【2016安田記念(G1)】出走馬徹底分析[1]サトノアラジン他

日  東京  安田記念・ 徹底分析!  1 
安田記念
いよいよ春のGIレースも大詰め。
安田記念1600m芝はフルゲート18頭だが、
今年はエントリー13頭になり、その中に香港馬が1頭。

※  ポイント
イスラボニータ
☆ イスラボニータ  5歳牡馬
秋の天皇賞が3着、距離を縮めたマイルCSが出遅れて3着の成績。
今年は中山記念から動き、2走目の大阪杯が不満の5着。
その時の蛯名騎手は 「 ペースが遅く行きたがり、スーッと反応できなかった 」と。
良化度合いがスローということは、今回の方がもっと動けるとも受け取れる。
1600mの適性はマイルCSで実証済みだけに、
実績ある東京コースで大きく変身することは十分考えられる。
クラレント
☆ クラレント  7歳牡馬
昨年の安田記念では3着の大健闘を見せている。
今年はダービー卿CTから始動し、叩き2走目のマイラーズCが10k増の馬体で3着。
一戦毎に確実な良化を辿っている。
ただ、2014年の秋以降は勝ち星がなく、信頼度の点では今ひとつ。
今回は叩き3走目になり、大きな上積みは求めづらく、
昨年の以上の成績を期待するのには少し無理があるのでは。
この馬に GI レースのイメージが湧かない。
コンテントメント
☆ コンテントメント  6歳騸馬
前走がモーリスの3着だけに力はありそうだが、
ベスト距離は6戦5勝の1400mと思われる。
馬場の違いはあるが、硬くて時計の速い日本の1600mの流れに対応できるのか?
香港馬の1200mは一目、二目を置いても、マイルとなると信頼度は低い。
今年に入って今回で6戦目となり、遠征もあって、これ以上の上積みは見込めず。
アウェイの地でどこまで頑張れるかだろう。
サトノアラジン京王杯SC
☆ サトノアラジン  5歳牡馬
京王杯SCは今年2戦目になるレース、距離短縮の1400mを懸念したが、
45.0-33.5の上がりを見事な差し切り、1分19秒6の時計も優秀。
ダッシュつかず後方からの競馬で追い込むのだから能力が違う。
得意の距離は1600mであり、マイルCSではモーリスと0.2秒差の4着。
左回りの東京はスムーズな走りができるし、今回はもう少し前で競馬もできる。
5歳春の充実期を考えれば、前走以上の走りを見せても驚くことはできない。
上位争いの一角と判断しても自然だろう。

2  に続く…

 

 

【徹底攻略】 ※AJCC(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【自信勝負】 ☆東海ステークス(G2)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

free16

共同通信杯2017予想・馬券分析

共同通信杯2017:馬券分析 2017/2/12(日) 東京11R 共同通信杯(G3)

記事を読む

sprinters_stakes

スプリンターズS2016出走馬徹底分析[2]~スノードラゴン他

日 中山 スプリンターズS・徹底分析 2 この秋、第1弾の G1レース 第50回スプリ

記事を読む

free03

日本ダービー2017出走予定馬徹底分析[1]~アルアイン他

日本ダービー2017徹底分析 2017/5/28(日) 東京10R 東京優駿|日本ダービー(G

記事を読む

hanshikeiba_d

【2016 シリウスS(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

10月1日の阪神はシリウスSです! シリウスS 2000mダートのハンデ戦 G3

記事を読む

aruzentinkyowakokuhai

アルゼンチン共和国杯2016予想・馬券分析

日 東京 アルゼンチン共和国杯・ 馬券分析! オープン 2500m芝の G 2 ハンデ

記事を読む