【2016宝塚記念(G1)】出走馬徹底分析[3]マリアライト他

公開日: : 最終更新日:2016/06/23 重賞展望 , ,

日  阪神  宝塚記念・徹底分析!   3
宝塚記念2016-1
今年の前半競馬の集大成であり、締めくくりのレース。
ラインナップは4歳馬が3分の2を占め、中心となり競馬が展開される。
個性的な面々だけに、1頭ずつ分析していきたい…

※  ポイント
トーホウジャッカル2
☆ トーホウジャッカル  5歳牡馬  58k
菊花賞馬だが、故障がちでコンスタントに使い込めないのがネック。
昨年の宝塚記念は、天皇賞を見送り、9カ月ぶりでいきなり挑戦。
さすがにきつかったが、それでも4着と力のあるところは見せている。
今年は阪神大賞典から始動し、順調に天皇賞を使えたし、ここにもエントリーできている。
これまでからすると、大きな進歩であり、順調でもある。
その意味からも、昨年よりも動けても驚くことはできない。
馬体は490kを切るくらいが理想、叩き3走目の今回は480k台で出走できるかも。
何よりも、この馬にとって、コンスタントに使えるのは大きい。
ヒットザターゲット1
☆ ヒットザターゲット  8歳牡馬  58k
G 2 レースだと上位争いできるのだが、G I レースでは凡走の域。
目黒記念や札幌記念とはメンバー構成がかなり違うし、
それを克服しクリアする末脚を持ち合わせていない。
チャレンジ精神は評価できても、現実は厳しくて…
フェイムゲーム
☆ フェイムゲーム  6歳牡馬  58k
馬格の割りに斤量を克服し、スタミナの十分の馬だが、
この馬にとって2200mは距離不足であり、もっと長い距離を望んでいる。
春の天皇賞でゴールドシップの2着がそのことを証明している。
渋太く詰め寄るのがこの馬のパターン、切れ味勝負の展開だとつらい。
同斤量の闘いでは ごまかしは利かないし、パンパン馬場ではチョットつらい。
マジェスティハーツ1
☆ マジェスティハーツ  6歳牡馬  58k
キャリアは豊富で、神戸新聞杯ではエピファネイアの2着もあるが、
2013年7月の中京戦で勝利してから前走まで、勝ち星はない。
重賞レースでも大負けするのは少ないが、前との差を詰めるのがやっと。
今回は一気の相手強化であり、他馬と同じ斤量で走らなければならない。
マリアライト1
☆ マリアライト  5歳牝馬  56k
日経賞 3着を叩き小休止、宝塚記念出走に向け、目黒記念を叩き台にした。
1角で外から被せられる不利を受け、クビ差届かず2着に甘んじているが、
次に繋がるレースはできている。ただ、仕上がり過ぎの感はあった。
阪神コースはマーメイドSの2着があり、2200mはエリザベス女王杯で勝っている。
違うのは、これまでとは相手が強力な牡馬になること。
レースで最速の脚を使ったことは これまでになく、
果たして、五分に渡り合うことができるのだろうか…
今回の一戦に関しては、強調材料が少なくて、強く推せない。

4  に続く…

【2016宝塚記念(G1)】出走馬徹底分析[1]キタサンブラック他

【2016宝塚記念(G1)】出走馬徹底分析[2]ドゥラメンテ他

【6/26阪神11R宝塚記念(G1)】馬券分析・予想

 

【緊急速報】 AJCC(G2)この馬を買え!鉄板の本命◎馬はこの馬!

【コレ必見】 東海S(G2)的中必至!注目馬情報・予想公開はコチラです!

【必見情報】 ★AJCC(G2)出走馬徹底分析予想はコチラから★

【特別公開】 東海ステークス(G2)中京ダート必勝情報を公開中!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

小倉競馬2

【2/21(日)小倉11R 小倉大賞典(G3)】馬券分析・予想

日  小倉  小倉大賞典・馬券分析! 1番人気がなかなか勝てない高配当必至のレース。 思い切

記事を読む

東京競馬場3

【2016京王杯スプリングカップ(G2)】1週前出走馬動向をチェック!

5月14日の東京は京王杯スプリングC! 京王杯スプリングCは G2 の1400m芝の闘

記事を読む

ハクサンムーン

【2015スプリンターズS】出走馬徹底分析[3] ~ハクサンムーンなど

中山 スプリンターズS 3 ※ ハクサンムーン 6歳牡馬 テンションが高くなるので、休み

記事を読む

sirius_stakes

シリウスステークス2016予想・馬券分析

土 阪神 シリウスステークス・馬券分析! 出走馬が向かう先は、暮れのチャンピオンズC。

記事を読む

dairy_hai_2_sai_stakes

デイリー杯2歳ステークス2016予想・馬券分析

土 京都 デイリー杯2歳S・馬券分析! 2歳オープン 1600m芝 G2の馬齢戦だが、

記事を読む