【レース回顧】2016 キーンランドC(G3)~ブランボヌールが突っ込む!

keenlandc

キーンランドCはブランボヌールが突っ込む!

1着馬にはスプリンターズSへの優先出走権が与えられる。

内から果敢にシュウジが攻めの競馬でハナに立つ。
道中はマイペースに思えたが、微妙にペースが速かったのだろう。
直線半ばで息切れ状態になってしまう。
そこへ、外から渋太く詰め寄ってきたのが20k増のブランボヌール。
51kの軽量も手伝って、ゴール前で抜き去ってしまう。
勝ち時計 1分08秒5、上がり 45.5-34.4。
函館SSがそうだったように、今回も外枠がラッキーナンバーに。

シュウジのモレイラ騎手は自信を持っての騎乗だったが、
重賞メンバーは甘くなかった…

3着は前走がフロックではなかったレッツゴードンキの突っ込み。
ただ、あと一歩の伸びが物足りなかった。

エポワスは使い込んで、精彩のない走りだったし、

セカンドテーブルが出遅れが敗因のすべて。

ソルヴェイグはモマれる競馬になってしまった。

ナックビーナスは見せ場は作ったが、早め早めの競馬で息が保たず。

サトノルパンは体はできていたが、本来の走りは見られず…

これで、スプリンターズSは同型勝負服のベルカントと一緒に走ることに…

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

リオンディーズ1

【レース回顧】2015朝日杯FS(G1)~リオンディーズが制覇!

阪神 朝日杯フューチュリティーステークスはリオンディーズが制覇! 新馬戦に続き、デイリ

記事を読む

シュウジ1

【レース回顧】2015小倉2歳ステークス(G3)~シュウジ

小倉2歳Sはシュウジが制覇し3連勝! 馬場状態だけが気になった、シュウジの小倉2歳ステ

記事を読む

neoriarizmu

【レース回顧】2016札幌記念(G2)~ネオリアリズムの作戦勝ち!

札幌記念はネオリアリズムの作戦勝ち! 台風の影響を受け、緩い馬場状態の中で札幌記念がスタートを

記事を読む

コパノリッキー2

東海S・コパノリッキー

東海S・コパノリッキー! 暮れに行われたチャンピオンズC再戦の様相。 優勝馬にはフェ

記事を読む

レーザーバレット

【レース回顧】2015兵庫ゴールドトロフィー(Jpn3)~レーザーバレットが優勝!

兵庫ゴールドトロフィーはレーザーバレット優勝! 兵庫ゴールドトロフィー Jpn ? 1

記事を読む