【競馬コラム】しょうもな編・馬に跨るのは右から?左から?

公開日: : 最終更新日:2016/06/28 競馬コラム , ,

しょうもな編・馬に跨るのは右から?左から?

パドック騎乗

調教時、厩務員さんが運動して連れてきた馬を、騎手が跨り追い切りに向かう。

追い切りを終えて上がってきた馬から騎手が降り、厩舎に帰る。

トレセン内では見慣れた光景です。

競馬場でも、パドックで周回を済ませて、騎手が跨り本馬場に向かう。

その光景はファンも見飽きたことでしょう…

その中で、乗り手が馬に跨るのは、馬の左から?それとも右から?

当たり前過ぎて、意外に気づいていないものです。

私の記憶では、左から跨るのが自然の形と思っていましたし、
経験から、乗り手の足を上げた時も左からでした…

しかし、テレビなどで馬に乗るシーンを観ると、
右から乗るシーンも再三 目にしました。
どちらが正しいのでしょうか?…

結論としては、どちらから乗るのも間違いではないようです。

日本における競走馬は、左から乗る事を馬に習慣づけしているとか…

時間があれば、パドックで騎手が跨る様子を眺めて見てください。

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

トレセン風景

【競馬コラム】G1戦線、目標レースの見極めは必要

目標レースの見極めを! これから秋が深まり、暮れの有馬記念まで G I レースが目白押

記事を読む

ラルク

【競馬コラム】2億円馬同士の対決~サトノダイヤモンドVSロイカバード

2億円馬同士の対決! 11月7日の京都には1億円超えの馬がデビューしました。 ディー

記事を読む

エイシンヒカリ香港カップ

【競馬コラム】エイシンヒカリは諸刃の剣!

☆  エイシンヒカリは諸刃の剣! 香港カップ GI 2000m芝を逃げ切り、フランスに遠征。

記事を読む

中山競馬場ダート

【競馬コラム】初芝、初ダート替わりの馬の注意点!

初芝、初ダート替わりの馬の注意点! 新馬は芝、ダートそれぞれでデビューします。 それから

記事を読む

京都競馬場6

【競馬豆知識】金杯はなぜ京都競馬場で開催される?

豆知識・金杯はなぜ京都で? 年明けの競馬は、東は中山、西は京都が定番ですよね。

記事を読む