★2016マーキュリーカップ(Jpn3)★盛岡競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2016/07/19 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
マーキュリーカップ
中央競馬開催の土日が終わってもこの3連休は7/18(祝月)海の日に
盛岡競馬場でマーキュリーカップ(Jpn3)が開催されます。
3連休の最終日の重賞をきっちりと的中させて夏本番を迎えるために
しっかりと出走馬をチェックして予想をしておきましょう!

ユーロビート
昨年の覇者ユーロビートが今年も南関東代表として参戦してきます。
今季も古豪は健在。前走とて帝王賞で中央馬に混じって5着と健闘しており
コース適性も示しているだけに今年の活躍も十分に期待できそう。
今や地方競馬といえば吉原騎手とまで言われる程に大活躍の金沢所属
吉原騎手を背に地方馬ながらの連覇を狙いますが可能性は十分にアリでしょう。

ケイアイレオーネ
ただ、今年はユーロビートよりもこちらの南関東代表が人気となりそう。
大井記念を圧勝して臨むケイアイレオーネは2連勝中と勢いにのってここへ。
前走でユーロビートを突き放しての圧勝だけに実力的にはこちらが上か。
中央時代にもシリウスステークスを制しているようにダート中距離は得意。
ここで中央馬撃破の可能性は十分にあると言えるのではないでしょうか。

ソリタリーキング
実績だけならNo.1の中央馬ソリタリーキングは3年前のマーキュリーカップ
勝ち馬であることは忘れてはなりません。交流重賞ならば常に崩れなく
走ってきているだけにここも大崩れは考え難いところではありますが
何しろ昨年の12月以来の実戦となるだけにそのあたりは割引材料か。
58kgを背負うというのも他馬と比較すれば不利は不利となります。
とはいえそんな要素が嫌われて人気が薄くなるようであれば買っておきたい
それだけのポテンシャルはまだ秘めている馬であると言えるでしょう。

マイネルバイカ3
マイネルバイカも中央馬として意地を見せたいところではないでしょうか。
年明け3戦は入着止まりと勝ち切れていませんが、暮れの2戦は
白山大賞典で重賞を制すると、続くベテルギウスSではアスカノロマンを負かして
勝利と連勝しているように力があるところは示しています。
休み明けにはなりますが、それが嫌われるようであれば敢えて狙ってみるのも
一つの手であることは言うまでもないのではないでしょうか。

他にも中央馬からは佐賀記念勝ちのストロングサウザーマイネルバウンス
地方からは昨年のこのレース4着のタイムズアローやMデムーロ騎手騎乗が怖い
クラージュドールも南関東から遠征をしているだけにこれはもはや
中央馬だから買いという図式は成り立たない交流重賞と言えるではないでしょうか。

では馬券はどう買うか?いくら混戦とはいえ、交流重賞だけに
あれもこれもと買い目を広げていては的中してもトリガミといった
悲しい思いをしてしまう可能性があります。
ここはどのように馬券を組み立てるかが鍵となるレースと言えるでしょう。

 

 

ジャパンジョッキーズカップ
当日は中央騎手VS地方騎手で行われるジャパンジョッキーズカップも
開催されるということで馬だけでなく騎手にも注目の盛岡競馬。
交流重賞のマーキュリーカップだけでなくこれらの特別レースも
是非注目の上、しっかりとした予想で的中をゲットしてしまいましょう!

 

【動き絶好】 チャンピオンズC(G1)自信の◎!3連単予想を独占公開中!

【徹底予想】 チャンピオンズカップ(G1)馬券を的中させたい人必見!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京大賞典

【2015東京大賞典(G1)】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 有馬記念はゴールドアクターの勝利で幕を閉じましたが2015年の競馬はまだ終わって

記事を読む

マイルCS南部杯3

【マイルチャンピオンシップ南部杯2016】盛岡競馬を徹底予想!

管理人です。 10月10日(祝)はJRAの3日間開催の最終日というだけではなく、 盛岡競馬で

記事を読む

京都競馬場4

★2016シンザン記念(G3)★予想する上で知っておきたい関係者の思惑とは?

管理人です。 名馬シンザンの名を冠したシンザン記念は50回目の節目の年を迎える。 過去にはオ

記事を読む

中京競馬場

★2016高松宮記念(G1)徹底予想★予想オッズから狙う注目馬とは?

管理人です。 いよいよ春のG1シーズンの到来を告げるG1高松宮記念が迫ってきました。 香港か

記事を読む

有馬記念1

★2015有馬記念(G1)オフレコ馬券予想情報★アノ関係者の思惑とは?

さあいよいよ有馬記念の発走が日曜日に迫ってきました!皆さんもう予想、本命馬はお決まりですか?

記事を読む