【競馬コラム】一見は 無気力競馬だが…

公開日: : 最終更新日:2016/08/08 競馬コラム , ,

★一見は 無気力競馬だが…

keiba

ファンは勝ち負けすることを信じて馬券を買う。
『 この馬能力なら大丈夫!』『 この騎手の腕なら何とかしてくれる!』
ゴール前は必ず粘ってくれる、伸びてくれる…

しかし、現実はそうもいかず、期待を裏切ることは当たり前?
道中を見ていると、騎手が思い通りの騎乗をしてくれず、
直線に入っても必死で追ってくれない。
確かに、そんな声は多い…

キャリアが浅かったり、なかなか勝ち鞍が伸ばせない騎手は最後まで必死だが、
乗り鞍は多く、成績もそれなりに挙げている騎手は諦めも早い。
それは、競馬の前に乗る馬の成績を見て、どれくらいの着順かを推測しているから。
たまに、ハマって大駆けするケースはあるが…

ファンが馬券を買っていることは頭になく、何とかしようとする気概もない。
予想子の印が並び、人気して負けても、
「 あんたらが勝手に人気してるだけやろ!」と開き直る騎手さえいる。

しかし、それがすべてではないことも知ってほしい。
成績を挙げている騎手が、終い追わないケースだが、
『 もう余力が残っておらず、それ以上 追うと馬の負担が増すだけ 』
現役の頃、突っ込んで質問すると、そんな答えが返ってきた。

福永騎手のお父さんの福永洋一騎手が現役の時は、
しっかり勝ち鞍を量産していたが、レースから上がってきた馬は、
ビッシリとステッキを入れられ、臀部がミミズ腫れしていて、
元の姿に戻るのに時間を要したと、よく耳にしたもの…

勝ち負けできないと、すぐレースを投げてしまう騎手も確かにいるが、
もうこれ以上は無理と、敢えて追うことをしない騎手もいる。
『 無気力競馬 』をする騎手もいれば、馬のことを考えて追わない騎手もいる。

我々が 100m、200mを走った時、
もう余力がない時に、いくら激励されても、ひと伸びできないのがソレ。

馬券が外れたら、どこかに責任転嫁を図りたい気持ちはよく分かるが、
馬が一杯一杯の時は、騎手も責めないでほしいのです。

その馬を選んだ自分の責任と、諦めるのが得策かと…

【福島開幕】 ★ラジオNIKKEI賞(G3)予想に役立つ出走馬分析情報★

【中京開幕】 『CBC賞を的中したい人必見』出走馬分析&データ分析はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

フェノーメノ

【競馬コラム】頑張れ!フェノーメノ

頑張れ!フェノーメノ 2013年と2014年の春の天皇賞を制したフェノーメノ。 3連

記事を読む

makahiki

【競馬コラム】マカヒキは凱旋門賞を勝てるのか?

☆ マカヒキは凱旋門賞を勝てるのか? 昔に比べれば、日本馬のクオリティーが高くなり、

記事を読む

池添親子

【競馬コラム】池添親子

☆  池添親子! 私が競馬の社会に足を踏み入れた頃の その昔、 大久保正厩舎があり、そこに

記事を読む

free24

【競馬コラム】田辺騎手は好調キープ!

☆ 田辺騎手は好調キープ! 新しい年も1カ月を経過し、いよいよ本格的な競馬シーズンを迎えようと

記事を読む

ゴールデンホーン

凱旋門賞 トレヴ 3連覇成らず!

凱旋門賞 トレヴの3連覇 成らず! 昨年までと違い、今年は日本馬の参戦がなく、マスコミ

記事を読む