【スワンステークス2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。
調教スタンド
スワンSへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。
マイルCSへ向けての前哨戦の位置づけのこのレースではありますが
スプリンターズSからの参戦組にとってはここを獲りたいという思惑の馬もおり
マイル路線の実績馬とスプリント路線の実績馬のぶつかり合いです。
まずはその追い切りからの仕上がり具合をチェックしておきましょう!

フィエロ追い切りスワンS
フィエロ
栗東坂路 52.3 37.5 24.4 12.5 馬なり 併せ併入
戸崎騎手が栗東まで駆けつけて行われた最終追い切りは前走安田記念と
同じように坂路で馬なり調整。時計はこの馬なりといった感で休み明けでも
走れる態勢にあることは明らかであるような動きでした。
この中間は終始馬なりではありましたが、乗り込む毎に動きが良化し
馬がレースが近いことを解っているかのようにしっかりと仕上がってきました。
これを陣営は「馬がしっかりしてきた」とコメントしていますが、いよいよ
充実の秋を迎える。そんなところでしょうか。惜敗続きの馬であるだけに
ここらで重賞のタイトルがなんとしても欲しいといったところでしょうか。
サトノアラジン追い切りスワンS
サトノアラジン
栗東CW 85.0 69.2 54.2 39.8 11.9 一杯 併せ先着
いつも通り最終追い切りはコースで。ビッシリ追われて併走相手に先着と
中身のある追い切りを消化したように見えますが、馬体自体は悪くはないものの
1度使えば更に変わってきそうな感もあるといった仕上がりを見せています。
とはいえ、ここ2週の動きは目立つものがあり、1400mという距離は
重賞初勝利となった京王杯SCと同じ距離。京都コースに実績がありませんが
これまでの2戦は菊花賞とマイルCSとともにG1コースであり、右回りコースなら
中山や小倉でも結果を残しているだけに気にすることもないでしょう。
ともなればここはこの馬には注目しておく必要が非常にあると言えるでしょう。
ダンスディレクター追い切りスプリンターズS
ダンスディレクター
栗東坂路 53.5 38.7 24.8 12.0 一杯
前走、スプリンターズS後もしっかりと乗り込まれて順調そのもの。
坂路での時計を見る限りは更に時計も詰めてきているだけに状態面の不安は
ないと言っていいのではないでしょうか。
ただ、いい頃は52秒台を切るタイムも坂路で出してきていた馬だけに
そういった面を考慮すると多少物足りない感じはしないでもないですが、
この秋はこの出来で7.15着と結果は出ていないものの勝ち馬とはタイム差僅か。
相手的にもG1よりは楽になる今回。力を発揮できる出来にあるというのならば
得意の京都コースで注意が必要な1頭と言えるのではないでしょうか。
アルビアーノ追い切りスワンS
アルビアーノ
美浦南W 52.5 38.6 12.0 G前追う
日曜日に坂路で最終追い切りがコースで4F追いというのは昨年のスワンSを
勝った時と全く同じパターン。それでいて動きに関しては昨年以上は勿論、
春よりも更にパワーアップしているようにも見える絶好の動きを披露しました。
日曜の坂路では自己ベストの51.9をマークしたと思えば、最終追い切りは
軽めで終いだけ伸ばすような調整でも終い12.0と切れのある動きを披露しました。
同馬主のモーリスが今週末は期待されていますがこの馬とて重賞勝利のチャンスは
十分にある仕上がりにあると言えるのではないでしょうか。

やはりマイルCSへの前哨戦というよりもこのレースを獲るべく調整を進めている馬も
複数いるだけにまず馬券予想の軸馬としてはこのレース勝負の馬を軸に据えるべきか。
そこから相手をどの馬にするかという馬券の組み立てがよさそうですが、
どの馬を選べばいいかとなるとなかなかに難しい一戦。
こんな時、陣営の本音や思惑を聞きたいと心から思ってしまうところですよね。

