【6/25(土)函館11R大沼ステークス】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/06/23 レース展望 , ,

土  函館  大沼ステークス!
函館競馬場ダート
オープン特別 1700mダートの別定戦。
この先にはマリーンSと、札幌のエルムSが控えている。

※  ポイント

☆ イッシンドウタイ
重賞戦の疲れを癒す意味で小休止。
58kは楽ではないが、ここに入れば地力は一枚上。
狙いは先だろうが、手応えある走りは見せておきたいところ。

☆ イースターパレード
脚質に幅は出てきているが、決め手不足は以前と変わらず。
久々の前走がサッパリだけに、一変は難しいかろう。

☆ キープインタッチ
マーチSではイッシンドウタイと0.3秒差の6着。
斤量は2k増えて56kでの闘いになり楽ではない。
小回りコースだけに、出遅れるクセが出なければいいのだが。

☆ ソロル
今年に入ってまったく いいところがない。
もっと走っていい馬なのだが…
気分一新、函館は得意のコースだけに、変わるとすれば今回かも。

☆ ナリタスーパーワン
休養明けの7歳馬、得意は1400mだが、小回りの1700mなら大丈夫。
ただ、ここは ひと叩きの場であり、狙いは次走のはず。

☆ バンズーム
オープン入りしてからもコンスタントな成績を残している。
ゲートがよくないので、小回りの1700mは心配な面がある。
ここで結果を求めるのではなく、次に繋がる内容を求めている。

☆ ヒラボクマジック
北海道シリーズでは馴染みの馬だが、今年で8歳の夏を迎える。
使いつつ上向くタイプでもあり、まずは ひと叩き。

☆ ビービーバーレル
初ダートになるが、50kの先行脚質は不気味な存在に。
1600m芝の重賞を勝っているので、1700mなら克服してもいい。
すべてはダートの適性だけ…

☆ モンドクラッセ
ここまでの実績は、このメンバーなら胸が張れる。
1700mは4戦4勝の得意距離なので、4カ月のブランクさえクリアできれば、
いきなりから勝ち負けになる。
砂さえ被らなければハナにはこだわらない。

目標は先だろうが、若い力のパワーは無視できない。
5歳馬中心の検討でいいだろう。

 

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

新聞

複勝ころがし カフジバンガード

★ 土曜競馬・複勝ころがし! 第 1 弾 ☆ 購入馬 カフジバンガード ・ 05 番 馬

記事を読む

free15

【春菜賞2017】注目馬はこの1頭!

2017/2/5(日) 東京10R 春菜賞・注目馬! ☆ レイズアベール 父 ハーツクライ

記事を読む

東京競馬場5

【5/14(土)東京9R 夏木立賞】馬券分析・予想

土  東京  夏木立賞・ 馬券分析! 3歳の1勝馬による一戦だが、注目している馬が出走

記事を読む

free12

【ヒヤシンスステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

ヒヤシンスステークス2017:予想のポイント 2017/2/19(日) 東京9R ヒヤシンスス

記事を読む

orionza_japan

【アンドロメダS2016】注目馬はこの1頭

土 京都 アンドロメダS・注目馬! ☆ オリオンザジャパン 父 クロフネ - 母

記事を読む