【2016 京成杯オータムH(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/09/07 重賞展望 , , ,

日 中山 京成杯オータムH!

nakayama_keiba

G3の1600m芝 ハンデ戦。目指すは京都のマイルCSか…
夏場に活躍した馬に注目されやすいが、ソロソロ疲れも出る頃。
力のある休養馬からは目が離せぬはず。

※ ポイント

☆ カフェブリリアント 54k
ヴィクトリアM 15着の後はリフレッシュ放牧に。
マイルは3勝を挙げ得意の距離だが、なぜか右回りに良績がない。
今回は戸崎騎手を起用する。休養の効果と共に、注目してみたいが。

☆ クラリティスカイ 57.5k
関屋記念は10k増の馬体が応えたのか、8着と結果を出せず。
NHKマイルの勝ち馬でもあり、このままでは終われないはず。
ここは、勝ち負けよりも、次に繋がる結果を求めているのでは…

☆ シベリアンスパーブ 54k
チャレンジCの3着、京都金杯の4着はあるが、その後は今ひとつの内容。
早めの夏休みに入り、ここは立て直しを図っての一戦となる。
休養した効果を問いたい。

☆ ダイワリベラル 56k
オープン特別か勝ったが、その後の重賞レース3戦では結果を出せず。
中山コースは得意で、マイル戦は連勝しているだけに、
ここは休ませた効果に期待したいところ。

☆ ダノンプラチナ 58k
香港遠征や、2月の東京新聞杯で結果は出せなかったが、
朝日杯FSで勝利し、富士Sでも勝っているように、能力が高いことは間違いない。
発馬が悪く、後ろからしか競馬ができないのは大きなマイナス点だが、
G3メンバーなら、いきなり勝ち負けしてもおかしくない。
ブランクが長いので、うまくスタートが切れるかどうかが鍵になる。

☆ ダノンリバティ 56k
中京記念 5着でメドを立て、前走の関屋記念 2着で、マイル戦に手応えを掴んでいる。
中山は2度経験して 5着と8着の成績なので、得意コースとは言えないが、
ここで上位争いをするようなら、本物と見なければなるまい。
同馬にとっては重要な一戦と言える。

☆ ダンスアミーガ 53k
オープン入りしてからは、善戦の域から なかなか抜け出せていない。
しかし、中京記念 4着、関屋記念 4着と、頑張っているのも確か。
チョットしたキッカケがあれば、一歩 踏み出せるかもしれない。

☆ トウショウドラフタ 54k
ここまでの4勝すべてが1400mであり、1600mになると終い切れない。
NHKマイルで善戦しているが、勝ち負けするパワーは備えていない。

☆ ピークトラム 56k
谷川岳Sを勝利し、中京記念2着で、関屋記念がまさかの11着の成績。
小牧太騎手は『これまでと違い、馬込みでの競馬が応えたのかも』と。
前走だけで見限るのは早計というもの。
巻き返しに期待するのも一考と思うが…

☆ ラングレー 56k
オープン特別なら上位争いできるが、重賞メンバーに入ると掲示板がやっと。
今回は叩き2走目になるが、メンバー強力で強くは推せない。

☆ ロードクエスト 55k
NHKマイル 2着、2000m皐月賞 8着、2400m日本ダービー 11着。
このことから、秋からの方向性はハッキリした。
京都のマイルCSに向け、ここから始動する。
G1馬になるためにも、今回は次に繋がる結果がほしいところ。

レベルの高い3歳馬、ロードクエストに注目が集まる!

【勝負馬券】 高松宮記念(G1)ズバリ!的中狙う究極の3連単予想はこの買い目!

【特別情報】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

京都競馬場4

【2015マイラーズC(G2)】出走予定馬の能力分析

京都 マイラーズC! この先には G I 安田記念が待っている前哨戦。 1着の出走権

記事を読む

新潟競馬場2

【5/10(日)新潟11R新潟大賞典(G3)】出走馬短評とレース展望

新潟 新潟大賞典! 新潟ファンには夏を感じさせる名物レース。 近年は1番人気がアテに

記事を読む

no image

【中山金杯2017】1週前出走馬動向をチェック!

2017年1月5日の中山は中山金杯です! 4歳 オープン 中山金杯 2000m芝 G3 ハンデ

記事を読む

SONY DSC

【4/18(土)阪神11RアンタレスS(G3)】出走馬短評と展望

阪神 アンタレスS! 若い4歳、充実の5歳馬が活躍している同レース。 過去にゴルトブ

記事を読む

クイーンズリング

【3/15阪神11Rフィリーズレビュー(G2)】馬券分析・予想

フィリーズレビュー・馬券分析! 持ち賞金1000万以上の馬は勝敗にこだわらず、 余裕

記事を読む