★2016関東オークス(Jpn2)★川崎競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2016/06/18 広告・おしらせ , ,

管理人です。
関東オークス
月末に控える宝塚記念・帝王賞という大一番を前にして
中央競馬も地方競馬も早くも注目はそちらへといった感じですが
今週は川崎競馬で注目の一戦、関東オークスが発走となります。
資金を蓄えたいこの時期だからこそ、このレースは
きっちりと予想を的中させておきたいところですね。

タイニーダンサー2
まず注目はタイニーダンサーということになろうか。
門別所属の2歳時は交流重賞 北海道2歳優駿を中央馬を破って勝利。
満を持して中央に移籍しての端午Sと青竜Sは敗退してはいるものの
牡馬との混合戦であったことを考えれば負けすぎてはいない。
ならば牝馬限定戦で浮上可能と見たいところではある。
実績最上位は間違いのないところではあるだけに巻き返しに期待か。

ディーズプラネット
そのタイニーダンサーを端午Sで負かしたのがディーズプラネット
2歳時のエーデルワイス賞では完敗していたが見事にリベンジしたことに
なるが、この馬の武器は末脚ということになろう。
丁度、芦毛という毛色も昨年のホワイトフーガとかぶるところだが
この馬もホワイトフーガ同様に末脚を身上としている馬。
しっかりと脚さえ溜めることができればチャンスは十分だろう。

アルセナーレ
勢いという点ならば未勝利・500万下と連勝のアルセナーレに注目。
ともに逃げ切りでの勝利ではあったが行き切った際の粘りはかなりのもの。
ここは上記2頭が差し馬ということを考えるとこの馬に展開利があるか。
気分よく行ってしまえば逃げ切りの目を十分に頭に入れておきたいところ。

ブライトリビング
中央馬ならブライトリビングも素質でヒケをとることはないだろう。
新馬戦を楽勝した後の1月の500万下は凡走ではあったが、
休養を挟んだ前走では先行抜け出しの強い競馬をして見せた。
休み明けを叩いた上積みまで考えればここも注目してみたいところ。

今回は中央馬中心の馬券の組み立てということになろうか。
地元南関東勢のワカチナあたりにも頑張ってもらいたいところではあるが
先の東京ダービーでは中央500万下を勝った後に移籍のバルダッサーレが
驚きの圧勝劇を演じてしまったことを考えると今年の南関東馬は
かなりレベルが低いということが考えられる。
そうなると、中央2勝馬クラスならば地方馬は適わないと考えるのが妥当だ。

では、馬券的にはどうすればいいのか?
中央馬4頭のBOX馬券など買っていてはトリガミ確実。
ここは極少点数に絞って資金を投下して利益を出す。
ここはしっかりと馬券を組み立てておきたいところです。

天童なこ
今週の川崎競馬は天童なこさんが来場してのトークショーもあったり
それ以外にもイベントも盛りだくさんで開催されるみたいです。
ナイター開催でもありますし、お近くにお住まい、お仕事をされている方は
是非川崎競馬場へ足を運んでみてください。

川崎競馬
隣にショッピングモールもオープンし、今年はJBCも開催されることから
注目を集める川崎競馬で是非ともビッグな的中を手にしましょう!

 

 

【状態絶好】 札幌記念(G2)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【徹底予想】 ※北九州記念で大波乱を巻き起こす穴馬が気になる方はクリック

【札幌競馬】 夏競馬頂上決戦!今週の注目は『札幌記念(GⅡ)』徹底攻略情報

【小倉競馬】 ★北九州記念(G3)荒れるハンデ重賞を制するのはこの馬・・・(必見です)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

阪神競馬場2

★2016セントウルステークス(G2)★予想オッズはビッグアーサーVSダンスディレクター!

管理人です。 いよいよ開幕する秋競馬。夏競馬を経てレースが中央場所に帰ってきます。 その開幕

記事を読む

free06

【阪急杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 阪急杯へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。来月の高松宮記

記事を読む

東京競馬場ダート

【武蔵野ステークス2016予想オッズ】王者モーニン意地を見せるか?

管理人です。 1着馬にはチャンピオンズカップへの優先出走権が与えられる武蔵野S。 更

記事を読む

東京競馬場3

★2016青葉賞(G2)★パーフェクト予想で高配当的中!

管理人です。 一生に一度の晴れ舞台、日本ダービー出走へ向けてここでなんとしても 2着以内に入

記事を読む

no image

【中山金杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 中山金杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 正月開催だ

記事を読む