エリザベス女王杯2016予想・馬券分析

公開日: : 重賞展望 ,

erizabesu2015

2016/11/13(日)京都11R エリザベス女王杯・馬券分析!

エリザベス女王杯 3歳以上 牝馬 2200m芝 G I 定量戦

3歳 桜花賞馬ジュエラー、オークス馬シンハライト、秋華賞馬ヴィブロスの姿はない。
このレースの連覇を狙うマリアライトが主役を務めそうだが、
これまでジャパンC 8着以外は連を外していないミッキークイーンが立ちはだかる。
他にも、気になる4歳馬の存在がいて…

※ 展開はどうなる?

シャルール、プリメラアスールのいずれかがハナに。
シングウィズジョイ、クイーンズリングも前につけての競馬。
人気馬マリアライトは中団から、それをマークするミッキークイーン以下が固まる。
外回りの2200mだけに、3角までは淡々とした流れが続き、
坂の下り、4角で一気に動きが激しくなる。

※ ここまでの結論!

◎ 02 マリアライト 5歳

昨年の勝ち馬、宝塚記念馬。休み明けのオールカマーを叩き臨戦態勢は整った。
実績面、臨戦過程は申し分なく、後はスムーズな道中だけ。
射程圏に入れて直線を向けば、一気に弾ける!

◯ 03 クイーンズリング 4歳

昨年のエリザベス女王杯は不利もあって8着に敗れているが、あれが本当の実力ではない。
府中牝馬Sをいい形で結果を出し、今年は昨年以上の体調で このレースに臨む。
本来ならミッキークイーンより低い評価だろうが、相手が久々の実戦になるので、こちらを上に。
同じ外人騎手でも、昨年と今年では技術面で雲泥の差差がある。

▲ 01 ミッキークイーン 4歳

これまでの戦歴に異論を唱える人はいないだろう。
JC以外は、負けても2着は外しておらず、強力な4歳馬の一角。
ただ、捻挫でひと叩きできず、6カ月明けの ぶっつけ本番は気になるところ。
その分、涙を飲んで評価を少し下げた。

△ 08 タッチングスピーチ 4歳

4カ月半のブランクはあるが、この馬も隅に置けない4歳馬の1頭。
昨年の同レースはマリアライトとクビ差の3着を演じており、
それからの4戦は古豪の牡馬相手に切磋琢磨してきた。
ポン駆けするし、鞍上が名手ムーア騎手だけに、単に回ってくるだけとは思えず。
力をつけた1年後の成長を、マリアライトにぶつける。

× 12 アスカビレン 4歳

昇級戦の府中牝馬Sは4着と頑張ってはいるが、今回は更に相手が協力になる。

× 14 シャルール 4歳

前に行け、控えても競馬はできるが、どちらにしてもチョイ足らず。

× 15 パールコード 3歳

秋華賞で好走したが、今回はローテーションが詰まり、叩き3走目になる。
絞れたとはいえ、前走のマイナス10k減の馬体も気になるところ。

× 04 ヒルノマテーラ 5歳

オープン特別を勝ってはいるが、今回は一気のレベルアップ G I 戦。
斤量も2k増えることだし…

× 06 プロレタリアト 5歳

1600万条件を勝ち上がったばかり、斤量は3k増えて56kに。
鞍上もキャリアの浅い若手騎手では。

× 07 マキシマムドパリ 4歳

1600万でも勝てない馬だし、この馬のベスト距離は1800mと思われるだけに。

× 05 メイショウマンボ 6歳

残念ながら若い頃の栄光の日々は、過去のモノとなってしまった…

【船橋競馬】 ※京成盃グランドマイラーズ(S3)徹底分析予想はこちらから

【阪神GⅠ】 宝塚記念(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

函館競馬5

【7/26(日)函館11R函館2歳ステークス(G3)】出走馬短評とレース展望

函館 函館2歳ステークス! 地方馬参戦は毎年のこと、ダート勝ちも加わり波乱ムード。

記事を読む

中山競馬場4

【12/19(土)中山11R ターコイズS(重賞)】出走馬短評とレース展望・予想

中山 ターコイズステークス! 今年から重賞扱いとなったこのレース。 牝馬にとっては、

記事を読む

kawata_tuika06_960_720

フェブラリーステークス2018/出走予定馬の1週前動向をチェック!

2月18日は今年のGI第1弾フェブラリーSです! 2018/2/18(日) 東京11R フェブ

記事を読む

目黒記念2018/出走予定馬短評と予想のポイント

目黒記念/予想のポイント 2018/5/27(日)開催 東京12R 目黒記念(G2) 4歳以

記事を読む

kawata_tuika19_960_720

アイビスサマーダッシュ2017予想/馬券分析

アイビスサマーダッシュ2017/馬券分析 2017/7/30(日)開催 新潟11R アイビスサ

記事を読む