★2016オーバルスプリント(Jpn3)★浦和競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2016/09/16 広告・おしらせ , ,

管理人です。
浦和競馬1
9月15日は浦和競馬場で交流重賞オーバルスプリントが発走となります。
今年のJBCスプリントは川崎競馬開催となり距離は1400mとなるだけに
このレースも要注目の1戦となること間違いなし。
南関東のエースと中央の強豪が集う好メンバーの1戦をしっかりと予想的中させるべく
まずは出走馬をしっかりと分析する必要があるでしょう。
ソルテさきたま杯
まず注目すべきは中央馬ではなく南関東所属のソルテでしょう。
この春の活躍は既に多くの競馬ファンに知られるところとなりましたが、
かしわ記念でコパノリッキーに肉薄し、さきたま杯ではベストウォーリアを負かして優勝。
まさに中央馬顔負けの実績を残しているだけに中央勢とてこの馬の強さは認めざるを得ません。
今回は6月のさきたま杯以来の休み明けになるだけに仕上がり具合はどうかというあたり
不安材料とはなってきそうですが、前走と同じ浦和1400mの舞台で大目標の
JBCスプリント制覇へ向けてはきっちりと結果を残したいところでしょう。

ニシケンモノノフ
打倒ソルテへ中央勢も黙ってはいないところ。
ニシケンモノノフはこのオーバルスプリントで久々の重賞制覇を狙います。
この春は高知の黒船賞でダノンレジェンドに迫る2着、中京でのプロキオンSでも2着と好走。
成績も安定しており、いよいよ充実期に入った感もあるだけにまずはここを勝利することにより
賞金を加算させてJBCスプリント出走といきたいところでしょう。

gracefulreap
JBCスプリント出走を狙うという意味ならばグレイスフルリープもここは勝利を手にしたい1頭。
前走サマーチャンピオンは逃げて圧勝。重賞初勝利を手にしましたが、ここも勝利で
なんとか賞金を加算させたいのはニシケンモノノフと同じ。
実力比較という点では今年のすばるSで敗戦を喫しているだけにニシケンモノノフが一歩リードも
実績だけならばグレイスフルリープが上。休み明けの馬が多い中で夏場に1度使われている強みを
活かせばここもチャンスが生まれてくる1頭と言えるでしょう。

スーサンジョイ
台風の目とも言えるのがスーサンジョイではないでしょうか。
フェブラリーS以来の出走となりますが、そのフェブラリーSは4連勝の勢いで臨み
G1の壁にぶち当たった感はありましたがそれがいい経験になっていればこの馬のスピードは脅威。
それこそベストの距離はマイルではなく1400mといった感の強い馬だけに
しっかりと疲れを癒して充電完了。一目散の逃げ切りとて頭に入れておきたいところではあります。

他にも中央馬からは昨年の覇者レーザーバレットも参戦。
地方勢もソルテだけではなく、リアライズリンクスレガルスイ、地元のタマモホルンにも
マークが必要と言えるだけにここはいつもの交流重賞とは違いタレント揃いで
面白いレースとなりそう。それこそ的中すれば美味しい配当にありつけそうです。

藤川京子
当日の浦和競馬は藤川京子さんのトークショーがあったりとイベントも盛りだくさん。
南関東競馬の中では一番ローカル感漂う浦和競馬。これぞ地方競馬という醍醐味を満喫したいですね!
是非お近くにお住まいの方は浦和競馬場へ脚を運んでみてください!

 

【徹底予想】 ※※中京記念で必ず買うべき馬券情報が気になる方はクリック

【状態絶好】 函館2歳S(G3)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【中京競馬】 ★荒れる中京記念(G3)出走馬徹底分析&必勝データ公開中★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

調教風景

★2016京都記念(G2)追い切り★予想で抑えたい注目馬情報!

管理人です。 日曜日のメインは京都記念(G2)古馬長距離路線、天皇賞・宝塚記念と続く路線。

記事を読む

free10

【安田記念2017予想オッズ/データ分析】日本VS香港のガチンコ勝負

管理人です。 ダービーが終われば次はアジア最強のマイル王を決する安田記念。今年は香港か

記事を読む

阪神競馬場2

★2016マーメイドステークス(G3)★アノ関係者の本命馬を限定公開!

管理人です。 毎年のように予想する上で頭を悩ますマーメイドS。それもそのはず 夏場の牝馬限定

記事を読む

サトノダイヤモンド

【徹底検証】きさらぎ賞(G3)は5億円対決サトノダイヤモンドVSロイカバードの一騎打ちなのか?

管理人です。 今年のきさらぎ賞はサトノダイヤモンド・ロイカバードという2頭のセレクトセールで

記事を読む

free08

【金鯱賞2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 金鯱賞へ向けての最終負い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。G1大阪杯へ向

記事を読む