★2016マーキュリーカップ(Jpn3)★盛岡競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2016/07/19 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
マーキュリーカップ
中央競馬開催の土日が終わってもこの3連休は7/18(祝月)海の日に
盛岡競馬場でマーキュリーカップ(Jpn3)が開催されます。
3連休の最終日の重賞をきっちりと的中させて夏本番を迎えるために
しっかりと出走馬をチェックして予想をしておきましょう!

ユーロビート
昨年の覇者ユーロビートが今年も南関東代表として参戦してきます。
今季も古豪は健在。前走とて帝王賞で中央馬に混じって5着と健闘しており
コース適性も示しているだけに今年の活躍も十分に期待できそう。
今や地方競馬といえば吉原騎手とまで言われる程に大活躍の金沢所属
吉原騎手を背に地方馬ながらの連覇を狙いますが可能性は十分にアリでしょう。

ケイアイレオーネ
ただ、今年はユーロビートよりもこちらの南関東代表が人気となりそう。
大井記念を圧勝して臨むケイアイレオーネは2連勝中と勢いにのってここへ。
前走でユーロビートを突き放しての圧勝だけに実力的にはこちらが上か。
中央時代にもシリウスステークスを制しているようにダート中距離は得意。
ここで中央馬撃破の可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。

ソリタリーキング
実績だけならNo.1の中央馬ソリタリーキングは3年前のマーキュリーカップ
勝ち馬であることは忘れてはなりません。交流重賞ならば常に崩れなく
走ってきているだけにここも大崩れは考え難いところではありますが
何しろ昨年の12月以来の実戦となるだけにそのあたりは割引材料か。
58kgを背負うというのも他馬と比較すれば不利は不利となります。
とはいえそんな要素が嫌われて人気が薄くなるようであれば買っておきたい
それだけのポテンシャルはまだ秘めている馬であると言えるでしょう。

マイネルバイカ3
マイネルバイカも中央馬として意地を見せたいところではないでしょうか。
年明け3戦は入着止まりと勝ち切れていませんが、暮れの2戦は
白山大賞典で重賞を制すると、続くベテルギウスSではアスカノロマンを負かして
勝利と連勝しているように力があるところは示しています。
休み明けにはなりますが、それが嫌われるようであれば敢えて狙ってみるのも
一つの手であることは言うまでもないのではないでしょうか。

他にも中央馬からは佐賀記念勝ちのストロングサウザーマイネルバウンス
地方からは昨年のこのレース4着のタイムズアローやMデムーロ騎手騎乗が怖い
クラージュドールも南関東から遠征をしているだけにこれはもはや
中央馬だから買いという図式は成り立たない交流重賞と言えるではないでしょうか。

では馬券はどう買うか?いくら混戦とはいえ、交流重賞だけに
あれもこれもと買い目を広げていては的中してもトリガミといった
悲しい思いをしてしまう可能性があります。
ここはどのように馬券を組み立てるかが鍵となるレースと言えるでしょう。

 

 

ジャパンジョッキーズカップ
当日は中央騎手VS地方騎手で行われるジャパンジョッキーズカップも
開催されるということで馬だけでなく騎手にも注目の盛岡競馬。
交流重賞のマーキュリーカップだけでなくこれらの特別レースも
是非注目の上、しっかりとした予想で的中をゲットしてしまいましょう!

 

【大井競馬】 ※帝王賞(Jpn1)徹底分析予想はこちらから

【中京開幕】 CBC賞(G3)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

【福島開幕】 残念ダービー『ラジオNIKKEI賞(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

新潟春競馬

★緊急速報★2016新潟大賞典(G3)急浮上の特注馬情報!

管理人です。 NHKマイルカップの直前に発走となる新潟大賞典(G3) 実はNHKマイルCより

記事を読む

調教スタンド

☆2016小倉記念(G3)追い切り☆予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 小倉記念へ向けての最終追い切りが栗東トレセン・小倉競馬場で実施されました。 来

記事を読む

【エリザベス女王杯2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 今年の最強牝馬を決する時がきました。今週末はエリザベス女王杯が京都競馬場

記事を読む

新聞

【安田記念2017枠順・馬場・陣営コメント】予想に役立つ直前情報

管理人です。 馬券的中に直結。安田記念の枠順から有利な馬、不利な馬は?また当日の馬場状

記事を読む

free10

【金鯱賞2018予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 春のG1大阪杯へ向けて注目の金鯱賞が今週末の中京競馬場で発走となります。注目は昨

記事を読む