【競馬コラム】現地競馬と輸送競馬の再確認!

公開日: : 最終更新日:2016/08/01 競馬コラム , ,

☆  現地競馬と輸送競馬の再確認!

yusokeiba
夏競馬は、小倉、札幌ともに競馬場に入厩しての競馬になります。

ご存知の方も多いでしょうが、人間は忘れやすいので、
再確認の意味で整理することにしました。

ベースは美浦トレセン、栗東トレセンになり、そこから各競馬場に輸送されます。
しかし、夏の小倉や札幌競馬は仕組みの事情がチョット変わってきます。

出張先での馬房は決められており、すべての馬が入厩することは叶いません。
要は、馬の入れ替えをしながら競馬をするのです。

小倉競馬ですと、
輸送難のある馬やイレ込む馬は、あらかじめ現地に入厩させます。
馬が落ち着くし、競馬当日に輸送がないので、持っている力をフルに発揮できます。
その他は、水曜、木曜に栗東で追い切り、木曜日か金曜日に小倉に向け輸送します。
これらの馬も、前日には現地に着いていますから、当日の輸送はありません。

競馬が終わると、その成績によっては、栗東に引き上げたり、小倉に残したりします。
今は馬運車も装備が整っていますから、馬の負担は軽減されますが、
それでも、長旅ですから、疲れは蓄積されていきます。

では、栗東輸送組と小倉滞在組の見分け方は??
それを見分けるのは調教欄です。
追い切り場所が栗東なら、追い切って輸送していますし、
小倉になっていれば、その馬は滞在していることになります。
どちらが有利とは言えませんが、常識的には滞在馬に利があるでしょう。

札幌競馬ですが、こちらは直前輸送というわけにはいきませんが、
札幌競馬場で調整している馬と、函館競馬場から輸送する馬との闘いになります。
これも馬房制限がありますから、すべて札幌滞在というわけにはいかないのです。

函館組は、当日に輸送して競馬をするわけですから、
札幌滞在馬に比べるとリスクを背負うことになります。
すべて滞在組が有利とは言えませんが、知っておいて損はないはずです。

こちらも、追い切り場所を紙面で確認すれば、滞在競馬かそうでないか分かります。
函館競馬はすべての馬が現地競馬でしたが、
札幌競馬は函館輸送組と札幌滞在組との闘いになるというわけです。

納得して馬券を買う方が、結果は外れてもショックは少ないはずです。

これから秋口までローカル競馬は続きますから、
ひとつのファクターとして捉えておいてほしいのです…

【必勝情報】 日経新春杯(G2)自信の◎!3連単予想を独占公開中!

【必見情報】 ★AJCC(G2)出走馬徹底分析予想はコチラから★

【特別公開】 東海ステークス(G2)中京ダート必勝情報を公開中!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

馬運車1

【競馬豆知識】輸送熱

豆知識・輸送熱! 西は小倉、北は札幌競馬を終えた馬が、それぞれのトレセンに引き揚げてき

記事を読む

京都競馬場6

【競馬コラム】第4回京都はレコード開催

第4回 京都はレコード開催! 東京競馬は6月末から、3カ月間開いての開催になりますが、

記事を読む

ゴールドシップ共同通信杯

【2015有馬記念(G1)】ゴールドシップが乗り替わりになる件について

有馬記念でゴールドシップが乗り替わり⁉︎ 有馬記念がラストランになるゴールドシップ。

記事を読む

東京パドック

【競馬コラム】秋競馬の馬体変動は自分の目で

秋競馬の馬体変動は自分の目で確認を! 馬券購入の上において重要なファクターのひとつが馬

記事を読む

モーニンフェブラリーS

【競馬コラム】GIレースでの枠順の優劣!

GIレースでの枠順の優劣! 今年は、これまでに平地のGI レースは 6鞍が終わっている。

記事を読む