! チューリップ賞に続き、桜花賞も2頭の叩き合いの接戦。 シ

記事を読む

レッツゴードンキ2

【2015オークス(優駿牝馬)】レッツゴードンキの二冠達成の可能性に迫る

レッツゴードンキの二冠達成は? 桜花賞を見事逃げ切ったレッツゴードンキ。 続くオーク

記事を読む

ゴールデンホーン

凱旋門賞 トレヴ 3連覇成らず!

凱旋門賞 トレヴの3連覇 成らず! 昨年までと違い、今年は日本馬の参戦がなく、マスコミ

記事を読む

中京競馬場2

【競馬コラム】中京7日目の競走除外馬について

☆  中京7日目の競走除外馬について! 7月23日、中京7日目7Rは3歳未勝利戦の2000m芝

記事を読む