【2016プロキオンステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/07/05 重賞展望 , , ,

日  中京  プロキオン ステークス!
中京ダート
G3 プロキオンS オープン別定戦 1400mダート。
充実の4歳馬 VS 本格化の5歳馬の図式か。

※  ポイント

☆ カフジテイク
出遅れから、34秒6の脚で豪快な追い込みを決めた夏至S。
同じ左回り、同じ距離になる今回だが、前走が目一杯の仕上がりだった。
もう上積みは見込めないので、大きな期待はどうかと思うが。

☆ キングスガード
1000万条件からオープン特別まで3連勝。その勝ちっぷりは楽勝。
今回は1k増の56k、相手は重賞メンバーになる。
同馬にとっては試金石の一戦だが、ここもアッサリとクリアするのか…

☆ クラリティスカイ
芝のNHKマイルの覇者が初ダートに挑む。
父がクロフネ、母系がスペシャルウィークなら、こなしても不思議はない。
問題は、砂を被って戦意を喪失してしまわないか?の不安。
こればかりは走ってみないと何とも…
ルメール騎手がどう乗るか注目してみたい。

☆ グレープブランデー
フェブラリーSの勝ち馬も早や8歳に。昨年のプロキオンSは5着だった。
前走の大井競馬1200mで2着、根岸S1400mで3着はあるが、
軸馬に推すには、なぜか戸惑ってしまう…
気になる存在だが、ここはメンバーが強力だけに押さえの評価で。

☆ タガノトネール
昨年のこのレースは4着、今年はこれまでに3走している。
根岸S 4着、フェブラリーS 6着、かきつばた記念 4着なら悪くない。
夏場に向かって調子を上げるタイプだけに、更に着順を上げるかも。

☆ ダノングッド
これまでの距離1800mを1400mに短くして、メリハリある走りができて連勝。
今回は昇級の重賞戦になるが、勢いだけなら4歳のこの馬にあり。
安易に見限るのはどうかと思う。期待と不安が交錯する。

☆ ニシケンモノノフ
前走の1200mで勝ってはいるが、この馬のベスト距離は1400m。
中京は初めてだが、東京戦の内容から判断すると問題はなさそう。
それよりも、今回は重賞レースなので、メンバー強化の方が気になる。
今年はいまのところ、岩田騎手の重賞勝ちはない。

☆ ノボバカラ
3連勝して、前走の北海道SCが2着。本格化しつつある4歳馬。
左回り回りも、1400mの距離にも不安はなく、あとは力関係だけ。
ユニコーンSでノンコノユメの2着からも、ヒケは取らないと思うが…

☆ ブライトライン
長期休養明けから3着を続けた後、オアシスSで順当に勝利を挙げている。
クセはないので、初めてのコースでも大丈夫だが、
今回が叩き4走目になるので、これ以上の上積みは求めづらい。

☆ ムスカテール
川崎記念以来のダート戦になる。
これまで長い距離ばかりを使っており、1400mの流れに対応できるかどうか?
砂を被ることは覚悟しておかねばなるまい。

☆ ワイドバッハ
昨年のプロキオンSが7着。その後は約1年間の休養。
追い込み力はかなりの凄さがあるが、今回は息の心配が先立つので。

☆ ワンダーコロアール
休み明けからの使いつつ内容は良化しているが、今回は重賞メンバーになる。
これまでの戦歴を見ると、1400mよりも1600mの方が競馬はしやすそう。
手替りの福永騎手は魅力だが…

人気キングスガードの追い込みは決まるのか??

【浦和競馬】 埼玉新聞栄冠賞(S3)南関東ダートの強豪が集結!予想公開中

【京都競馬】 ★菊花賞(G1)クラシック3冠最終戦を的中させたい人はクリック★

【東京競馬】 実力マイラー集結!今週の注目『富士ステークス(G3)』の注目予想情報

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場2

【2016安田記念(G1)】1週前出走馬動向をチェック!

6月5日の東京は安田記念! 桜花賞から始まった春の GI 戦線もひと区切り。 そ

記事を読む

free33

桜花賞2017予想/出走予定馬徹底分析[3]~スズカゼ 他

桜花賞2017予想/徹底分析! 2017/4/9(日) 阪神11R 桜花賞(G1) 3歳

記事を読む

安田記念1

【6/7(日)東京11R安田記念(G1)】馬券分析・予想

東京 安田記念・馬券分析! 春の G I を見事に決めて締めくくりたいが、 目移りす

記事を読む

ミッキークイーン2

ミッキークイーンは宝塚記念を自重!

☆ ミッキークイーンが宝塚記念を自重! オークス馬であり、秋華賞馬でもある、 4

記事を読む

福島競馬場

【2015福島牝馬S(G3)】出走予定馬の能力分析

福島牝馬S! 一線級のメンバーとは言えないが、まだまだ出世の望みは捨てない。 勝てば

記事を読む