【レース回顧】2016帝王賞(Jpn1)~コパノリッキーが快勝!

公開日: : 重賞回顧 ,

第39回 帝王賞は コパノリッキーが快勝!

コパノリッキー帝王賞

大井競馬 帝王賞 JpnI 2000mダート 不良馬場

出走馬は12頭、中央からは7頭がエントリー。
1番 アスカノロマン 5歳牡馬
2番 ノンコノユメ 4歳牡馬
3番 コパノリッキー 6歳牡馬
4番 アムールブリエ 5歳牝馬
7番 サウンドトゥルー 6歳騸馬
10番 ホッコータルマエ 7歳牡馬
12番 クリソライト 6歳牡馬

かしわ記念 1600m VS 平安S 1900m の図式か…

※ 中央馬のパドック気配

☆ アスカノロマン … 毛ヅヤも張りも良く
☆ ノンコノユメ … 体を戻し目に鋭さあり
☆ コパノリッキー … 全体に太く映るが
☆ アムールブリエ … 歩幅狭く硬さが
☆ サウンドトゥルー … 馬体を戻すも少し太い
☆ ホッコータルマエ … 気持ち太いが落ち着きあり
☆ クリソライト … 仕上がるもコトコトして

※ レース

外からクリソライトがハナに立ち、アスカノロマンが2番手。
3番手は引っ張りきりのコパノリッキーが追走するタテ長の展開。

4角手前からコパノリッキーが動き、先頭に立って逃げ込みを図る。
脚色は衰えるどころか、引き離す勢いがあり完勝!
勝ち時計 2分03秒5、上がり 48.8-36.1。

2着は1番人気 ノンコノユメ。
前を射程圏に入れての追走で、見た目 手応えも良かった。
伸びてはいるのだが、今日は勝ち馬の勢いが違い過ぎた。
このところ、なかなか勝てないレースが続いている。

昨年の勝ち馬ホッコータルマエは、4角から勝ち馬を追ったが伸びず。

アスカノロマンは道中は良かったが、ペースアップした4角でギブアップ。

サウンドトゥルーは、馬体の数字は戻したが中身は伴わず。
本来の行きっぷりが見られなかったのは残念。

それにしても、今日のコパノリッキーも武豊騎手も冴えに冴えていた…

 

【春のG1】 今週末は天皇賞(春)馬券を的中させたい人は今すぐクリック☆

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

アスカノロマン

【レース回顧】2016東海ステークス(G2)~アスカノロマンが決める!

中京 東海Sはアスカノロマンが勝利! 朝一番で浜中騎手が落馬のアクシデントがあり、

記事を読む

ジェベルムーサ2

【レース回顧】2015エルムステークス(G3)~ジェベルムーサ

札幌 エルムSはジェベルムーサ! さすがは岩田騎手! 前走の失敗を糧にし、クリノスタ

記事を読む

モーニンフェブラリーS

【レース回顧】2016フェブラリーS(G1)~モーニンがレコード勝ち!

フェブラリーSはモーニンがレコード勝ち! 締まった馬場は午前中から、3Rの未勝利戦で1

記事を読む

ヤングマンパワー

【重賞回顧】2015アーリントンC(G3) ヤングマンパワー

アーリントンC・ヤングマンパワー! パドックを見た時、力差がないことはわかったが、

記事を読む

ホッコータルマエ

【レース回顧】2015帝王賞(Jpn1)~ホッコータルマエ

大井 帝王賞・ホッコータルマエ! 予想通りクリノスターオーの逃げで始まったが、 行き

記事を読む