【信越ステークス2016】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/10/14 レース展望 ,

日 新潟 信越ステークス!

nigatakeiba

オープン特別 1400m芝のハンデ戦。
楽しみな3歳馬が数いて、広い馬場の闘いなら紛れもなさそう。
スピードと馬力をフルに発揮してくれる。

※ 出走馬のポイント

☆ アルバタックス 55k
・ 左回りより右回りを得意としている。
・ この馬に1400mは 1ハロン 忙しい。
・ 休養明けも割引き材料に。

☆ ウインガニオン 55k
・ 休養明けの昇級戦だが、ここまでの3連勝は無視できない。
・ 逃げ切るのは難しかったとしても、左回りが4戦4勝なのは心強い。
・ メンバーを見渡すと、楽に逃げられそうだが。

☆ オデュッセウス 53k
・ この馬の得意は1400mなので、北海道の1200mの3走は参考程度で。
・ 左回りは右回りほど動けない傾向にある。
・ 気になる馬だが、使い込んでおり、大幅な上積みは見込めない。

☆ ゼロス 54k
・ 7歳馬の5カ月のブランクは長い。
・ 得意は1600m、1800mであり、1400mはこの馬には忙しい。

☆ タガノブルグ 54k
・ 1400mでは大崩れしないが、勝ち負けするにはワンパンチ不足。
・ 左回りは14走し、2着2回はあるが、勝ち鞍はいまだ 0。

☆ トウショウドラフタ 54k
・ マイル戦だと、あとひと伸びが利かない馬。
・ 持ち味は1400mこそで生きるし、馬場の良否は問わない。
・ 勝つか凡走かの成績だが、左回りは力強い走りをする。
・ この条件下なら一変あっても驚けない。

☆ ペイシャフェリス 53k
・ 2走前の朱鷺Sで勝っているが、その時のメンバーは弱かった。
・ 前で競馬はできるが、切れる脚は持っていない。
・ 新潟では勝っているが、東京の左回りでは4走して上位争いはない。
・ ただ、今回もメンバーはそんなに強くはない。

☆ ベルルミエール 53k
・ 渋太く詰め寄ってくるが、切れる脚は使えない。
・ ベスト距離は1400mだが、左回りでなく、京都コースを得意としている。
・ 夏休みなく使っており、大きな変わり身は求めづらい。

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場ダート

【5/15(日)東京10R 青竜ステークス】出走馬短評と予想のポイント

日  東京  青竜ステークス! 3歳オープンの1600mのダート戦。 パワーに自信を

記事を読む

chocolat_blanc

【2016/9/11(日) 阪神9R 新涼特別】注目馬はこの1頭!

日 阪神 新涼特別・注目馬! ☆ ショコラブラン 父 クロフネ - 母 アグネス

記事を読む

free15

【くすのき賞2017】注目馬はこの1頭!

2017/2/25(土) 小倉10R くすのき賞・注目馬! ☆ シロニイ 父 キングカメハメ

記事を読む

京都競馬場6

【5/30(土)京都11R朱雀S】出走馬短評とレース展望

京都 朱雀S! 力が拮抗している準オープンのハンデ戦。 トップHが57kで、前走から

記事を読む

no image

【菜の花賞2017】注目馬はこの1頭

2017/1/14(土) 中山9R 菜の花賞・注目馬! ☆ アピールバイオ 父 ネオユニヴァース

記事を読む