日経賞

公開日: : 過去の記事

日経賞!

一昨年はネコパンチの逃げ切りで大波乱。
しかし、全体的には人気上位馬が活躍している。
今回の注目はなんと言ってもフェノーメノの走り。
昨年の覇者であり、関東期待の1頭なのだから…

※  アスカクリチャン
距離はアルゼンチン共和国杯勝ちがあるが、
コースはどちらかと言えば東京向き。
今回は別定斤量で4カ月振りの実戦になる。
7歳馬でもあり、割引材料が多過ぎて…

※  アドマイヤフライト
まだまだ伸びしろがある馬。
前走は昇級戦と重賞戦をクリアしての2着。
ノドの心配はあるが、走りから神経質になることはない。
問題は距離よりもトリッキーな中山コースでは。
すべては鞍上の内田博Jの騎乗にかかっている。

※  ウインバリアシオン
一昨年の同レースの2着馬。
さすが!と思わせたのは1年5カ月振りの金鯱賞。
あの3着が実力であることを有馬記念で証明している。
天皇賞前のひと叩きだが、56kのここは好勝負必至。
あとは岩田騎手に任せておけばいい。

※  オーシャンブルー
“ ムラ駆け ” で、走ってみないと結果はわからない。
好走が続かないのも この馬の特徴?でもある。
56kの斤量と鞍上は魅力一杯だが、
軸扱いで買うには危険が多き過ぎる感じがする。

※  サトノアポロ
中日新聞杯をレコード勝ちしたまではよかったが、
その後の3戦が今ひとつで、挙句に骨折のアクシデント。
6カ月の休養を余儀なくされてしまった。
今回は勝ち負けより、次に繋がる走りができるかが焦点に。

※  ジャガーメール
勝利まであと一歩のところまできたが叶わず。
今回は長いブランク明けの一戦となる。
気づけば10歳の春を迎えることに…
復活して欲しいが現実は厳しくて。

※  フェノーメノ
昨年はこのレースを1番人気に応える走りを見せた。
その次の天皇賞も制している実力馬。
今回も同じパターンで天皇賞に挑むが、
昨年と違うのはブランクが4カ月から9カ月になること。
斤量も昨年とは2k増えて58kとなる。
乗り込み量は豊富でも、正直なところは半信半疑。
仕上がりは八分程度と読んでおり楽観視は禁物か。

有力馬が目指すのは次の淀の天皇賞。
そのあたりを読み切れば……

 

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

京都12R京阪杯パドック

京都12R京阪杯パドック ※ レース傾向ー 意外に難解 馬番 評価 寸評 1◯体よく落ち

記事を読む

catch

馬場発表の細分化を!

現状の馬場発表は  “ 良・ヤヤ重・重・不良 ”  の 4つに区分され発表されている。 今は よく

記事を読む

catch

今週はアルゼンチン共和国杯

アルゼンチン共和国杯! 1番人気が不振であり、4歳馬の台頭が著しいレース。 逃げ馬にはつらく、追い込

記事を読む

catch

中山記念!

昨年の1、2着馬もエントリーし面白い一戦。 しかも実力は伯仲し馬券的には難解を極めそう? 中山は開幕

記事を読む

catch

新潟記念レース回顧~マーティンボロ

新潟記念! 最終週にして良馬場のもとでの競馬は幸い。 G Ⅲ であっても各馬にとっては秋競馬に向け

記事を読む