フラワーカップ回顧~バウンスシャッセの評価

公開日: : 過去の記事

フラワーC!

混戦ムードの中で行われた今年のフラワーC。
芝は走る度に泥が跳ね上がる最悪のコンディション。
各ジョッキーは距離を考えてか行こうとせず、
1000mの通過タイムは1分02秒1と遅い。
上がりは49.2-37.0とかかっているが、
前に位置していた馬での決着となった。
勝ち時計も1分51秒3と平凡。

ナイーブで細身の牝馬が多かったが、
勝ったバウンスシャッセはしっかりした体つき。
パドックではハミ受けが良く落ち着きもあった。

ヤヤ頭は高いが、うまくクビを使い推進力ある走り。
気負うところがなく折り合い面での不安もないし、
何と言っても追われてからの伸びがいい。
血統的にも中距離タイプと思われるが、
楽しみな馬が現れたのは嬉しい限り。

2着は2頭の同着。
マイネグレヴィルはガッチリ2番手をキープし、
自分の形で競馬ができたのが好走に繋がった。

パシフィックギャルも好位から渋太い伸び脚。
足元の不安が解消されて
攻めを強化できればもっと走れるはず。

ショウナンパンドラは細身で高いテンション。
しかも道中の位置取りが後ろ過ぎた。
早目に上がり直線もよく伸びてはいるが、
収穫よりも課題点の方が目についた感じがする。

クリスマスは2k増の馬体も腰回りは細かった。
脚をタメる競馬をしたが、伸びたのは一瞬だけ。
まだまだ克服しなければならない点は多い。

ニシノアカツキの凡走には少なからずガッカリした。
丸味のある体つきで状態も良さそうに見えたのだが…
いざ追い出すと線香花火のように萎んでしまった。
よくわからない……

今年はバウンスシャッセの強さだけが浮き彫りに。

 

【状態絶好】 札幌記念(G2)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【札幌競馬】 夏競馬頂上決戦!今週の注目は『札幌記念(GⅡ)』徹底攻略情報

【小倉競馬】 ★北九州記念(G3)荒れるハンデ重賞を制するのはこの馬・・・(必見です)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

京都11R菊花賞パドック

京都11R菊花賞パドック ※  レース傾向ー 馬体は互角では 馬番  評価

記事を読む

catch

阪神5R新馬戦パドック

阪神5Rパドック ※ レース傾向ー 全体に小粒で 馬番 評価 寸評 1×全体に太く 2×

記事を読む

catch

京都9R近江特別パドック

京都9R近江特別パドック ※  レース傾向ー 上位人気での決着? 馬番  評

記事を読む

catch

京都5R新馬戦パドック

京都5Rパドック ※  レース傾向ー 大物はいない? 馬番  評価 &nbs

記事を読む

catch

阪神・朝日杯FSから

朝日杯FS! 今年から舞台を阪神に移しての施行。 発表以上に馬場は悪く、芝は時計のかかる決着が続く

記事を読む