【競馬コラム】しょうもな編・馬に跨るのは右から?左から?

公開日: : 最終更新日:2016/06/28 競馬コラム , ,

しょうもな編・馬に跨るのは右から?左から?

パドック騎乗

調教時、厩務員さんが運動して連れてきた馬を、騎手が跨り追い切りに向かう。

追い切りを終えて上がってきた馬から騎手が降り、厩舎に帰る。

トレセン内では見慣れた光景です。

競馬場でも、パドックで周回を済ませて、騎手が跨り本馬場に向かう。

その光景はファンも見飽きたことでしょう…

その中で、乗り手が馬に跨るのは、馬の左から?それとも右から?

当たり前過ぎて、意外に気づいていないものです。

私の記憶では、左から跨るのが自然の形と思っていましたし、
経験から、乗り手の足を上げた時も左からでした…

しかし、テレビなどで馬に乗るシーンを観ると、
右から乗るシーンも再三 目にしました。
どちらが正しいのでしょうか?…

結論としては、どちらから乗るのも間違いではないようです。

日本における競走馬は、左から乗る事を馬に習慣づけしているとか…

時間があれば、パドックで騎手が跨る様子を眺めて見てください。

 

【中京最終】 中京記念(G3)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free21

【競馬コラム】早や2月、フェブラリーSはすぐそこ!

☆早や2月、フェブラリーSはすぐそこ! 年が明け、1月5日から始まった今年の競馬。 変則競馬

記事を読む

小倉競馬場1

【競馬コラム】夏の取材は合議制で!

☆  夏の取材は合議制で! この時期になると、関西では専門紙各社が集まって合議します。

記事を読む

マークカード

今週のWIN5の傾向!/2018年6月3日開催分

今週のWIN5の傾向!/2018年6月3日 WIN5/ ① 東京  9R  ホンコンJCT 

記事を読む

京都競馬場6

【競馬豆知識】金杯はなぜ京都競馬場で開催される?

豆知識・金杯はなぜ京都で? 年明けの競馬は、東は中山、西は京都が定番ですよね。

記事を読む

函館競馬場調教

【競馬コラム】競走馬も衣替えを!

競走馬も衣替えを! 4月を過ぎると 温かくなり、ソロソロ衣替えの時期に。 まだ 「 花曇り

記事を読む