★2016レディスプレリュード(Jpn3)★大井競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2016/09/20 広告・おしらせ , ,

管理人です。
レディスプレリュード
今年の砂の女王決定戦、JBCレディスクラシックへ向けての前哨戦
レディスプレリュードが祝日の9/19に大井競馬場で発走となります。
今年は中央馬だけでなく地方からも有力馬が多数出走してくるだけに
予想する上でも興味深い一戦となりそうなだけに必見です!

ホワイトフーガ1
昨年のJBCレディスクラシックの女王、ホワイトフーガが連覇を狙ってまずは
前哨戦のレディスプレリュードへ駒を進めてきました。当然主力視でしょう。
斤量57kgは他馬に比べると背負っていることには変わりありませんが、
前走は58kgを背負ってスパーキングレディーカップを制しているだけに
特に問題のない斤量と言っていいのではないでしょうか。
大井の1800mは1月のTCK女王盃で勝っている舞台となれば
まず牝馬限定戦ならば負けられない一戦と踏んで出走してくるところでしょう。

タイニーダンサー
タイニーダンサーはなんとかホワイトフーガに肉薄したい1戦となりそうです。
ここ2戦はスパーキングレディーカップでホワイトフーガの3着
ブリーダーズゴールドカップでアムールブリエの2着と有力牝馬に及ばずの
結果とはなっていますが、まだまだ伸びしろのある3歳馬。
ここはなんとかホワイトフーガに肉薄したいというのが陣営の本音でしょう。
少なくともホワイトフーガ以外には負けるつもりはないのではないでしょうか。

中央からは他にフォローハート、タマノブリュネット、サンソヴールが参戦しますが
いずれも1000万下条件を勝ちあがったばかりで牝馬限定戦とはいえ
上記2頭に太刀打ちできるというシーンはあまり想像できないところ。
ならば地方馬にも目があるのではないでしょうか?

ブルーチッパー
ブルーチッパーは今年の交流重賞で2着が2回。2走前ではホワイトフーガに肉薄。
前走は南関東の強豪牡馬相手に完勝とここでも有力と見ていい実力を備えた馬。
鞍上の森泰斗騎手も南関東リーディングジョッキーとしてここは堂々と中央馬に
勝負を挑んでいくでしょうしレース振りに注目したいところ。
もう1頭のララベルは春にしらさぎ賞を勝っており、それ以来の出走とはなるものの
昨年はロジータ記念を制するなど南関東牝馬ならば屈指の実績をもっている馬。
いきなりからでも勝負になっておかしくない力は備えています。

トーコーヴィーナス
更には園田競馬を代表する牝馬トーコーヴィーナスや高知の3歳牝馬ディアマルコ
注目しておきたいところ。JRA勢の上位2頭は抜けた存在かもしれませんが
第3の馬を狙うのか、それとも一角崩しを狙うのかそのレース振りに期待でしょう。

大島麻衣
当日の大井競馬は大島麻衣さんがプレゼンターを務め、トークショーもあるそうです。
他にもイベント盛りだくさんの祝日昼間開催の大井競馬場。
是非、いつもは平日で来場できない方も大井競馬場へ脚を運んでみてはいかがでしょうか?
また、新たな試みとしてSPAT4ではレディスプレリュードの日曜前日発売を実施。
当日忙しい方は是非前日のネット投票をお試しされてみるのはいかがでしょうか?

ともかく、シルバーウィークも大井競馬を楽しみましょう!

 

 

【大井競馬】 優駿スプリント(S2)大井競馬を徹底予想

【福島開幕】 ★ラジオNIKKEI賞(G3)予想に役立つ出走馬分析情報★

【中京開幕】 『CBC賞を的中したい人必見』出走馬分析&データ分析はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

札幌調教

★2016札幌記念(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 札幌記念へ向けての最終追い切りが函館・札幌競馬場で実施されました。 夏競馬のハ

記事を読む

free30

【オーシャンステークス2017予想 オッズ 注目馬】大混戦バトルロワイアル!

管理人です。 土曜中山のメインはスプリント重賞のオーシャンS。高松宮記念へ向けての最後の前哨戦

記事を読む

free30

【ニュージーランドトロフィー2017徹底予想】混戦メンバーを一刀両断!

管理人です。 NHKマイルカップへ向けても注目の1戦となるニュージーランドトロフィーが

記事を読む

free08

【中山記念2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 中山記念へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。ここからドバイ

記事を読む

SpringG1Race

★2016オークス(G1)★予想オッズから見えてくる注目牝馬とは?

管理人です。 いよいよ今週末はオークス(優駿牝馬)が発走となります。 同世代の牝馬にとっては

記事を読む