【競馬コラム】馬の尾っぽ!

公開日: : 最終更新日:2016/06/06 競馬コラム ,

☆  馬の尾っぽ!
キヨリューズキ
タテガミ同様に、シッポをなびかせて走る光景は何か癒されるもの。

尾っぽの役割は競走において実に重要な役目あります。

コーナーを曲がる時などに、うまくバランスを取る役割があるんです。
手前をうまく替えることも大事ですが、尾っぽは欠かせない部位なのです。

ひと昔、今の橋田厩舎の先代橋田調教師の管理馬に、
「 キヨリューズキ 」という馬がいました。
ある時、病気にかかり、薬の関係もあって、尾っぽの毛が抜けてしまい、
尾根 ( びこん )がむき出し状態になってしまいました。
現役馬でしたから、レースに出走しなければなりません。

そこで考案されたのが、義足ならぬ 義毛です。
それを尾根につけて走らせたのです。

そんなことから、道中の走りは興味津々で、レースの中心はその馬に。
『 うまくコーナーワークができるかな?』
いつの間にか、馬券を離れて愛着が湧いたものです。
それくらい、尾っぽの毛は競走馬には重要なのです。
余談ですが、
その橋田厩舎には 「 アイテイエタン 」という馬もいました。
俳優の津川雅彦さんの所有馬でした。

二分厩舎には 「 スマッシャー 」という馬がいました。
その馬の特徴は、4角でステッキが入ると、尾っぽをクルクル回すのです。
バランスを取るわけでも、苦しがってのものでもなく、それが クセなんです。

片目しか見えない馬もいました。
今で言うなら、片方だけ大きなブリンカーを装着した感じでしょうか…

今は優等生ばかりで、そんな個性ある馬は少なく、
フーッと、懐かしく想う時があります。

年なんですねぇ~

 

【浦和競馬】 ※しらさぎ賞(S3)徹底分析予想はこちらから

【天皇賞春】 天皇賞春(G1)淀の3200mを制するのはこの馬しかいない!←絶賛公開中

【東京競馬】 いざダービーへ『青葉賞(G2)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595717

競馬コラム/一般馬主のボヤキ!

☆一般馬主のボヤキ! 先日、現役時代に親しくしていた馬主さんから電話があった。 「 元気

記事を読む

京都競馬場6

【競馬コラム】天皇賞の苦い想い出!

☆  天皇賞の苦い想い出! いまだに心にトゲが刺さっている感覚が残っている。 まだ馬連の

記事を読む

kawata_tuika04_960_720

競馬コラム/2017年函館競馬 ・ 開催にあたり

☆ 函館競馬 ・ 開催にあたり… 今年も、6月17日~9月3日まで、函館、札幌競馬のサマーシリ

記事を読む

中山競馬場

【競馬コラム】ハンデ戦の斤量はどう決めるのか?

ハンデ戦の斤量はどう決めるのか? 毎週のように設定されているハンデ戦ですが、 各馬の

記事を読む

競馬コラム/降級制度の廃止!

☆ 降級制度の廃止! 2019年から、これまで施行が続けられてきた 『 降級制度 』が廃止され

記事を読む