【京都大賞典2016】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/10/05 重賞展望 ,

月 京都 京都大賞典!

kyoto_keiba

いよいよキタサンブラックの登場となる。
狙いは次走になるが、仕上がり途上でも負けるわけにはいかない。
対する古豪がどんなレースを挑んでくるか?が見もの。

※ 出走馬のポイント

☆ アドマイヤデウス
昨年の秋の天皇賞は11着だが、これまで 日経新春杯、日経賞のG2戦を2勝しており、
京都記念、阪神大賞典も3着と、ここでヒケを取らない実績を挙げている。
リセットしての一戦、いきなりからどんな走りを見せるか…

☆ キタサンブラック
デビューから3連勝、その後は菊花賞と春の天皇賞を制している。
休養前の宝塚記念は3着にまとめており、ここ入れば抜きん出た戦歴の持ち主。
走りやすいのか、京都コースとの相性はよく、久々を苦にすることもない。
たとえ仕上がり半ばでも、負けられない一戦と言える。

☆ サウンズオブアース
この2年の内容からも、淀の天皇賞3200mは不向きと思われる。
いまだ2勝からしていないが、有馬記念ではゴールドアクターとクビ差の勝負、
キタサンブラック、マリアライトに先着している自負がある。
目標は暮れの有馬記念、スロースターターの今回は評価を下げて…

☆ ヤマカツライデン
今年の3月から芝に戻し、長丁場を使いだしてから6戦4勝。
2200m以上の距離で、逃げる競馬をして素質を開花させている。
今回は G2の別定戦だけに即 通用には疑問符がつくが、
キタサンブラック相手に、どこまで逃げ粘れるかの興味は尽きない。

☆ ラストインパクト
2015年以降の勝ち鞍はないが、ジャパンC、ドバイシーマの G1で好走している。
切れるというより、いい脚を長く使えるタイプで、混戦になると持ち味を発揮する。
今回は開幕週の競馬だけに、少し狙いを下げた方が賢明。

☆ ラブリーデイ
この馬の絶頂期は2015年ではなかっただろうか…
宝塚記念、秋の天皇賞を含め4連勝。その中のひとつに京都大賞典も含まれている。
今年は前走の宝塚記念までの3戦すべてが4着続きで、昨年の勢いは見られない。
夏休みを挟んで秋競馬に挑むが、果たしてどこまで良くなっているか?
今回の走りで、これからの活躍が占える…

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

hansinkeiba2

逆瀬川ステークス2016予想・馬券分析

土 阪神 逆瀬川ステークス・馬券分析! 3歳以上 1600万条件 1800m芝 定量戦

記事を読む

中山競馬場2

【2015ステイヤーズステークス(G2)】出走馬短評とレース展望・予想

中山 ステイヤーズステークス! 馬力とスタミナが要求される中山の3600mの闘い。

記事を読む

kawata_tuika21_960_720

日本ダービー(東京優駿)2017予想/1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017年5月28日の東京は日本ダービー(東京優駿)です! 2017/5/28(日) 東京11

記事を読む

天皇賞春1

【2015天皇賞(春)】出走馬短評とレース展望

京都 春の天皇賞! 前哨戦は日経賞、阪神大賞典、大阪杯となり、 結果より内容が問われ

記事を読む

カレンブラックヒル

【2015中京記念(G3)】カレンブラックヒル他、1週前出走予定馬動向

来週は中京記念! 来週の重賞レースは G3の中京記念、1600m芝のハンデ戦。

記事を読む