菊花賞2016出走馬徹底分析[4]~ミッキーロケット他

公開日: : 重賞展望 ,

日 京都 第77回 G1 菊花賞! 4

2015kikkasyou

第77回 G1 菊花賞 3歳 3000m芝。
皐月賞がディーマジェスティ、日本ダービーがマカヒキ。
最後の一冠 菊花賞の行方は…

出走予定馬を4回に分けて、詳しく紹介していきます。

※ 出走馬のポイント

☆ ミッキーロケット
ひと足早く函館競馬から始動し、500万戦と1000万戦を勝利。
ひと息入れ、中央戦は神戸新聞杯から。
輸送競馬に替わり10k減の馬体重だったが、細くは映らず。
レースは前のサトノダイヤモンドをマークしての競馬。
直線ではインを突いて抜け出しを図ったが、僅か届かずの2着。
これは和田竜騎手の好騎乗と言ってもいいだろう。
着差は僅かでも、勝ち馬は単なる叩き台であり、こちらは使い込んでの結果。
夏場から前走まで、使ってきた疲れは蓄積され、これ以上の上積みは見込みづらい。
長丁場がこなせる血統でも、最後にきて、スタミナ切れのケースが考えられる。

☆ ミライヘノツバサ
皐月賞は勝ち馬と2秒離されての12着。その後 休養して7月から始動。
叩き3走目の1000万戦で3勝目を挙げ、今回の G1戦に挑む。
前々で競馬をすれば、後方から競馬をした皐月賞のようなことはないだろうが、
かと言って、一変した走りができるかとなると、この相手ではそうもいかない。
今回は手替わりして藤岡康騎手になり、癖を掴んでいるとも思えないので…

☆ レインボーライン
アーリントンCを勝利し、NHKマイルが3着。
そこからダービーに向かい8着、ひと息入れた後の札幌記念が10k増の馬体で3着。
これなら、京都の長丁場でもやれそうな雰囲気をかもし出すが、
父のステイゴールドはいいとしても、母系のフレンチデピュティには疑問符が付く。
やはり、マイラーの道を歩んだ方が正解なのではないだろうか…
菊花賞を勝つには、スタミナとパンチ力を備えていないと厳しい。

☆ レッドエルディスト
青葉賞2着から挑んだダービーが、勝ち馬から0.8秒差の9着。
菊花賞への前哨戦は神戸新聞杯を選んだが、やっとこさの3着。
ゴール前では4着馬にクビ差まで迫られている。
四位騎手は、『 菊花賞が楽しみ 』と言うが、多分これは社交辞令?
スタミナはありそうだが、レース内容に手応えを感じるモノはなかった。
ダービーでの2着、3着馬との差は大きく、如何ともし難い。

以上…

菊花賞2016出走馬徹底分析[1]~アグネスフォルテ他

菊花賞2016出走馬徹底分析[2]~コスモジャーべ他

菊花賞2016出走馬徹底分析[3]~ジョルジュサンク他

菊花賞2016予想・馬券分析

【勝負馬券】 高松宮記念(G1)ズバリ!的中狙う究極の3連単予想はこの買い目!

【特別情報】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

札幌競馬場1

【2015クイーンステークス(G3)】出走馬短評とレース展望

札幌 クイーンステークス! 恒例の札幌牝馬戦 G3 レース。 ここ数年は1番人気の馬

記事を読む

中京ダート

【2016東海ステークス(G2)】出走馬短評と予想のポイント

日 中京 東海ステークス! 東海Sは暮れのチャンピオンズCと同じ距離、同じコースでの闘

記事を読む

札幌競馬場

【2016クイーンステークス(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

7月31日の札幌はクイーンS! クイーンS 牝馬限定 1800m芝  G3 戦。 昨年は

記事を読む

安田記念

【2016安田記念(G1)】出走馬徹底分析[1]サトノアラジン他

日  東京  安田記念・ 徹底分析!  1  いよいよ春のGIレースも大詰め。 安田記念16

記事を読む

地方競馬2

フェブラリーステークス2017出走予定馬徹底分析[2]~ケイティブレイブ他

フェブラリーステークス2017徹底分析! 2017/2/19(日) 東京11R フェブラリース

記事を読む