★2016ユニコーンS(G3)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

公開日: : 最終更新日:2016/06/22 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
調教スタンド
ユニコーンステークスへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。
秋へ向けてもここで賞金を加算させておきたい素質馬が揃い
勝敗の決め手はその状態の良さに求められるかもしれないだけに
予想する上では追い切りの動きは要チェックと言えるのではないでしょうか。

ゴールドドリーム追い切り
ゴールドドリーム
栗東CW 81.7 65.7 51.5 38.8 12.6 馬なり 併せ先着
1週前が坂路で51秒台という抜群の動きを見せて、今週はコースで。
このパターンはキャリア初であり、陣営の意図とすれば、
スタートで遅れて流れに乗り切れなかった前走兵庫CSを受けて、
より実戦に近いコースでのコーナリングや反応を確かめるという意図も
あったかもしれないがこのパターン変更が吉と出ればそれこそ
同じコースでの一戦、ヒヤシンスSを快勝した力を発揮してもおかしくないだろう。
グレンツェント追い切り
グレンツェント
美浦南W 82.3 67.2 51.8 37.4 13.1 併せ併入
いつも通りのコース追いでいつもと変わらない動き。
元々稽古で時計を出すタイプではないだけにこれで十分といったところ。
寧ろ、終いの伸びは前走以上のものを見せている。
1月からコンスタントに使われているだけにそろそろ疲労も気になるが
少なくともここは状態面の心配をする必要はなさそうな感じである。
ダノンフェイス追い切り
ダノンフェイス
栗東坂路 51.4 37.1 24.0 12.1 馬なり 併せ併入
いつも坂路でいい時計を出す馬ではあるがそれにしても
2週連続で51秒台をマークするのは調子がいいからこそだろう。
特に今週のこのタイムは自己ベストでもありここ目標に仕上がった
という表現がバッチリ当てはまるような仕上がりにも見える。
後は未だに実績のない東京1600mをどう乗り切るかが課題となるだろう。
ノーモアゲーム
ノーモアゲーム
美浦坂路 58.6 42.9 28.1 13.4 馬なり
抽選対象馬であり、抽選突破してもあまり注目されないかもしれないが
この1週前の追い切りで美浦の坂路で51秒台をマークしたあたり
状態はかなりいいように思える。一発屋というイメージがあるが
前回激走した際にも1週前に坂路で51秒台をマークしての激走だっただけに
今回は重賞・実績のないマイルと条件はかなり厳しいかもしれないが
高配当を狙うならばこの馬から、なんて思えてきてしまう動きではある。

他にもイーグルフェザーやマインシャッツあたりもいい動きを見せている。
アルーアキャロルの回避は残念な限りではあるが好勝負が期待できる一戦。
さて、どの馬から狙いを立てて的中させるか。
予想する上では非常に悩ましいメンバー構成になったとも言えるでしょう。

東京競馬場ダート

翌週には宝塚記念を控えた中央競馬。その宝塚記念までは競馬はお休みと考えるか
それとも宝塚記念を前に一儲けして資金を倍増させるのか。
その判断が、これから始まる夏競馬の収支にも大きく影響することは間違いありません。
競馬は『継続は力なり』毎週しっかりとチェックすることが的中への近道なのです。

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

 

【大井競馬】 ※TCK女王盃(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【波乱重賞】 シルクロードS(G3)京都競馬徹底攻略予想!←絶賛公開中

【東京開幕】 砂の強豪終結!今週の注目『根岸S(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

天皇賞春

★2016天皇賞(春)★予想オッズの3強ムードを覆す【!】特注馬情報

管理人です。 春のG1シーズンがいよいよ到来!競馬観戦には絶好のシーズンとなってきますが 春

記事を読む

小倉

【キーンランドカップ2017予想】出走馬データ分析

管理人です。 夏の札幌開催も残すところあと2週、今週のメインはスプリント重賞キーンランドカップ

記事を読む

皐月賞2016

★2016皐月賞(G1)★予想オッズでは3強ムードも注目すべき馬は?

管理人です。 いよいよ発走となるクラシック3冠の1戦目となる皐月賞。 今年はマカヒキ・リオン

記事を読む

【チャレンジカップ2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 来年以降の飛躍への足がかりとする若馬か、それとももう一花咲かせる古豪か、チャレン

記事を読む

栗東トレセン

★2016宝塚記念(G1)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 宝塚記念へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 上半期の

記事を読む