【レース回顧】2016宝塚記念(G1)牝馬マリアライトが制す!

公開日: : 重賞回顧 ,

宝塚記念 マリアライト恐るべし!

マリアライト宝塚記念

4角ではキタサンブラックは手応えある逃げ。
中団のドゥラメンテは馬込みで持ったまま。
外を回って上がって行くマリアマイトは数度ステッキが入っていた。
ところが、勢いは衰えることなく、力強く坂を駆け上がって行った。
5歳牝馬の430k台とは思えない底力があった。
勝ち時計 2分12秒8、上がり 49.0-36.8。
時計がかかったのはヤヤ重の馬場のせいだろう。

2着はドゥラメンテ。
弾力性ある歩様は、いかにもバネのあるところを示している。
立ち遅れから中団の後ろ目につけての追走。
4角でも手応えは十分に見えたが、馬場の緩さがあってか反応はイマイチ。
かろうじて2着は確保したが、本来の切れは見られず。
入線後に下馬しており、何ともなければいいのだが…

3着はキタサンブラック。
12k増の馬体は、背肉がついて全体に太く映った。
馬ナリで先頭に立ったが、1000m通過が59秒1と若干速め。
それでも逃げ込むかに思えたが…
体を併せず抜き去った蛯名騎手の勝ち。

4着ラブリーデイのパドックは良かった。
馬体に張りがあり、毛ヅヤも上々だった。
直線入り口ではチャンス!と思えたが、モタついて伸びず。

アンビシャスは距離が応えたのか?馬場が災いしたのか?
直線では追うのをやめていた…

トーホウジャッカルは4角で早や手応えなし。

サトノノブレスは渋い馬場にお手上げ状態。

牝馬の優勝は11年ぶり、3頭目の快挙となった。

 

【浦和競馬】 しらさぎ賞(S3)南関東競馬必勝☆天皇賞の軍資金稼ぎはこちらから!

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

amuruburie

【レース回顧】2016ブリーダーズGC~アムールブリエが連覇!

門別 ブリーダーズゴールドCはアムールブリエが連覇! 第28回 ブリーダーズゴールドC Jpn

記事を読む

ラジオNIKKEI賞ゼーヴィント

【レース回顧】2016ラジオNIKKEI賞~ゼーヴィントが抜け出す!

ラジオNIKKEI賞はゼーヴィントが抜け出す! 今年のラジオNIKKEI賞は 波乱含みの一

記事を読む

kitasanblack

【ジャパンカップ2016レース回顧】キタサンブラックの逃げ切り!

今年のジャパンCはキタサンブラックの逃げ切り! 第36回 ジャパンC 2400m芝 G I 定

記事を読む

レインボーラインアーリントンカップ

【レース回顧】2016アーリントンカップ(G3)~デムーロ騎乗のレインボーライン!

阪神 アーリントンCはレインボーラインが混戦を断つ! 見応えある直線の叩き合い。ゴール

記事を読む

free17

【スプリングステークス2017結果/レース回顧】ウインブライトが抜け出しを図る!

スプリングSは 伏兵ウインブライトが抜け出す! 2017/3/19(日)開催 中山11R スプ

記事を読む