陣営の思惑といえば、こんな話が最近話題になっているので紹介しておきましょう

ダイナアクトレス馬渕2
過去にはダイナアクトレスをはじめ、多くの名馬を育てた名厩務員として
今でも競馬界に絶大なる影響力をもつ彼ですが、現在は関係者へ馬券指南や
情報を伝える役割を果たしていることは業界では有名な話ではあります。

それこそ、あの大物オーナーも懇意にしている人物の一人であり、
彼の握っている情報でオッズが大きく変動することも多いのですが、
一般競馬ファンからすれば「なんでこの馬が人気なんだ?」なんて思われることも
多いかもしれません。そしてそんな馬が好走してしまうのですから競馬は面白いもの。

長年の経験で追い切りの動きからその馬の好不調を判断する洞察力に長けているのは勿論、
馬を見る目も相当なもの。そんな彼が競馬の予想をすればどうなるかはお解りの通り。

先週の重賞レースで言えば
菊花賞 3連単693.8倍的中!(24点)
富士S 3連単199.0倍的中!(12点)
重賞2連勝を達成しています。菊花賞では7万馬券を的中!
1点1000円の投資が70万円を余裕で獲得していた計算に。
彼の予想を支持する者はボロ儲けしたという話は有名なところ。
9月の重賞は10戦9的中、10月は9戦9的中とまさに絶好調!今週も期待して当然ですね。

そんな彼が『 スワンSは余裕で的中できるレース 』と断言するのですから
スワンSにおける高配当を生み出す馬についての情報もしっかりと把握しているでしょうし
追い切りの動きから狙うべき馬を既に数頭に絞っているのでしょう。

そんな彼の情報は、当然一般の競馬ファンにお目見えすることは滅多にありませんが
彼が監修に関わっている この公式サイト でのみ確認することができるそうです。
今や関係者の多くが登録をし、情報を確認していると話題のサイトですね。

まだ確認されたことがないという方はそれこそ関係者が競馬に臨む際に
確認する情報とはどのようなものかを1度無料チェックされてみてはいかがでしょうか?
予想を的中するためには必見と言えるでしょう。
翌日の菊花賞の極秘情報も、当然公開するということですよ。

【 スワンステークス(G2)関係者情報、予想買い目公開はコチラ 】

 

 

京都競馬場4
秋競馬は注目のレースが続々と発走となっていきますが注目されるのはG1レース。
重賞とはいえ、G1以外のレースはスポーツ紙面の報道なども少なく、情報が枯渇
するレースとなり、陣営の本音が報道されないこともしばしばあるもの。

そういった報道されない陣営の本音や思惑を掴むことができれば、
意図も簡単にこういった重賞を的中できるというのも事実なだけに
情報を手にするチャンスがあるものなら迷わずに入手しておくことが重要ですね!

今週末もどんどん高配当を的中されますことをお祈りしております!

 

【徹底攻略】 ※AJCC(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【自信勝負】 ☆東海ステークス(G2)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595721

【シンザン記念2018追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 シンザン記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。過去には

記事を読む

S__4595721

【日経新春杯2017追い切り診断】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 日経新春杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。天皇賞(春

記事を読む

大井競馬2

【東京スプリント2017予想】大井競馬を徹底予想

管理人です。 大井競馬場でダート短距離決戦!今週の南関東競馬での注目は中央交流重賞の東

記事を読む

中山競馬場

★2016スプリングステークス(G2)★社台グループの思惑を紐解くと・・・

管理人です。 今週は皐月賞への最終切符を賭けてのスプリングSが中山競馬場で発走となります。

記事を読む

社台グループ

★2016天皇賞(春)オフレコ馬券予想★社台グループの思惑とは?

管理人です。 いよいよ迎える春の天皇賞(G1)近年は波乱傾向にありますが今年は果たして? ゴ

記事を読む