【6/12(日)東京11Rエプソムカップ(G3)】馬券分析・予想

公開日: : 最終更新日:2016/06/12 重賞展望 , ,

日  東京  エプソムC・馬券分析!
東京競馬場4
ここ3年は 1番人気が勝利しておらず、波乱は必至のレース。
先行脚質馬が活躍している傾向にあるが、今年は…

※  展開はどうなる?

逃げ馬はマイネルミラノしか見当たらない。
2番手でマイネルホウオウがガッチリとキープすればスローペースは見え見え。
ラングレー、ロジチャリス、エキストラエンドが好位を形成。
淡々とした流れは4角まで続き、上がりの速い流れになる可能性は高い。
ルージュバック、フルーキーはどこで動くのか…

※  ここまでの結論!

◎  07  ロジチャリス
連勝で勢いのある充実の4歳馬。東京1800mは得意の条件。
スローペースが見込め、好位から競馬をできる有利さもある。

◯  16  フルーキー
4走前は1800mのチャレンジC勝ちがあり、距離は得意。
休み明けの前走は次に繋がる内容でもあった。
ただ、58kの斤量、出遅れしやすいデムーロ騎手を考慮して対抗格に。

△  01  ラングレー
連勝して挑んだ前走のオープン戦が3着とマズマズ。
仕上がっていたので大きな変わり身は望みづらいが、前走よりは動けるはず。
東京コースとは相性がよく、僅かでも斤量が1k軽くなるのも後押し。
ただ、重賞を勝つにはワンパンチ足りない。

△  18  ルージュバック
牝馬路線では力上位でも、牡馬相手になるとそうもいかない。
まだ体質に弱さがあり、思い通りに使えないのもブレーキがかかる一因。
1600mより1800mの方が力は出せるが、速い時計の決着になるとつらい。
大外枠からの競馬もしづらいので押さえに回した。

×  06  アルバートドック
1800mは望むところだろうが、追い込み一辺倒で展開に左右される。
ここはスローな流れと読んで狙いを下げた。

×  08  エキストラエンド
走りは1600m仕様になっているし、今年5戦目で上積みも見込めない。

×  17  ダービーフィズ
平均ペースの距離ばかり使ってきており、1800mの流れに対応できるのか?
渋太い伸びは見せるが、切れる脚は持っていないのもつらい。

×  05  ヒストリカル
使い込んでおり、成績は尻下がりの傾向にあり、一変は難しい。
こんなケースは、休ませてリフレッシュを図るのが得策。

×  13  マイネルミラノ
単騎逃げは見込めるが、この馬の後ろには強い馬がいる。
最後まで粘るだろうが、二枚腰の脚は使えない馬だけにつらい。

×  12  レコンダイト
2400m、2500mから今回は一気の距離短縮1800mに。
これまでよりテンに置かれるのは目に見えている。
かと言って、スパッと切れる脚は持ち合わせておらず…

 

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【浦和競馬】 桜花賞(S1)南関東競馬必勝☆3連単予想はこちらから!

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

スマートプラネット

【東京11R クイーンC(G3)】馬券分析・予想

東・クイーンC馬券分析! 単に2勝馬が有利とも言えない不気味な1勝馬の存在がある。

記事を読む

ロードクエスト1

【2015ホープフルステークス(G2)】ロードクエストはやれるか?

☆ ホープフルSのロードクエストはやれるのか? ホープフルSでのファンの注目は、ロード

記事を読む

suwanS

【スワンステークス2016レース回顧】サトノアラジンが豪快な差し切り!

京都 スワンSはサトノアラジンが豪快に差し切る! スワンS 1400m芝 G 2 戦。

記事を読む

バウンスシャッセ

【2015中山牝馬ステークス(G3)】出走予定馬短評・重賞展望

中山・中山牝馬S! ここ3年は前で競馬をした馬が頑張っている。 しかし、依然として追

記事を読む

NHKマイルカップ2016

【2016NHKマイルカップ(G1)】出走馬徹底分析[4]メジャーエンブレム他

日  東京  NHKマイル・徹底分析!  4 今年のNHKマイルCは登録時で持ち賞金900万の

記事を読む