京都大賞典2016予想・馬券分析

公開日: : 最終更新日:2016/10/10 重賞展望 ,

月 京都 京都大賞典・馬券分析!

2015kyoto_daishouten

暮れの大仕事を控えている面々の闘い。
そのためか、1番人気の勝つ確率は低くなっている。
余裕の仕上げで、結果より内容に重視しているだけに、
時として、高配当が生まれるのはそのため。

※ 展開はどうなる?

行くのはキタサンブラックとヤマカツライデンだが、
キタサンブラックは無理を避けるので2番手から。
ここにタマモベストプレイが絡んで行くが、
速い流れを作るとすれば、ヤマカツライデンの大逃げだろう。
後ろの馬は、前のキタサンブラックを見ながらの競馬。
キタサンブラックが動いた地点からペースは速くなる。

※ ここまでの結論!

◎ 01 キタサンブラック
たとえ目標は先でも、ここで無様な競馬をするわけにはいかない。
京都コースには絶対的な自信を持っており、自在に立ち回れる。
別定戦というのもいい。

◯ 10 ラブリーデイ
昨年の勝ち馬。ここまでのレースでも崩れはない。
昨年の勢いはないとしても、この相手なら上位争いは必至。
ここで大崩れするようでは、この先に未来はない。
宝塚記念では、キタサンブラックとは0.2秒差しかない。

△ 06 ヤマカツライデン
長丁場なら望むところ、スタミナとスピードを備えている。
更に、並ばれると二枚腰を使う根性も評価できる。
ただ、これまでとは雲泥の差があるメンバー構成。
キタサンブラックは控えてくれるだろうから、単騎の逃げは叶う。
どこまで辛抱するかにかかっている。

△ 08 サウンズオブアース
G I レースでも互角の走りをするのに、いまだ2勝馬というのにはビックリ!
スパッと切れる脚はないが、叩き合いの展開なら負けてはいない。
今回はトライアル戦だけに仕上げは控え目、評価も控え目で。

× 03 アドマイヤデウス
京都の2400mに良績を残しているが、今回は有力馬よりブランクが長く、
鞍上の岩田騎手は、今年は重賞レースに縁がないのも…

× 05 タマモベストプレイ
丹頂Sではヤマカツライデンも捉えることができなかった。
6歳馬で 伸びしろは見込めず、上がりの速い京都は劣勢。

× 04 ラストインパクト
器用に立ち回れず、決め脚勝負になるとつらくなる。
ジャパンCで2着はあるが、あの時はドンピシャ嵌まった感が強い。
まずは ひと叩き…

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free33

桜花賞2017予想/出走予定馬徹底分析[2]~カリビアンゴールド他

桜花賞2017予想/徹底分析! 2017/4/9(日) 阪神11R 桜花賞(G1) 3歳

記事を読む

2015syukashow

秋華賞2016出走馬徹底分析[1]~ヴィブロス他

日 京都 第21回 秋華賞! 1 秋華賞 3歳牝馬 2000m芝 G I フルゲート

記事を読む

阪神競馬

【2015鳴尾記念(G3)】出走馬短評とレース展望

阪神 鳴尾記念! 土曜競馬のメインは阪神の鳴尾記念。 夏競馬を視野にしたオープン馬が

記事を読む

swan_stakes

【スワンS2016】1週前出走馬動向をチェック!

10月29日の京都は G2 スワンSです! 京都 スワンS 3歳以上オープン 1400

記事を読む

ラブリーデイ天皇賞

【2015有馬記念(G1)】ゴールドシップ&ラブリーデイ徹底分析!

有馬記念に向かう2頭! ジャパンCに出走したゴールドシップとラブリーデイ。 共に 有馬記念を

記事を読む