☆2016クイーンステークス(G3)☆札幌競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2016/07/31 管理人おしらせ , ,

管理人です。
札幌競馬場
いよいよ夏の札幌競馬が開幕します!
注目はやはり札幌記念ということにもなるのでしょうが、
開幕週のクイーンSもしっかりとチェックし的中させたいレースの一つ。
今年は秋の活躍が注目される馬もエントリーしているだけに
出走馬を徹底分析して予想を的中させてしまいましょう!

チェッキーノフローラS
フローラSの勝ち馬にしてオークス2着のチェッキーノ
恐らくその実績からも1番人気に推されることでしょうが、
近年にクイーンSに挑戦した3歳馬の中においても最も実績のある馬と
言ってもいい馬でもあり、札幌の洋芝にも対応可能なパワーもありそうで
ここは仕上がりさえ良好ならば軸は鉄板かという評価ができる馬です。
まずはここを勝って、秋へ向けて視界良好と行きたいところではないでしょうか。

リラヴァティマーメイドS
古馬代表としてまだまだ3歳馬には負けられないリラヴァティ
前走マーメイドSで重賞初制覇してここは重賞連勝を狙います。
何よりも注目すべきは血統面か。妹にあたるシンハライトは
ここで人気になるであろうチェッキーノをオークスで負かして勝利。
姉の意地にかけてもチェッキーノには勝っておきたいところでしょうか。
先行しての粘りが身上の馬ですが、開幕週の札幌馬場を味方に
後続の末脚を封じ込めるような競馬ができればチャンス十分でしょう。

シャルール
初めてのG1挑戦は惨敗に終わったシャルールですが、実際展開的にも
激しい先行争いに巻き込まれただけでなくマイルの流れはこの馬にとって
厳しかったということも言えるだけにそこまでの悲観は無用か。
何より札幌コースは(1.2.0.0)と抜群の相性を誇るコースでもあり
ここで巻き返しての重賞初制覇の可能性もあると言っていい力はある馬です。

他にも昨年の勝ち馬、メイショウスザンナに2着のレッドリヴェール
3歳馬ではロッテンマイヤーあたりも人気になりそうなところではありますが
やはり人気上位の3頭中心の競馬と見ていいのではないかというのが
大方の見立てではある今年のクイーンステークスではあります。

さて、馬券はこの3頭中心に、と考える方が大半かもしれませんが
この3頭、よく見てみると共通点に気付きます。
社台グループ
宝塚記念でドゥラメンテこそ敗れたものの、マリアライトで制した
社台グループのクラブ法人所有馬ばかりなのです。
実はこの社台グループ法人、毎週のように重賞を制するような圧倒的
存在感を示していたのですが7月に入ってからは重賞は未勝利。
7月最後の週末となる今週末の重賞を意地でも獲るという意思表示。
そのようにも考えられるだけに、やはり人気馬で鉄板と思えるところ。

札幌競馬場パドック
とはいえ、そうはさせじと伏兵陣が水面下で暗躍しているという情報も
現地で取材を続けている人物からはチラホラと入り始めており
それこそ社台グループが崩れれば大波乱という構図になりそうな1戦において
注目しておきたい情報ともなっています。

馬券売場2

競馬で勝つには情報が命
とはよく聞く言葉ではありますが、それが情報の枯渇する夏競馬なら
尚更重要になってくることは言うまでもありません。
是非、確かな情報筋からの情報をしっかりと入手して
夏競馬を連戦連勝されることをお祈りしております!

 

【浦和競馬】 ※オーバルスプリント(Jpn3)中央VS地方!徹底分析予想はこちらから

【中山G1】 スプリンターズS(G1)必見のメイチ勝負馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free06

【共同通信杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 共同通信杯2017/追い切り注目馬 共同通信杯へ向けた最終追い切りが美浦・

記事を読む

大井競馬2

【アフター5スター賞2018予想】大井競馬を徹底予想!

今週の南関東競馬の注目レースはJBCスプリントへ向けても注目のアフター5スター賞。現在のトップス

記事を読む

地方競馬

【ダイオライト記念2018予想】船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 今週の船橋競馬場ではスタミナ自慢の強豪が全国から集うダイオライト記念が発走となり

記事を読む

S__4595717

【函館スプリントステークス2018枠順・追い切り・コメント】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 函館スプリントステークスへ向けての最終追い切りが函館競馬場で実施されました。函館

記事を読む

free05

【優駿牝馬(オークス)2018予想オッズ人気上位馬は買いか消しか?】

管理人です。 3歳牝馬にとっては一生に一度の舞台、オークスがいよいよ今週末の東京競馬場

記事を読む