【競馬コラム】一見は 無気力競馬だが…

公開日: : 最終更新日:2016/08/08 競馬コラム , ,

★一見は 無気力競馬だが…

keiba

ファンは勝ち負けすることを信じて馬券を買う。
『 この馬能力なら大丈夫!』『 この騎手の腕なら何とかしてくれる!』
ゴール前は必ず粘ってくれる、伸びてくれる…

しかし、現実はそうもいかず、期待を裏切ることは当たり前?
道中を見ていると、騎手が思い通りの騎乗をしてくれず、
直線に入っても必死で追ってくれない。
確かに、そんな声は多い…

キャリアが浅かったり、なかなか勝ち鞍が伸ばせない騎手は最後まで必死だが、
乗り鞍は多く、成績もそれなりに挙げている騎手は諦めも早い。
それは、競馬の前に乗る馬の成績を見て、どれくらいの着順かを推測しているから。
たまに、ハマって大駆けするケースはあるが…

ファンが馬券を買っていることは頭になく、何とかしようとする気概もない。
予想子の印が並び、人気して負けても、
「 あんたらが勝手に人気してるだけやろ!」と開き直る騎手さえいる。

しかし、それがすべてではないことも知ってほしい。
成績を挙げている騎手が、終い追わないケースだが、
『 もう余力が残っておらず、それ以上 追うと馬の負担が増すだけ 』
現役の頃、突っ込んで質問すると、そんな答えが返ってきた。

福永騎手のお父さんの福永洋一騎手が現役の時は、
しっかり勝ち鞍を量産していたが、レースから上がってきた馬は、
ビッシリとステッキを入れられ、臀部がミミズ腫れしていて、
元の姿に戻るのに時間を要したと、よく耳にしたもの…

勝ち負けできないと、すぐレースを投げてしまう騎手も確かにいるが、
もうこれ以上は無理と、敢えて追うことをしない騎手もいる。
『 無気力競馬 』をする騎手もいれば、馬のことを考えて追わない騎手もいる。

我々が 100m、200mを走った時、
もう余力がない時に、いくら激励されても、ひと伸びできないのがソレ。

馬券が外れたら、どこかに責任転嫁を図りたい気持ちはよく分かるが、
馬が一杯一杯の時は、騎手も責めないでほしいのです。

その馬を選んだ自分の責任と、諦めるのが得策かと…

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ホッコータルマエ川崎記念

【競馬コラム】ホッコータルマエが今期もドバイ遠征?

ホッコータルマエが今期もドバイ遠征? 先日 JRA からドバイ競走の予備登録馬が発表されま

記事を読む

調教風景

【競馬コラム】調教師のコメントはどこまで信じられる?

調教師のコメント! 私の担当は時計班でなく、厩舎回りだった。 厩舎に出向き、調教

記事を読む

no image

ありがとうございました!

☆ 一年間 ありがとうございました! 2016年も今日で最後となりました。 みなさんの今

記事を読む

日高雪

【競馬コラム】雪を喜ぶ競走馬!

雪を喜ぶ競走馬 ⁉︎ 1月20日の栗東は朝から雪が積もり “ 午後乗り ” に。 追

記事を読む

小倉競馬場景色

【競馬コラム】冬の小倉はふぐ鍋だが…

冬の小倉はふぐ鍋だが… 以前は年が明けると 小倉開催が待っていたが、 今年は1月16日か

記事を読む