【競馬コラム】競走馬の成長過程!

公開日: : 最終更新日:2016/06/01 競馬コラム , ,

競走馬の成長過程!
セリ市
人間でも幼年期から少年期を経て大人になります。

その成長過程のどこかで、身長が伸びたり、体重が増えたりしますが、
競走馬の成長過程はどうなっているのでしょうか?

調教師の受け売りですが、ザーッと紹介します。

肩、胸、トモの筋肉等はトレーニングによってついてきますが、
体高は、前肢が成長して、後肢の成長が見られ、
後肢が成長すると今度は前肢が成長するようです…

早く大人になる馬もいれば、ゆっくり6歳頃までにかけて
大人になる馬いるようです。

若い頃は牝馬の成長が早く、牡馬は時間がかかるようです。

パドック気配とか、レースの能書きは言えても、
競走馬の成長過程は調教師に語ってもらうのが一番でしょう!

少し横道にそれますが、調教師の眼力は大したものです。
産まれて数日しか経っていない仔馬の姿を見て、
競走馬の体や形を想像して、購入を決めるそうです。
レースを前にしている馬の判別を決める我々とは、かなりの違いがあります。

大手の生産牧場や馬主から配布される馬を預かるのは楽?ですが、
自分の目で確かめて決定する裁決は責任重大です。
買ってもらう馬主に、「 クラシックを狙える馬 」「 重賞を狙える馬 」
とアピールして、馬主に理解してもらうのです。
結果が出なければ、『 アンタが走ると言ったから 』と非難されることもしばしば…

とにかく、調教師は馬に関して、豊富な知識を持っているのです。

 

【特別公開】 中山記念(G2)リアルスティールを負かすならコノ馬です!

【注目情報】 阪急杯(G3)シュウジを凌ぐ絶好仕上げの狙い◎本命馬はこの馬だ!!

【動き絶好】 ★アーリントンC(G3)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場2

【競馬豆知識】3日間競馬の余波

豆知識・3日間競馬の余波! この秋、9月、10月、11月に、3回の3日間競馬が組まれて

記事を読む

マカヒキ弥生賞

☆凱旋門賞のマカヒキはルメール騎乗!

☆凱旋門賞のマカヒキはルメール騎乗! 近年 秋の目標レースがフランスの凱旋門賞に集まっている。

記事を読む

イモータル

※イモータル・レプランシュの指摘について

※ イモータル、※ レプランシュの指摘について! 「 イモータルは東京開催まで待機のよ

記事を読む

調教風景

【競馬コラム】調教師のコメントはどこまで信じられる?

調教師のコメント! 私の担当は時計班でなく、厩舎回りだった。 厩舎に出向き、調教

記事を読む

小倉競馬場入口

【競馬コラム】小倉競馬場を探索!

小倉競馬場を探索! 新幹線の小倉改札口を出ると、そこは駅のホーム内。 1分も歩けば、

記事を読む