菊花賞2016出走馬徹底分析[2]~コスモジャーべ他

公開日: : 最終更新日:2016/10/20 重賞展望 ,

日 京都 第77回 G1 菊花賞! 2

2015kikkasyou

第77回 G1 菊花賞 3歳 3000m芝。
皐月賞がディーマジェスティ、日本ダービーがマカヒキ。
最後の一冠 菊花賞の行方は…

出走予定馬を4回に分けて、詳しく紹介していきます。

※ 出走馬のポイント

☆ コスモジャーべ ( 抽せん )
9月の新潟戦で2勝目を挙げ、昇級戦がクビ差の2着。
見た目はいいが、それは1000万でもので、ここは2階級上のオープンG1戦。
確かに長い距離に自信を持っているが、それだけで解決できる問題ではない。
条件戦とオープン戦の違いは、4角の加速と、ゴール前の伸び。
今の成績で通用するほど、G1レースは甘くない。

☆ サトノエトワール ( 抽せん )
秋緒戦が1000万条件の2400m、逃げ粘って0.1秒差の2着。
しかも、ハンデ戦で53k。今回は4k増の57kでの闘いになる。
脚質に幅があり、血統面から3000mもこなせそうだが、
一気のメンバー強化は否定することはできない。
単純にサトノダイヤモンドと比べても、実績内容が違い過ぎる。

☆ サトノダイヤモンド
日本ダービーでは一旦 抜け出したのだが、ゴール寸前でマカヒキに交わされてしまった。
悔しい気持ちを残しながら秋競馬に臨み、前哨戦は神戸新聞杯から。
見た目の馬体は変わらなかったが、ルメール騎手は「 春以上 」と称賛している。
結果的には僅差の勝利となったが、中味は完勝と言えるもの。
ルメール騎手も菊に手応えを感じたようだ。
マカヒキ不在で、ライバルは皐月賞馬のディーマジェスティのみ。
京都の長丁場は未知数だが、それを払拭する走りが期待できる。
対ディーマジェスティとは、皐月賞では負けたが、ダービーでは先着しており互角。
この菊花賞で雌雄を決するしかないだろう…

☆ シュペルミエール
休養を挟み長丁場で 500万、1000万で連勝。それまでの戦歴は3着以下がない。
相手は弱いが、ここまでの4戦では最速の脚を使い、前に迫っている。
発馬さえ決めれば、中位からの競馬ができる。
父はステイゴールド、母系はクロフネなので、スタミナは十分と思える。
ただ、今回は57kの斤量で、前走からすると4k負荷がかかる。
相手もグンと強くなるので、それらをクリアできるかどうかが問題。

☆ ジュンヴァルカン
休養前に500万戦と1000万条件戦を連勝して夏休み。
ここまでに3着以下は1回だけで、相手は軽かったが、崩れはなし。
好位から渋太く伸びる脚質で、切れる脚は持っていない。
それだけに、スピード争いの短い距離より、スタミナ勝負の長丁場を選んで使っている。
馬格はあるので斤量の57kは応えないだろうし、鞍上のデムーロ騎手も怖いが、
4カ月の休養明けで、いきなりこの相手となると、二の足を踏まざるを得ない。

3 に続く…

菊花賞2016出走馬徹底分析[1]~アグネスフォルテ他

菊花賞2016出走馬徹底分析[4]~ミッキーロケット他

菊花賞2016予想・馬券分析

【絶対推奨】 阪神ジュベナイルF(G1)自信の◎!3連単予想を独占公開中!

【必見情報】 チャレンジC(G3)極選!注目馬情報・予想公開はコチラです!

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場2

【2015フラワーカップ(G3)】馬券分析・予想

フラワーC・馬券分析! 桜花賞よりオークスに目を向けた馬の集まり。 微妙な立場にある

記事を読む

小倉競馬2

【2/21(日)小倉11R 小倉大賞典(G3)】馬券分析・予想

日  小倉  小倉大賞典・馬券分析! 1番人気がなかなか勝てない高配当必至のレース。 思い切

記事を読む

2015tennoushow

天皇賞秋2016出走馬徹底分析[2]~カムフィー他

日 東京 第154回 天皇賞(秋)! 2 秋 天皇賞 3歳以上オープン 2000m芝

記事を読む

皐月賞2016-2

【2016皐月賞(G1)】出走馬徹底分析[3]~マカヒキ他

★中山  皐月賞・徹底分析!  3 サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズ、 今年

記事を読む

keio_hai_2_sai_stakes

【京王杯2歳ステークス2016】出走馬短評と予想のポイント

土 東京 京王杯2歳ステークス! 京王杯2歳S 1400m芝 G2 馬齢戦。 1番人

記事を読む