【6/12(日)阪神11Rマーメイドステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 重賞展望 , ,

日  阪神  マーメイドステークス!
阪神競馬場2
夏を前にした牝馬の最後の闘い、2000m芝G3ハンデ戦。

過去、道悪競馬になり、大荒れの決着になったこともあり、
メンバー的にも楽観が許されないレース…

※  ポイント

☆ ウインリバティ  53k
オープン入りしてからの3戦が、すべて牝馬戦で2桁着順。
2000mに良績はあっても、一変となると厳しい感じがする。

☆ ココロノアイ  55k
前走の1600m阪神牝馬Sは5着だったが、挙げた3勝すべてがマイル戦。
血統的には中距離でも十分やれそうだが、この馬はマイル仕様になっている。
2000mでメリハリある競馬ができればいいのだが…

☆ ゴールドテーラー  50k
前走勝ったのが 1000万クラスの2000m芝、今回は格上挑戦の形になる。
ハンデ差はあっても、スピードと切れでは見劣ってしまうので、
良馬場での闘いとなると、割引いて考えざるを得ない。

☆ シュンドルボン  56k
中山牝馬Sを勝って G I ヴィクトリアMに挑んだが、歯が立たず。
相手も強かったが、この馬に1600mは忙し過ぎた感。
距離延長はプラス材料だが、ベスト距離は1800mだけに、
残りの あと1ハロンをいかに補うかが課題となる。

☆ タガノエトワール  54k
秋華賞3着の実績はあるが、1600万を勝ってからの この3走が地味。
昨年秋の勢いは見られない現状だけに、強く推すことはできない。

☆ ナムラアン  55k
今年に入って4戦2勝と、メキメキ力をつけてきている4歳馬。
取り口は安定して、競馬にブレがないのもいい。
2000mも守備範囲だが、敢えて難点を揚げるなら平坦向きということ。
しかし、今の勢いなら大崩れは考えづらい。

☆ ハピネスダンサー  53k
今年に入っての4戦が一進一退の成績で悩んでいる。
コンスタントに使い込んでいるので、状態面の上積みも求められない。
ただ、ここはメンバーに恵まれた感は否めず、軽視することはできない。
川田騎手が新しい面を引き出すか…

☆ リラヴァティ  53k
1600万条件を勝利して、昇級のここにチャレンジする。
昨年の同レースは8着どまりで、実力の差が表れていた。
状態の良さで どこまで食い下がれるかだろう。

☆ レッドオリヴィア  52k
前走はリラヴァティにクビ差の負け。ここは格上挑戦の形になる。
もし、リラヴァティを評価するのなら、この馬も同等の評価が必要に。
1ハロン長い距離だが、道中ロスなく追走できれば克服できるはず。

1番人気が信用できない過去のデータはあり、
意外に先行脚質が頑張っていることも事実。

 

【特別公開】 弥生賞(G2)狙うはカデナかそれとも!?特注馬公開はコチラ!

【徹底予想】 チューリップ賞(G3)女王ソウルスターリングの死角とは!?

【極秘情報】 オーシャンS(G3)で高額馬券を的中したい方専用の入口です

【川崎競馬】 エンプレス杯(Jpn2)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

阪神競馬場2

【2015チャレンジカップ(G3)】出走馬短評とレース展望

阪神 チャレンジカップ! トップハンデが58k、軽ハンデが51kと幅が広い。 かと言

記事を読む

宝塚記念2016-1

【2016宝塚記念(G1)】出走馬徹底分析[4]ラブリーデイ他

日  阪神  宝塚記念・徹底分析!   4 今年の前半競馬の集大成であり、締めくくりのレース。

記事を読む

桜花賞2016

【4/10(日)阪神11R 桜花賞(G1)】馬券分析・予想

日 阪神 桜花賞・ 馬券分析! 今年は、2歳暮れの阪神JF の勝ち馬メジャーエンブレム

記事を読む

阪神競馬

【3/28(土)阪神11R毎日杯】馬券分析・予想

阪神 毎日杯・馬券分析! 勝利して最終東上便に間に合わせたい面々であり、 このままで

記事を読む

no image

【日経新春杯2017】出走予定馬短評と予想のポイント

日経新春杯2017:予想のポイント 2017/1/15(日) 京都11R 日経新春杯 G2 芝24

記事を読む