【2016鳴尾記念(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/06/02 重賞展望 ,

土  阪神  鳴尾記念!  
阪神競馬場2
昨年はラブリーデイが このレースを勝ち宝塚記念に駒を進めている。
2000mの G3 戦だが、縁起のいいレースかもしれない。

※  ポイント

☆ アズマシャトル
昨年の同レースがラブリーデイの3着と力はあるが、
今回は昨年夏の小倉記念を勝って以来のレースになり、
ブランクが長過ぎて、息が保つかの心配が先立つ。

☆ クランモンタナ
昨年の鳴尾記念は7着、今年に入っての4戦で最高位は4着と、
強調材料に乏しく、ここで一変する可能性は低そう。

☆ サトノノブレス
春の天皇賞 3200mは距離も長く11着の成績に終わっているが、
今年は2400mの日経新春杯が3着、2000mの中日新聞杯が1着と悪くない。
G 3 戦の今回は、改めて期待する手ではないだろうか。
阪神コース、2000mの距離なら、持っている力は発揮できる。

☆ ステファノス
戦歴だけならメンバー中で一番かもしれない。
秋の天皇賞、ラブリーデイの2着は並の馬に出せるワザではない。
ただ、今回は半年ぶりの実戦だけに、多少の割引は必要だろう。

☆ トラストワン
オープン特別では上位争いに加われるが、重賞レースでは掲示板がやっと。
重賞メンバーで互角に闘える末脚は持っていない。

☆ パッションダンス
新潟大賞典で勝利。新潟では4勝を挙げており、得意のコース。
阪神でも3勝をマークしており、相性のいいコースだが、
2013年の鳴尾記念はトウケイヘイローの6着に敗れている。
それ以来の阪神の闘いになるので、前走ほど動けるかどうかは疑問。

☆ メイショウナルト
16k増の太目をひと叩きして前進を期待したいが、
若い頃のパワーと粘りが見られない現状。
マイペースの先行は叶いそうだが、果たしてどこまで粘れるか…

☆ ヤマカツエース
マイル路線から中距離路線に目先を変えたのが良かった。
福島記念2000m、中山金杯2000mを連勝している。
前走の京都記念 G 2 戦は道悪もあり5着と伸び切れなかったが、
良馬場の G 3 鳴尾記念なら、巻き返しがあってもいいだろう。

若さと勢いではヤマカツエースが一歩リードしているが…

 

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【浦和競馬】 桜花賞(S1)南関東競馬必勝☆3連単予想はこちらから!

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

リアファル2

【2015菊花賞(G1)】出走馬徹底分析[4]~リアファル・リアルスティール他

京都 第76回 菊花賞! 4 ※ リアファル それまでダート馬のイメージが強く、初芝

記事を読む

free13

【ダイヤモンドステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

ダイヤモンドステークス2017:予想のポイント 2017/2/18(土) 東京11R ダイヤモ

記事を読む

新潟競馬場ダート

【8/9(日)新潟11RレパードS(G3)】馬券分析・予想

新潟 レパードS・馬券分析! ノンコノユメに続く一戦、秋に夢を馳せる高レベルの闘い。

記事を読む

sapporokeiba

【2016 エルムステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

日 札幌 エルムステークス! オープンの1700mダート別定戦 G 3 戦。 函館の

記事を読む

福島競馬場2

【4/23(土)福島11R 福島牝馬S(G3)】馬券分析・予想

土  福島  福島牝馬S・馬券分析! 1着馬にヴィクトリアMの優先出走権が与えられる。 混戦

記事を読む