【競馬コラム】ブチコの除外について!

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 競馬コラム ,

☆  ブチコの除外について!
ブチコ3
6月4日 東京 1-11 麦秋S 1600mダートでブチコが競走除外になった。
ゲート入りの際、くぐって放馬して、左肩端部裂創を発症したため。
結果、跨っていたルメール騎手は左第2中足骨を骨折し、
ブチコは6月5日から7月4日まで出走停止。
停止期間満了後に発走調教再審査の裁決が下された。

『 ブチコで売れた9億円が消えた 』のニュースを目にしたが、
これは JRA サイド寄りのコメントであり、
ファンサイドからすれば、除外は当たり前の措置と言える。
ファンの不安を払拭し、納得の行く競馬施行が中央競馬のあり方なのだから…

思い起こせば、今回のアクシデントには伏線があった。
4月13日の船橋 マリーンCでも同じような事故が起こっている。
ゲートインの際、暴れて競走除外の処分を受けている。

これを JRA はどう受けとめたのか??
地方競馬なので関係ないと読んだのだろう ⁉︎

これを、 「 第三者の厳しい目で受けとめて 」いたならば、
JRA 馬として対処していたならば、
今回の事故は防げたのではないだろうか。
ルメール騎手が骨折することもなかったのでは…

続けて2度のアクシデントは偶然でも、一過性のものでもないはず。
ゴールドシップの再審査が いい加減で、ファンに迷惑をかけたように、
お役所仕事で片づけられては、ファンも騎手もタマったものではない。

ファンが馬券を買うのには、相当なエネルギーがいる。

馬を大事にし、騎手を大事にし、

そして、ファンが楽しめる競馬を作ってほしいもの…

 

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

この記事に対するコメント

  1. ナナシー より:

    JRAはやるだけのことはしてる。
    競馬でゲート悪かったからトレセンで練習しよう→あれ?練習だと何もしない…
    コレが普通。
    競馬と調教では周りの環境や馬のテンションだって全然違う。
    競馬でのゲート難は競馬でしか治せない。
    特に潜るのは騎手が何とかすべき事象。
    ブチコは前回もルメールで潜ってる。
    ルメールはまた同じ失敗をした。
    本来なら騎手に制裁があってもいいと思うが…
    ゴールドシップの再審査がいい加減?
    練習ではあれ以上のことができないだけ。
    どれだけ練習しても、競馬でやるヤツはやる。
    騎手が気をつけておけば防げる事がほとんど。
    まぁ、ファン目線ならこの程度の意見しか出てこないんやろうけど。

  2. ウマ子 より:

    競走馬の事は、あまり知らないのですが2度も起こすのは、馬の性癖ですか?それとも、調教段階での問題ですか?騎手は、ほんと命懸けですね。

  3. 名無し より:

    よくわかりませんが、船橋で競走除外になったあとにゲート訓練してませんでしたっけ?
    あれがJRAからの指示なのか調教師の独断かは知りませんが。
    そういうニュースがあったのは間違いないので、そういう情報も入れて書いてください。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

アルビアーノ2

【競馬コラム】甘かった!アルビアーノの挑戦

甘かった!アルビアーノの挑戦 中央馬4頭が参戦した川崎競馬、第51回関東オークス。

記事を読む

調教スタンド

【質問コーナー】頼れる予想者はいるか?

質問コーナー・面白い予想者はいるか? “ 紙面上でお気に入りや当たる予想者はいるか?”

記事を読む

渡辺薫彦

【競馬コラム】渡辺薫彦調教師の人柄!

渡辺薫彦調教師の人柄! 今年は関西で新規調教師の3名が開業しました。 その中で、1人取り残さ

記事を読む

パドック解説席2

【競馬コラム】楽しみな新馬戦

楽しみな新馬戦! ひと頃、ペーパーオーナーゲームが大流行りしましたが、 以前やってい

記事を読む

ドゥラメンテ1

【競馬コラム】外人騎手 恐るべし

外人騎手恐るべし! ここまでに G I レースを4戦消化してきた。 フェブラリーS

記事を読む