【競馬コラム】久々に観たレベルの高い新馬戦!

公開日: : 最終更新日:2016/11/14 競馬コラム , ,

☆ 久々に観たレベルの高い新馬戦!

globesiater

11月13日 京都 4-5 新馬戦 1800m芝の闘い。

出走馬の中にはディープインパクト産駒の馬が4頭。
ミッキーロイヤル、コペルニクス、トルネードアレイ、ブラックスピーチ。
そこに、キングカメハメハ産駒のグローブシアター、
ステイゴールド産駒のステイオンザトップが加わっての闘いに。

流れは1000m通過が1分01秒2、武豊騎手のメイショウラプターが作る。
それぞれの有力血統馬はジックリ構えての追走…
直線を向く手前から、各馬の動きが激しくなり、直線は叩き合いの様相。
ゴール手前では、ステイオンザトップ、グローブシアター、トルネードアレイの叩き合い。

勝利を手にしたのは、438kのグローブシアター。
兄はエピファネイア、リオンディーズであり、母は福永騎手が跨ったシーザリオ。

トルネードアレイ、ステイオンザトップ、どの馬が勝ってもおかしくない接戦だった。
上位3頭に少し遅れて入線したのは、ルメール騎手のコペルニクス。

例年、来年のクラシックを意識する期待馬は11月にデビューすることが多い。
今年の2歳は牝馬が優勢にある勢力図で、今のところ牡馬に傑出した馬はいない。
その意味からも、この新馬戦は中身の濃い闘いだったと言える。

勝ち馬は勿論、惜しくも負けた馬たちも、これから先の活躍が見込め、
次走の走りをジックリ見極めたい…

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ドゥラメンテ1

残念!ドゥラメンテ骨折

残念!ドゥラメンテ 二冠馬のドゥラメンテが骨折し、秋は絶望のニュース。 ノーザンファ

記事を読む

free35

『競馬コラム』地震と競走馬

9月6日の未明に北海道を襲った、震度6強の地震。 画面からも、被害甚大の様子が、手に取るように

記事を読む

騎手騎乗

【競馬コラム】外人騎手と日本人騎手の違い!

外人騎手と日本人騎手の違い! 先週の開催は、阪神、中京、中山の三場。 障害の2鞍を除

記事を読む

マークカード

今週のWIN5の傾向!/2018年6月10日開催分

今週のWIN5の傾向!/2018年6月10日 WIN5/ ① 東京 9R 小金井特別 ( 4歳

記事を読む

free04

競馬コラム/秋GIを目指す!古馬牡馬編

秋GIを目指す!古馬牡馬編 ☆ サトノダイヤモンド 牡4歳 池江寿厩舎 菊花賞馬、有馬記念優

記事を読む