【2016 エルムステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/08/09 重賞展望 , ,

日 札幌 エルムステークス!

sapporokeiba

オープンの1700mダート別定戦 G 3 戦。
函館のマリーンS組に、昨年の覇者ジェベルムーサも参戦。
熱い闘いが繰り広げられ、楽しみな一戦とも言える。

※ ポイント

☆ クリノスターオー
マーチS 5着、平安S 2着、昨年のエルムSは4着。
大きく崩れることはないが、勝ち味に遅いことも事実。
すべては4角で気を抜く気性からきていると思われる。
思い切った早仕掛けが面白いかもしれないが…

☆ ジェベルムーサ
昨年のエルムSを制した馬。
その後は休養に入り、今年の5月に戦線に復帰した。
長期休養明けを叩いた効果はどこまであるのか?
その度合いが明暗を分けるだろう。
昨年とコンビを組んだ岩田騎手だけに、無様な競馬は考えられないが。

☆ ショウナンアポロン
潜在能力は高いが、強さとモロさを同居した馬。
アンタレスS、平安Sのように先手が取れないとサッパリ。
しかし、マーチSのように先手が取れると実に渋太い。
前走の函館戦は2番手から競馬をし、手応えを掴んだ勝利でもあった。
相手強化は歴然だが、前走同様の走りを見せても驚けない。

☆ ナリタスーパーワン
後方からの競馬になるので、他力本願タイプと言える。
前でガリガリやってくれないと、なかなか勝ち負けはできない。
今回が休み明け3走目、ここはギリギリの仕上がりになりそう。

☆ ヒラボクプリンス
マリーンSではショウナンアポロンを追い詰めての2着。
昨年のマリーンS 2着の後、エルムSに挑んで7着だった。
そのことからも、アテにできそうで できない馬とも言える。

☆ ブライトライン
長期ブランクから復帰して、3着、3着、1着、4着の成績。
前走4着は休み明けだったので、上積みは見込めるが、
エルムSは、2013年3着、2014年10着だった。
これまでを見ると、パサパサ馬場での競馬が合っている。

☆ マルカフリート
この馬に1700mは長い感じがする。良績は1400mに集中している。
昨年のエルムSは6着、強く推す材料に乏しい。

☆ モンドクラッセ
ダート成績11戦6勝、その内の5勝が1700mでのもの。
休養明けの大沼Sを勝ち、勢いに乗った5歳馬とも言える。
まだまだ底を見せておらず、ここで勝ち負けしても何らおかしくない。

☆ リッカルド
一歩ずつ昇り詰めて、前走 1600万条件を勝利してのオープン入り。
今回は初めての札幌であり、初めての重賞レースになる。
別定戦だけに、条件的には厳しい…

☆ ロワジャルダン
みやこSを勝利し、G I のチャンピオンズC 4着、フェブラリーS 5
着は立派だが、
その後の2戦は今ひとつ物足りない成績に終わっている。
1700mは2戦2勝だが、札幌コースは初めてになる。
どちらかと言えば、下が締まった馬場を歓迎する。

馬券の鍵は、展開が握っていると言えそうだが…

【特別公開】 中山記念(G2)リアルスティールを負かすならコノ馬です!

【注目情報】 阪急杯(G3)シュウジを凌ぐ絶好仕上げの狙い◎本命馬はこの馬だ!!

【動き絶好】 ★アーリントンC(G3)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ブチコ2

【2015チューリップ賞(G3)】重賞展望

西・チューリップ賞! いよいよ桜花賞の甘い香りが漂ってきた。 上位3頭に優先出走権が

記事を読む

クルミナル

【2015チューリップ賞(G3)】馬券検討・予想

チューリップ賞・馬券検討! 持ち賞金1000万以上の馬は桜花賞への出走は可能だが、

記事を読む

宝塚記念2016

【2016宝塚記念(G1)】今年の宝塚記念は何かが違う!

☆今年の宝塚記念は何かが違う! 前半の競馬の締めくくりは、ファン投票による宝塚記念です。

記事を読む

hanshin_keiba

【2016 セントウルS(G2)】出走馬短評と予想のポイント

日 阪神 セントウルステークス! 1着馬にはスプリンターズSへの優先出走権が与えられる

記事を読む

republic_of_argentina_cup

【アルゼンチン共和国杯2016】1週前出走馬動向をチェック!

11月6日の東京はアルゼンチン共和国杯です! アルゼンチン共和国杯 3歳以上オープン

記事を読む