【2016クイーンステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

日  札幌  クイーンS!  
札幌競馬場1
1番人気が安定した上位争いを演じている傾向にあるが、
逃げ馬や先行馬の粘り込みはなかなか難しいとのデータも。
開幕週で芝のコンディションは上々、時計が遅くなることはない。

※  ポイント

☆ ウインプリメーラ
ヴィクトリアMこそ11着に敗れているが、年明けの京都金杯を勝利し、
阪神牝馬S 3着、京都牝馬S 3着の実績の持ち主。
札幌は初見参になるが、実力は上位の存在だけに、軽く扱うことはできない。
目下絶好調の福永騎手でもあるので。

☆ キャットコイン
デビューから3連勝した馬だが、その後の成績は冴えず、春から休養に。
この休みで、どこまで馬が良くなっているか…
活躍のキッカケになる走りができるといいのだが。

☆ シャルール
3連勝して臨んだ福島牝馬Sの2着はよかったが、ヴィクトリアMは18着。
札幌、1800mは条件に叶うので、G3 戦なら巻き返しがあっても…

☆ ダンツキャンサー
前走の1400mで2着だが、1600m以上の距離で勝ち負けはない。
勝ち鞍を見ると、1400mと1500mだけで、短距離向きのイメージが強い。

☆ チェッキーノ
オークス2着の後、ひと息入れて疲れを癒している。
これまで5戦し1着3回、2着2回、まったく底を見せていない。
札幌コース、1800mは未知数だが、ここ大きく崩れるとは思えない。
斤量は52kは魅力。不安より、楽しみの方が大きい。

☆ ナムラアン
それまではよかったが、前走のマーメイドSがまさかの9着。
まだ重賞メンバーで互角に闘える力はないのだろうか?
1800mは4勝しているが、力のいる洋芝には心配が残る。
今回が正念場の一戦になりそう。

☆ ビービーバーレル
芝の1600mで2勝を挙げているが、桜花賞は9着でキャリアの浅い3歳馬。
前走 2着はダート戦であり、まだ信用することはできない。

☆ マイネルグレヴィル
函館の巴賞 5着を叩いての臨戦過程。
これまで挙げた3勝すべてが1800mで、札幌は勝てないまでも2着2回。
変わる要素はあるが、果たしてどこまで…

☆ マコトブリジャール
福島牝馬Sで嬉しい初重賞制覇を果たしているが、
その前のチェレンジC、愛知杯では大敗しており、アテにできない面がある。
2014年のクイーンSでは6着の成績に終わっている。

☆ メイショウスザンナ
昨年の同レースの勝ち馬だが、なかなか好走が続かない気性の持ち主。
2走前の中山牝馬Sは3着だが、前走の福島牝馬Sは8着の成績。
今回うまく走ってくれるといいが何とも??

☆ リラヴァティ
パールS続き、マーメイドSも勝利し、勢いと共に札幌に乗り込む。
札幌は初めてだが、パワーは備えているので、洋芝は問題なさそう。
1800mは望むところなので、もしかすると3連勝があるかも…

☆ レッドリヴェール
昨年のクイーンS 2着の後の5戦は2桁着順が続いている。
デビューから3連勝したが、その後の勝ち鞍はない。
昨年は嵌まった感が強い。

☆ ロッテンマイヤー
忘れな草賞で2勝目を挙げ、意気揚々とオークスに臨んだが13着。
これまで4戦しか経験しておらず、まだまだ勉強が必要か…
ここで勝ち負けするようなら、秋が楽しみになるのだが。

3歳馬がどこまで太刀打ちできるかが焦点となる。

【大井競馬】 ※帝王賞(Jpn1)徹底分析予想はこちらから

【中京開幕】 CBC賞(G3)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

【福島開幕】 残念ダービー『ラジオNIKKEI賞(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

有馬記念1

【2015有馬記念(G1)】出走馬徹底分析[3]~マリアライト他

中山 有馬記念・徹底分析! 3 いよいよ今年の締めくくりになるグランプリレース。 ラ

記事を読む

free11

【日経賞2017】出走予定馬短評と予想のポイント

日経賞2017:予想のポイント 2017/3/25(土) 中山11R 日経賞 G2 芝2500

記事を読む

地方競馬2

シリウスステークス2017予想/馬券分析

シリウスステークス2017/馬券分析 2017/9/30(土) 阪神11R シリウスステークス

記事を読む

fuji_stakes

【富士ステークス2016】1週前出走馬動向をチェック!

10月22日の東京 富士ステークスにロードクエストが登場! 富士S 1600m芝 G3

記事を読む

中山競馬場3

【2016中山金杯(G3)】出走予定馬動向をチェック!

東の競馬の始まりは中山金杯です! 京都ではマイル戦の金杯が、中山は2000mの金杯です

記事を読む