【レース回顧】2016札幌記念(G2)~ネオリアリズムの作戦勝ち!

公開日: : 重賞回顧 ,

neoriarizmu

札幌記念はネオリアリズムの作戦勝ち!

台風の影響を受け、緩い馬場状態の中で札幌記念がスタートを切った。
その日は馬場のせいか、先行馬の活躍が目立っていた…

その傾向を読んでか、ルメール騎手のネオリアリズムが逃げの作戦。
競りかけてくる馬はなく、1000mを59秒9での逃げ。
直線を向くと、詰め寄られるどころか、引き離す勝ちっぷり。
勝ち時計 2分01秒7、上がり 49.6-36.9。
ルメール騎手の作戦勝ちでもあった。

2着はモーリス。仕上がりは良かったし、落ち着きもあった。
道中は行きたがるのをなだめ、脚を溜める作戦。
勝負どころから上がって行ったが、馬場も悪く、ジリジリとしか伸びず。

3着は3歳馬のレインボーラインだが、勝敗が決した後での伸び。
馬体は成長途上にあり、本格化するのはまだ先。

ヌーヴォレコルトは予想通り?馬体細化の登場となった。
張りはなく、活躍した頃の馬体とは程遠かった…

ヤマカツエースは荒れ馬場で活躍するかと思われたが、ジリッぽさは相変わらず。

小倉ではベルカントが、札幌ではモーリスが、1番人気に応えることができなかった…

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

uma_01

【小倉大賞典2017結果/レース回顧】マルターズアポジーが逃げ切る!

☆ 小倉大賞典は マルターズアポジーの逃げ切り! 2017/2/19(日)開催 小倉11R 小

記事を読む

アクティブミノル

【レース回顧】2015セントウルステークス~アクティブミノル

セントウルSはアクティブミノルが逃げ切る! 中山のスプリンターズSを前にしての一戦。

記事を読む

ダンツプリウスNZT

【レース回顧】2016ニュージーランドトロフィー(G2)~ダンツプリウスが混戦を断つ!

ニュージーランドTはダンツプリウスが混戦を断つ! 上位3頭にNHKマイルカップの優先権が与

記事を読む

ゴールドシップ3

【レース回顧】2015阪神大賞典(G2)~ゴールドシップ

阪神大賞典・ゴールドシップ! パドックでのゴールドシップは馬体が絞れ張りも上々。 こ

記事を読む

アルバート1

【レース回顧】2015ステイヤーズステークス(G2)~アルバートの快勝!

中山 ステイヤーズSはアルバートの快勝! スタミナと道中の折り合いがカギになる長丁場。

記事を読む