京阪杯2016予想・馬券分析

公開日: : 最終更新日:2016/11/27 重賞展望 ,

日 京都 京阪杯・馬券分析!

keihan_hai

3歳以上 オープン 1200m芝 G 3 別定戦

過去のデータからは、最近の1番人気は5年前まで勝てていない。
優勝馬は3歳馬3勝、4歳馬3勝、5歳馬3勝、6歳馬1勝となっている。
追い込み馬にはつらく、先行脚質の馬が活躍している。

※ 展開はどうなる?

テンの速さはエイシンスパルタンに叶う馬はいない。
ラインスピリットは競り合いを避け、2番手からの競馬になりそう。
オウノミチ、ジャストドゥイング、ペイシャフェリスも前々の競馬に。
クリスマス、ネロは中位からで、フミノムーンやメラグラーナは後方から。
淀みない流れが4角まで続く…

※ ここまでの結論!

◎ 18 エイシンスパルタン 5歳
・ 休み明けの1400mスワンSが渋太く粘って0.2秒差の3着。
・ ひと叩きと距離短縮で、持ち味のスピードをフルに発揮できる。
・ 思い切りがよく、負けん気の強い岩田騎手なら、他馬に容赦はしない。

◯ 02 ネロ 5歳
・ この夏から闘ってきた相手が違い、前走のG I 戦でも0.1秒しか負けていない。
・ 堅実だが、あと一歩の詰めの甘さも否定できない。
・ 今回騎乗の外人騎手がしっかり乗ってくれるといいのだが…

▲ 11 ラインスピリット 5歳
・ 軽く見ていたが、ここに来ての2連勝は軽視することができない。
・ 本来ならハナを切りたいだろうが、同型が岩田騎手だと森一騎手は遠慮しそう。
・ 2番手からモマれず競馬ができれば、ゴール前のひと伸びも利く。

△ 17 メラグラーナ 4歳牝馬
・ 1200mで開眼した感じが強く、夏から秋にかけて連勝している。
・ 33秒台の脚は使えるので、展開さえ向いてくれれば重賞メンバーでもやれていい。
・ ただ、これまでと相手が違うので、中心視は避けた方が賢明。

× 07 アースソニック 7歳
・ 休養して夏場の疲れを取っての出走だが、7歳馬なので大きな変化はなし。
・ 追い出して切れるタイプではないので、なかなか勝ち切れないのは、そのあたりに因がある。

× 06 オウノミチ 5歳
・ 福島や小倉の小回り向きで、広いコースになると劣勢。
・ 別定斤量だと分が悪い。

× 09 クリスマス 5歳牝馬
・ 北海道 ( 洋芝 ) は得意、当日に輸送がないのもいい。
・ イレ込む馬なので、美浦から京都への輸送は気になる。
・ 速い持ち時計はないので、良馬場だと苦しくなる。

× 03 セカンドテーブル 4歳
・ 差す競馬を身につけてから成績が安定したのは確か。
・ 前走はラインスピリットの2着だが、今回は重賞メンバーで相手が強くなっている。
・ バテずに渋太く伸びる馬なので、決め手勝負になると劣勢。

× 01 フミノムーン 4歳
・ 前走は鮮やかな追い込みを決めたが、条件相手での勝利。
・ 今回は昇級戦、しかも重賞レースの別定戦は厳しい。

× 15 レッドアリオン 6歳
・ 若い頃のパワーが見られなくなっている。
・ ここ2戦はそう着差はないが、今回の58kはブレーキ材料となる。

【直前情報】 これは買い【マイラーズC(G2)】この馬は必ず買ってください。

【徹底攻略】 ※フローラS(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【東京開幕】 フローラS(G2)オークスへ向けても注目なのはこの馬!←絶賛公開中

【京都競馬】 トップマイラー集結『マイラーズC(G2)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free16

青葉賞2017予想/1週前出走予定馬の動向をチェック!

4/29(土)はダービートライアル青葉賞です! 2017/4/29(土) 東京11R 青葉賞(

記事を読む

阪神競馬場2

【6/4(土)阪神11R鳴尾記念(G3)】馬券分析・予想

土  阪神  鳴尾記念・ 馬券分析! 昨年勝ったラブリーデイは、ここをステップにして、G I

記事を読む

皐月賞2016-2

【2016皐月賞(G1)】出走馬徹底分析[3]~マカヒキ他

★中山  皐月賞・徹底分析!  3 サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズ、 今年

記事を読む

桜花賞2016-2

【2016桜花賞(G1)】出走馬徹底分析[1] アットザシーサイド他

日  阪神  桜花賞・徹底分析!  1 桜花賞のフルゲートは18頭で、トライアル戦、賞金面から

記事を読む

free15

府中牝馬ステークス2017予想/馬券分析

府中牝馬ステークス2017/馬券分析 2017/10/14(土) 東京11R 府中牝馬ステーク

記事を読む