アルテミスステークス2016予想・馬券分析

公開日: : 最終更新日:2016/10/29 重賞展望 , ,

土 東京 アルテミスS・馬券分析!

artemis_stakes

暮れの阪神JF、来春の桜花賞を目指す若駒の闘い。
まだまだG1馬になるには長い道のり、今は切磋琢磨の時期。
なかなか面白いメンバー構成だが…

※ 展開はどうなる?

確たる逃げ馬は不在だが、アピールバイオ、フローレスマジックあたりが行きそう。
ヴィーナスフローラ、サトノアリシア、シグルーンもソコソコ前で。
リスグランシューは中団から、トーホウアイレスは後方からの競馬。
流れは平均ペースになるので、いい脚を長く使えないと勝てない。

※ ここまでの結論!

◎ 02 トーホウアイレス
時計を大幅に短縮しての2連勝、しかも最速の末脚を駆使して。
牝馬にして 、こんな脚を使える馬は少なく、体つきもしっかりしている。
スムーズな競馬さえできれば3連勝は可能。

◯ 12 フローレスマジック
2戦目にして初勝利だが、安定した立ち回りでブレはない。
兄はスワンSを予定しているサトノアラジンで、血統は一流。
速い時計と、マークされる立場にはあるが、そこを補うのがルメール騎手の役目。

▲ 15 サトノアリシア
北海道での成績は優秀だが、果たして東京の馬場でもやれるのだろうか?
焦点は速い時計の決着に、スムーズに対応できるか否か…
だが、2勝馬としての意地はあるだろう。

△ 16 リスグランシュー
ここまでの2戦で最速の脚を使い、前走はレコード勝ちの圧勝。
ここでアッサリ勝っても驚けないが、ひとつ不安材料がある。
430kの小柄な牝馬だけに、長距離輸送で馬体が大きく減っていないか?
当日の馬体チェックを確認して、結論を出したい。

× 10 アピールバイオ
前走のトーホウアイレスとの0.3秒差はかなり大きい。
先行力はあっても、決め手に欠けるのはつらく…

× 11 コーラルプリンセス
勝ちっぷりは良かったが、ジックリ中身を観察するとハデさはなかった。
キャリアは浅く、距離も延びるので、ここは慎重な評価で。

× 04 パフォーム
4戦目で初勝利。走破時計は平凡で、もう上積みも見込みづらい。

× 05 ヒストリア
勝ち時計が遅過ぎる。ここで上位争いするには、かなり時計を縮めないと。

× 14 マルモレイナ
徐々に距離を延ばし、脚質も転換している努力は立派。
今回は更に距離を1ハロン延ばし、強い相手にチャレンジする。
渋太く伸びるが、切れる脚は持っていないので、どこまで通用するのか…

× 07 ライジングリーズン
0.1秒差での新馬勝ち、時計は平凡で、上がりの時計もそんなに速くない。
シャープさよりも、渋太くバテずに伸びる馬に思える。

【札幌競馬】 スプリンター激突!今週の注目『キーンランドカップ(G3)』の関係者情報

【新潟競馬】 ★新潟2歳ステークス(G3)将来性◎の期待馬を一挙公開中★

【川崎競馬】 スパーキングサマーC(S3)川崎マイル決戦!予想公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

sirius_stakes

シリウスステークス2016予想・馬券分析

土 阪神 シリウスステークス・馬券分析! 出走馬が向かう先は、暮れのチャンピオンズC。

記事を読む

free30

【弥生賞2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/3/5(日)の中山は弥生賞です! 中山11R 弥生賞(G2) 3歳オープン 芝200

記事を読む

京都競馬場4

【2016京都記念(G2)】出走馬短評と予想のポイント

日  京都  京都記念! 春の天皇賞までには時間があるが、勝って勢いに乗りたい面々が集結。

記事を読む

free03

中山記念2017予想・馬券分析

中山記念2017:馬券分析 2017/2/26(日) 中山11R 中山記念(G2) 4歳

記事を読む

kawata_tuika16_960_720

ニュージーランドトロフィー2017予想/馬券分析

ニュージーランドトロフィー2017/馬券分析 2017/4/8(土) 中山11R ニュージーラ

記事を読む