【6/19(日)東京11RユニコーンS(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/06/15 重賞展望 , ,

日  東京  ユニコーンステークス!
東京競馬場ダート
なかなかの好メンバーが揃っての1600mダート戦。
ここで、ひとつの3歳馬のレベルを測ることができる。
1000万以上の持ち賞金は4頭だけ、残る900万は抽せんとなる。

※  ポイント

☆ アルーアキャロル
これまでの3戦すべて1600mを使い、2勝2着1回の連対100%。
前走は、それまで同様持ったままで直線を向いたが、
いざ追い出すと意外に伸びず、交わせそうで交わせず。
しかし、あの負けは大きな勉強になったはずで、今回はあんなことはない。

☆ イーグルフェザー
平場路線の1600mで2勝をマークしているが、
自身の時計は縮めているが、まだ時計は物足りない。

☆ クインズサターン
デビューからの5戦がすべてダートを使い、2勝、2着1回。
前走は2着馬に5馬身の差をつけて差し切っている。
終い36秒台の脚を使い、今回の相手に どこまで太刀打ちできるかだろう。

☆ グレンツェント
初戦は1800mの芝を使い5着、2戦目からダート路線に変更している。
そこから3勝、2着1回の好成績。適性はハッキリした。
1800mから距離を縮めた前走の1600mは、好位からの抜け出しを図っている。
ルメール騎手の手替りも大きかったと推測される。
今回は手替りするが、同じコースで同じ距離なので、連勝の可能性は十分にある。

☆ ゴールドドリーム
デビューから3連勝し、前走は園田の兵庫CSで2着。
東京の1600mは3戦目のヒヤシンスSで勝利している。
その時の内容が圧巻で、中団から35秒5の脚を使い、1分35秒4での勝利。
この中に入っても上位の存在は数字に表れている。
レベルの高い3歳馬の1頭。

☆ ストロングバローズ
これまで5戦3勝、2着2回。前で競馬をして、ひと伸びする脚質。
今回の課題は、ヒヤシンスSでのゴールドドリームとの2馬身差。
目標にされながら、振り切ることができるのだろうか…

☆ スミレ
ダートに目を向け、1200mで2勝目を挙げているが、今回は1600mになり、
相手強化とスタミナ面での不安が先立つ。

☆ ダノンフェイス
青竜Sでの勝ち馬との差は大きい。逆転するには よほど恵まれないと…

☆ デピュティプライム
1200mダートを勝ち、その後 1400mに目を向け、5戦目にして2勝目。
今回は距離が延び、相手強化は歴然だけに、試練の場となりそう。

☆ ピットボス
1800mで好位から抜け出しを図って勝利しているが、
2走前の東京1600mで2着。その時の時計は1分37秒1で平凡。
かなり頑張らないと、ここでは上位争いに加われない。

☆ ピュアコンチェルト
前走が初ダート1400mで勝利、適性はありそうだが、展開が嵌まった感も。
今回はメンバー強力で、そううまく事は運ぶまい。

☆ モンスターキング
芝ではダメだったが、ダートでは2勝し、2着以下はない。
休養明けになるが、一応の注意は払いたい。

上位拮抗、それまでと違い、ここ2年は1番人気の不振が続いている。

 

【浦和競馬】 ☆埼玉新聞栄冠賞(S3)イチオシ勝負馬を徹底分析☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

【東京重賞】 アルテミスS(G3)2歳牝馬路線の主役候補はこの馬…!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

阪神競馬

【2015鳴尾記念(G3)】出走馬短評とレース展望

阪神 鳴尾記念! 土曜競馬のメインは阪神の鳴尾記念。 夏競馬を視野にしたオープン馬が

記事を読む

競馬1

日本ダービー2018出走予定馬徹底分析[4]~ダノンプレミアム他

日本ダービー2018徹底分析 2018/5/27(日) 東京10R 日本ダービー(GI) 3

記事を読む

阪神競馬場2

【2016毎日杯(G3)】出走馬短評と予想のポイント

土  阪神  毎日杯! クラシックに結びつかない傾向にはあるが、どこにキッカケがあるか分からな

記事を読む

kawata_tuika08_960_720

紅葉ステークス2017/出走予定馬短評と予想のポイント

紅葉ステークス/予想のポイント 2017/10月29日(日)東京10R 紅葉S サラ系3歳上

記事を読む

阪神牝馬ステークス 2018 データ から傾向を分析!

阪神牝馬ステークス・データからの傾向! 2018/4/7(土)開催 阪神11R 阪神牝馬ステー

記事を読む